フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

飛ぶぜ上海~歓迎乗坐上海航空

昆明発武漢経由上海行き上海航空FM9450

2007_09092007et0406 2007_09092007et0407

昆明→武漢の機内食

2007_09092007et0408

武漢→上海の機内食

2007_09092007et0409 2007_09092007et0410

ズルズル~、ズルズル~

という音とともに独特のくどい香りがただよってきたので、後ろの座席を見ると、中国人の母娘が、空姐にお湯をもらって、カップラーメンを食っていた。

飛行機の中でラーメンを食う奴を見たのは初めてだが、合計5時間近くのフライト(搭乗してから離陸まで1時間以上待たせやがった)でこんな貧相な機内食を食わされるのだから、ラーメンを食いたくなる気持ちも分かる。

しかし、スッチーに頼んだら、ラーメンにお湯を入れてくれるのね。

知らなんだ…。

のんびりゆっくり船の旅

こんなとこに登る奴はおらんと思うんだが…

2007_09092007et0434

夕暮れの瀬戸内海

2007_09092007et0008

あさげ その壱

2007_09092007et0015

あさげ その弐&その参

2007_09092007et0430 2007_09092007et0453

頼むから、もうちょっとマシなもん食わしてくれ

生活感ただよう船内風景

2007_09092007et04362007_09092007et0439

ゆうげ

2007_09092007et0451

お世辞にも美味いとは…

おまけに、高い

安いけどまずい、高いけど美味いなら我慢するが、

高くてま●いのは救いようがないのう

ぼったくりは、南京東路の暴力バーだけにしておきなさい

しかし、乗船するやいなやパジャマに着替えて船内をウロチョロし、無駄にでっかい声でどうでもいい話をする中国人客

怒りながら接客し、客に説教する女服務員

禁煙の船室内で堂々とタバコを吸う中国人のおやじ

やっぱり、最高っす、中国♪

映画「孔雀―我が家の風景」

2005年・中国 PEACOCK/孔雀
BS2 10月27日(土) 午後8:05~午後10:28


主演の張静初は、NHK中国語会話のインタビューにも出ていたけど、きれいな人だった。

中国にはびっくりするくらいきれいな人がいて、やっぱり怒りながら臨戦態勢で街を歩いている。ときには文字通り口角泡を飛ばして口ゲンカをしたり、ゴミをそこらへんにポイポイ捨てたりしている。

この人、もうちょっとお行儀が良くて(お前が言うな、お前が…)、ニコニコしてりゃめっちゃ可愛いのになあ、

なんて思ってしまうのは、日本人的な感覚なのかな。


でも、おっかない小姐も、話してみると愛想が良くて可愛い子が多い。


女は愛敬

なんて言うと、今の時代は怒られるかもしれんが、

眉間にシワを寄せて怒りながら街を歩いている中国小姐を見ると、何かもったいない気がする。

張惠妹 原來你什麼都不要

偉大なる中華人民共和国政府から極悪サイトの烙印を押されてしまった YouTube だが、日本ではなかなか手に入らない映像が見られるので、中文歌迷にはありがたい存在である。

張惠妹の代表曲である「原來你什麼都不要」、こうして改めて聴くと、歌詞はありきたりな内容だけど、やっぱり名曲だ。

燕姿さまもカバーしているけど、燕姿さまといえども、この曲に関しては、A-MEI にはかなわんな。

2004年の夏に北京で見たコンサートも、アンコールの最後がこの曲だった。あれから3年か。時間が経つのは早いなあ。

上海B級グルメ~生煎

偉大なる中国政府を褒め称えたあとの箸休めに、上海名物の生煎でもどーぞ。

2007_09092007et0419

寧波路での朝メシのひとコマ。

2007_09092007et0420

あ~、生煎食いて~。

しかし、「四川園早餐」で「韓国拉面」って、一体何でんねん?

為什麼ようつべ打不開?

動画投稿サイトの YouTube が偉大なる中国政府からアクセス禁止を食らってしまったらしい。

大陸のサイトには、大陸のネットユーザーの嘆きの声があふれている。そりゃそうだろ、ようつべは、中華文化圏の歌手のプロモ映像など中国語のコンテンツも充実しているからなあ。

まあ、ようつべには、

天安門事件の映像

人民解放軍が無抵抗のチベット人を虫けらのように撃ち殺す映像

その他中国政府にとって都合の悪い動画がたくさんあるので、今までアク禁を食らってなかったのが不思議なくらいである。

折りしも、中国では共産党大会という権力闘争の茶番が行われ、オリンピックを控えて、挙国一致で和諧社会の実現に邁進せんならんちゅうのに、アホ先進国どもは、

ダルフール問題で北京オリンピックをボイコットしたろか?

