フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 映画「孔雀―我が家の風景」 | トップページ | 飛ぶぜ上海~歓迎乗坐上海航空 »

のんびりゆっくり船の旅

こんなとこに登る奴はおらんと思うんだが…

2007_09092007et0434

夕暮れの瀬戸内海

2007_09092007et0008

あさげ その壱

2007_09092007et0015

あさげ その弐&その参

2007_09092007et0430 2007_09092007et0453

頼むから、もうちょっとマシなもん食わしてくれ

生活感ただよう船内風景

2007_09092007et04362007_09092007et0439

ゆうげ

2007_09092007et0451

お世辞にも美味いとは…

おまけに、高い

安いけどまずい、高いけど美味いなら我慢するが、

高くてま●いのは救いようがないのう

ぼったくりは、南京東路の暴力バーだけにしておきなさい

しかし、乗船するやいなやパジャマに着替えて船内をウロチョロし、無駄にでっかい声でどうでもいい話をする中国人客

怒りながら接客し、客に説教する女服務員

禁煙の船室内で堂々とタバコを吸う中国人のおやじ

やっぱり、最高っす、中国♪

« 映画「孔雀―我が家の風景」 | トップページ | 飛ぶぜ上海~歓迎乗坐上海航空 »

中国の旅」カテゴリの記事

コメント

これ新鑑真?!
2年前に私乗ったときはメシはもちょっとマシだったかな?
「登る禁止」の看板は場所ちがってたけどやっぱりこんなとこ登るヤツおらへんで と思いました。乾燥機は廻るけど熱風が出なくて部屋と廊下に乾しました。
40数時間かけて行く船旅は飛行機とちがった味がありますよね。
行きは留学終えて帰る兄ちゃんや10代のとき日本に来たという南京出身の華僑のおじいさんと中国は初めて「死に土産ですわ」というその奥さんらと友達になりました。
帰りはにぎやかな20前後の小姐の団体さんがいっしょで、どっかの大学のスポーツチーム?と思って聞いたら岐阜に研修に行くとのこと。あとで知ったことですが「研修」と言う名目で最賃よりはるかに安い(中国よりは高い)給料で募集されたご一行様のようでした。あの小姐ら無事「研修」終えてお土産満載して帰ったかな?!

新鑑真には、本当にいろんな人が乗っていますな。それがまた船旅の楽しみでもありますが、ちょっと濃すぎるかも。

今回も、江蘇省の南通市から三重県に行くという研修生の団体さんが乗っていました。日本に行くのに、押金やら業者に払う手数料やら何やらで数万元かかったと言っていました。全部借金で工面したとか。

関門海峡で撮った写真を送ってあげたら、お礼のメールが返ってきました。気のいい人たちだったけど、元気にしているのかな? 

希望を抱いて日本にやってくる彼らにとって、理想と現実の差は大きいかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/8701960

この記事へのトラックバック一覧です: のんびりゆっくり船の旅:

« 映画「孔雀―我が家の風景」 | トップページ | 飛ぶぜ上海~歓迎乗坐上海航空 »