フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 下大雪了2 | トップページ | 武士の二言 »

中国製毒餃子

中国当局のこれからの反応を予想(というより、ただの妄想)


1、徹底的な調査による原因究明、責任者を処罰、被害者には(中国人の大好きな)謝罪と賠償

→まあ、そうすりゃ中国製品に対する信頼も得られるだろうが、絶対にありえんな(可能性0%)


2、日本側への責任転嫁&開き直り(パナマの殺人咳止めシロップ事件で、責任をパナマ側に転嫁したという前科あり)

→可能性を否定しきれないところが中国(可能性20%)


3、そこらへんのおっさんを、健全な社会主義建設のための人身御供として農薬混入の犯人に仕立て上げ、とりあえず死刑。「今回の事件は、一部の不良分子の仕業によるもので、中国製品の安全性は揺るがない」とコメント。謝罪も賠償も当然なし。ダンボール包子事件と同じような手法で幕引き。

→死刑にされるおっさんは気の毒だけど、このへんで落ち着くんじゃないかな(可能性70%)


その他の可能性が10%ってことで。

しかし、スーパーで売ってる餃子に農薬入れられるのは、マジでかなわんな。家で食べる分には自衛の方法もあるだろうけど、外食なんか中国製の食材だらけだから、防御のしようがない。自給自足が無理だとすれば、地産地消を目指すしかないか。

今回、被害に遭われた方にはお見舞いを申し上げ、ご回復をお祈り申し上げます。とくに、小さな女の子が重症になっているそうで、一刻も早く元気になって欲しい。

自分だって中国製の冷凍水餃子を買って食べることがある。決して人ごとじゃないな。

« 下大雪了2 | トップページ | 武士の二言 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こういうことが続けば続くほど
日本の子供たちが、小さいうちから、
中国を馬鹿にする

なんて言ってみても、中国にはどうでも
いいことなんだろうな。

知らされていない、という時代背景もあったが
私らの世代のほうが、
中国ってどういうところなんだろう、
面白そうかな?、と
純粋に「中国道」に踏み込むことが出来た。
そりゃあ実際に知ってからは
いろいろあったけど、
でも、全員に共通して、
中国に対する漠然とした憧憬が
バックボーンにしっかりとあるから
そう簡単に「中国、やーんぴっ!」とは
言わなかったし、今後も言わない。

たぶん、次の世代はそうじゃないんだろう。
まあ、向こうも折に触れていろいろ煽ってくれて
いるみたいだから、お互い様か。
何とかならんか、この相互不理解の負の連鎖。

3の確率は、パーセンテージはともかく、
かなり高いだろうというのは、皆様予想の通り。
むしろ2の可能性の方が今後を考えると要注意。
中国人で、本当に守るべきものがあると分かって
いる、地位や身分のある人ならともかく、
大多数の特に年少者の素直な感想は、
たぶんこんなところ、なんじゃないか。

輸入業者も、検査徹底の面では悪いんだろうが、
被害者の方には大変申し訳ないが、
相手があの国では、同情しないこともない。
まだ実際に行ったことのない人には理解しづらい
だろうが、
当の中国人ですらお互いに疑ってかかって
るんですからね。
「それが普通」の国、なんですからね。

雲南省で即席ラーメンを食べた小学生が4人即死したことを考えると、今回の毒餃子で死者が出ていないのは不幸中の幸いと言うしかないですね。

中国人と一緒に買い物に行くと、この人たちってホント他人を信用していないんだな、と思うことがよくあります。文化習慣の違いといえばそれまでですが、はたしてそれが人間として幸せと言えるのかどうか。

まあ、毒餃子事件が起きても、私の中国に対する見方が変わることはありませんが、中国には、いつまでも憧れの国であって欲しいものですな。

なんとも不可解でいや~な事件ですね。
TVで見た感じでは日本側の指導も入ったそれなりの工場のようですが..
ホントに一部の不良分子の仕業だったら流通過程も含めてどうしようもない。
徹底的な調査による原因究明を待つしかありませんね。

死人が出てないのは不幸中の幸い。重傷の女の子も後遺症など出ずに回復してくれればいいのですが..

こんなことがあると通ってる教室の漢語老師の儿子ががっこでいじめられたりしないかちと心配。
ジジババに預けて中国の教育を受けさすか、さんざん悩んでいま日本で小学1年生。最近ちょっとワルガキになってきたけど京都弁を話すかわいい子です。土日の教室でよく会うもんで...

私がガキの頃って、日本人は、中国には結構いい印象を持っていたような気がします。何だかよく分からないけど、ものすごく広くて、パンダがいて、自転車がいっぱい走っていて、熱烈歓迎の国って感じで。

ただ単に実情が伝わっていなかっただけ、と言われればそうかもしれませんが。今の子どもたちの目には、中国という国はどう映っているんでしょうね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/10168686

この記事へのトラックバック一覧です: 中国製毒餃子:

« 下大雪了2 | トップページ | 武士の二言 »