ダライ・ラマと会談するぞ、ついでに表彰もするぞ!

と余計なことばっかりしよる。

ワシらが悪さばっかりしてんのが、人民にバレたらどないしてくれんねん?

偉大なる中国政府に逆らう奴は、人民だろうがガイジンだろうが許さんけんね。

ってことで、とりあえず、極悪サイトの YouTube はアク禁ね。

人民たちは中国政府選定の優良サイトを見ておけばいいのよ~ん♪

とゆーことで、大陸から YouTube にアクセスできなくなった2007年の秋でありました。

ついでに、 CNN もアク禁だそうな。

これで偉大なる中国政府もしばらくは安泰でっか?

しかし、この国、いつまでこんなことやってんねん?

御堂筋国際大巡游

御堂筋パレードで写した山車や和服の写真を中国人のツレに見せてやろうと思い、御堂筋パレードを中国語で何と言うか調べてみると、

「御堂筋国際大巡游」

になるらしい。

全部漢字にすると、なんか大仰やな~。

大陸のサイトには、御堂筋国際大巡游は世界三大パレードのひとつだなんて書いてるのもあるけど、ほんまかいな? 誰がいつそんなん決めてん?

まあ、けなされてるわけじゃないから、ええねんけどな。

名蘭之郷

雲南省の大理と麗江の間に、鶴慶( Heqing )というチョー何もない小さな町がありまして、その町が自称「名蘭之郷」だそうです。この町を通るたびに「名蘭之郷」という看板を見かけるので、以前から少々気になっておりました。

県政府のサイトにも、蘭花の画像が出ていたりします。

鶴慶蘭花網という何のヒネリもない名前のサイトもあるようです。

この町、標高が2500メートル近くあるはずなんですが、こんな高地で蘭が育つんですかね? 

広い中国、元祖「名蘭之郷」や本家「名蘭之郷」がいくつもありそうですが、百度で検索すると、「名蘭之郷」でヒットするのは、やはり鶴慶のようですね。

龍脊の棚田(その2)

蘭迷さん、棚田の裏山には、

2007_09092007et0059

こんな竹林があったり、谷川が流れていたりします。私、蘭についての知識ゼロなんですが、こんな所に蘭が自生したりするんですか。ぜひ一度探検しに行ってみてください。

龍脊の棚田

広西チワン族自治区龍勝の龍脊梯田

Photo

桂林からバスで山道を4時間近く走り、バスを降りてからさらに徒歩で1時間以上の山登り。

Photo_2

何もないけど、空気も水もおいしい。

夜になるとホタルも飛んでいる。

龍脊で泊まったのはこの宿。

Photo_3

たしか、1泊数十元だったっけ。 

青菜が食べたいとお願いしたら、裏の畑から採ってきてくれた。

御堂筋パレード2007(その2)

地球の裏側からやってきたボリビア小姐

Photo

日本代表は関西ローカル局女子アナ軍団

Photo_2

我が祖国ながら、なんか地味だな~

がんばれ日本小姐! 

御堂筋パレード2007

浪速っ子のワシであるが、御堂筋パレードを見たのは今年が初めてである。

浙江省の美女

Photo

台湾はF4で勝負

Photo_2

なぜか深セン航空のスッチー

Photo_3

てなもんや三度笠

Photo_4

ストラトを抱えてご機嫌の桑名正博先生

Photo_5

怒りながら秋の御堂筋を歩いていた上海静安女子軍鼓隊

Photo_6

上海では上海小姐が怒りながら街を歩いているが、

怒りながら街を歩くのは、上海スタンダードなんかいな。

映画「胡同のひまわり」(原題:向日葵)

Photo_2


http://ent.sina.com.cn/m/c/f/xrk/

文革から毛沢東の死、改革開放という激動の中国現代史を背景にして、胡同に生きる父と子の愛情と葛藤を描いた物語。

中国のチャンバラ映画は泣きたくなるほど退屈なのに、人間ドラマは、どうしてこう次から次へと素晴らしい作品が出てくるのだろう。

こういう映画を見ると、

あ~、ワシも、親孝行せなあかんな

と思うのだが、この映画の親子同様に、なかなかうまくいかないのが父子なのかなあ。自分の夢を押しつける父と、そんな父親に反発する息子。どっちの気持ちもよく分かるのは、自分が中途半端な年代だからなのかな。

感動的な作品だし、中国語の勉強にも非常に役に立つが、例によって気に入らん部分もある。

文革の描き方が甘っちょろい。中国が生んだ偉大なる大量殺人マシンのマオ主席が、やっぱり偉大な英雄のままである。結局、悪いのは四人組だけなんかい!?

それに、文革から30年間の北京を舞台にしているのに、何で、


六四天安門事件血の日曜日が出てこんのや~!?

アレは、やっぱり、なかったことになっとるんかい?


でも、監督を責めるのは気の毒である。一党独裁の中国では、文革の実態やマオ主席の悪行を真正面から描いたり、六四を映画で取りあげるのは絶対に許されないからである。映画の作り手も、表現者として忸怩たる思いなのだろうな。


とまあ、文句を言わんと気が済まんワシであるが、この映画は超オススメ。

10点満点で9点。

いや~、やっぱり、いいっすね、中国映画。

あなた

華南の日語小姐から質問メール。


「あなた」の使い方には何かルールがあるのか?

女の子が「あなた」を適当に使ってもいいのか?

妻は夫を「あなた」と呼んでもいいのか?


う~む、毎度のことながら返答に窮する質問をしてくるのう。

とりあえず、


先生や目上の人を「あなた」と呼んだらあかん

友達を「あなた」と呼ぶのは、何だかよそよそしい感じがするからやめとけ

「あなた」の使い方は難しいから、とりあえず、「~さん」を使っとけ

名前の分からん奴が相手なら、「すみません」と呼びかけとけ

夫を「あなた」と呼ぶ妻もいる、この場合の「あなた」は中国語の老公の意味を含んでいる(んじゃないかとワシは思う)


なんて答えておいたが、自分でもそれでいいのかよく分からん。

中国語では、二人称をごく普通に使うし、使わないとむしろ不自然なんだろうけど、日本語で「あなた」を使う機会って、あまりない気がするなあ。


とにかく、「あなた」の使い方はチョー難しいねん


ってなことを、中国人に理解してもらうのは難しいだろうな。

ほんと、日本語は難しいな。

ねえ、あなた

「刹車( sha1che1 )」

辞書を見ると、「刹車( sha1che1 )」はブレーキを意味する名詞のようですね。

刹那や古刹の「刹」は cha4 と発音するようですから、「刹」は多音字ってことですか。

同じ漢字を使っているのに、刹車と古刹ではまるで意味が違うので、学習者としては頭の痛い限りですな。

現代漢語詞典によると、仏教用語の「刹( cha4 )」はサンスクリット(梵語)の ksetra の音訳だとか。

この漢字の本来の意味は何なんでしょうね?

角川の漢和辞典を見ると、(車・機械を)ブレーキをかけて止めるという意味は載っていません。

う~ん、よく分からん。

でも、「刹車( sha1che1 )」は覚えておいた方がいい単語でしょうね(もちろん、私も知りませんでした)。

請勿載人

中国一の大都会上海の空の玄関口であるが、実は日本国の援助で建設された浦東国際空港(この空港を利用する中国人のほぼ100%が、中国が自力で建設した空港だと思い込んでいる。プロパガンダ洗脳国家おそるべし。ま、ODAをきちんと宣伝しない日本も悪いんだが。しかし、我ながら前置きが長いな…)。

その浦東空港にこんなお達しがあった。

2007_09092007et0414

空港の手荷物カートを

ガキに触らすな

下の階に持っていくな

人を載せるな

ってことらしいんだが、

人を載せる奴なんかおるんか?

いや、中国人ならやりそうだな…

でも、あの人民たちには、アレするなコレするな、

なんて言ってもムダなのよね。

ところで、「請勿載人」の英語訳が、何でこうなるんじゃ?

手荷物カートに人を載せているのが、ガイジンにバレると恥ずかしいんか?

面子工程

浦東空港は上海市の中心部から遠いことで有名である。物理的な距離もさることながら、アクセスが非常に悪い。

リムジンバスはたくさんあるが、市内は慢性的な渋滞で、空港から上海駅まで、下手すりゃ2時間近くかかることもある。

中国ご自慢のリニアを使っても、市の中心に向かうには、龍陽路駅で地下鉄2号線に乗り換える必要がある。わずか数分の乗車時間のためにクソ高い切符を買い、また、大きな荷物を抱えて地下鉄に乗り換えるのは一苦労である。小さなお子さん連れの家族やお年寄り、体の不自由な人などはもっと大変であろう。まったく、不便極まりない。

当然のことながら、不便で高いリニアは利用者が伸びず、赤字を垂れ流しながら走っている始末である。沿線住民には電磁波による健康への影響も懸念されているが、お上のすることは絶対に正しい(とされている)中国ではタブーである。

リニアなんか作らずに、最初から地下鉄を空港まで伸ばせば、アクセスには何の問題もないし、利用者にとってもありがたいことこの上ない。沿線の住民にとっても便利であろう。

しかし、空港利用者や周辺住民の利便性より、お役人の面子が大事なのがこの国である。

お役人のお役人によるお役人のための面子工程の典型例が、この役立たずのリニアである。

砂鍋飯

2007_09092007et0395

雲南名物の砂鍋飯。

大理古城の復興路と玉アル路の交差点の角にある店で、漬物とスープがついて4元。

ジャガイモと雲南火腿(ハム)が入った釜飯なのだが、おこげが香ばしい。広西にも似たような料理があるので、米どころの雲南や広西らしい料理なのかもしれない。

雲南料理は、基本的に酸辣(酸っぱくて辛い)なのだが、辛くない料理も少なくない。この砂鍋飯も、全く辛くないので、辛い料理がダメなワシにはありがたい存在である。

しかし、一緒に出てきた漬物は、見ての通り酸辣である。キムチのように発酵しておらず、やたら辛いピクルスのような味だった。

ひとくちに中華料理と言っても、広い中国、いろんな料理があるものだ。

マルチリンガルな媽媽

老寨山旅館は日本人の林さんと中国人の奥さんが営んでおられる。

その奥さんは、広西チワン族自治区とベトナムの国境近くにある欽州という小さな町で育ったらしい。なまりが少なく聴きやすい中国語を話し、南方の女性らしく、気さくで感じのいい方である。

普通話だけでなく、地元欽州の言葉、広東語、陽朔や興坪の方言、おまけにベトナム語も話せるとおっしゃっていた。もちろん、どの言葉も、必要性があるから話せるのだろうが、こういうマルチリンガルな人の頭というのは、一体どういう構造をしているのだろう。

ワシが何とか話せる言語は、母語である日本語(ただし、関西弁のみ。標準語不可)、下手くそな中国語、更に下手くそな英語である。ただ、英語を話そうと思うと、どうしても中国語と混乱してしまう。多言語をスムースに切り替えることができる人というのは、自分とは頭の構造が違うのかもしれんな。


興坪の老寨山

広西の陽朔からボロバスで田舎の道を走って興坪という小さな集落へ。

2007_09092007et0024

水色のワンピースを着た小姐は、このバスの車掌さんだが、愛想が良くて、笑顔がかわいい女の子だった。田舎の小姐には、愛想のいい子が多いような気がするな。

老寨山というのは、興坪にある小山で、頂上には友好亭という展望台がある。中国内外のテレビでも時折紹介されており、ドラマの舞台になったりしているので、目にしたことのある人もいるのでは。

2007_09092007et0025

その友好亭を作ったのは、日本人の林さんというおじさんで、老寨山のふもとで旅館を営んでおられる。

http://www.laozhaishan.com/

老寨山旅館の中に、こんな写真が飾ってあった。

2007_09092007et0028

林さんのお子さんと写っている美女。

どこかで見たことがあるな。誰だったっけ?

そう、日中合作のドラマ「大地の子」で江月梅役を演じた蒋雯麗だ。

蒋雯麗に抱っこしてもらって記念撮影か。子どもの特権だな。

うらやましい…。

澤尻英龍華と鉛の飛行船

何かと話題の沢尻エリカは、中国語では「澤尻英龍華」になるらしい。

http://zh.wikipedia.org/wiki/澤尻繪里香

中文wiki によると、エリカ様ご本人が考案した中文名字だとか。

で、どうでもいいっちゅうたら、思いっきりどうでもいいんだが、エリカ様の公式ウェブサイトによると、

「影響をうけたミュージシャン:レッド・ツェッペリン」

だそうだ。

ほんまかいな?

好きな曲は? と聞かれたら、

「別に」

ぢゃなくて、

「天国への階段」

なんてベタな答えを出してくるんじゃないだろうな。

ゼップとエリカ様のどこに接点があるのか、ワシにはさっぱり分からんが、共通点は、お行儀が悪いことくらいかな。まあ、さすがのエリカ様も、全盛期のゼップの伝説のご乱行だけは真似できんわな。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »