フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 双生姐妹 小知and小愿 COSPLAY | トップページ | 過年好! »

中国製毒餃子事件 妄想その3

これまでの報道を見ている限り、餃子に農薬を混入したのは、どうも中国国内で、河北省の天洋食品の工場内という線が有力らしい。そりゃ、日本で流通している間に混入した可能性もあるけど、その可能性はかなり低いと考えるのが素直だろう。

工場内における故意の混入という説を前提にした場合、当然その動機が問題となってくる。中国問題の専門家と称するエラい先生方は、労使紛争にまつわるトラブルが原因だなんて言ってるけど、そんなに高級な次元の問題だろうか? 反日食品テロという見方もあるようだけど、それも違うだろうな。どっちも、動機としては弱すぎる。

実は、もっともっと低レベルな問題が原因ではないだろうか。すなわち、最近の中国で大流行の、愛人関係のもつれにより生じる個人的怨恨である。たとえば、若い小姐に乗り換えた総経理に捨てられた愛人、女朋友を愛人にされてしまった男などが、経営者を困らせるために餃子に毒を仕込んだとは考えられないだろうか。

色恋沙汰で揉めると、時としてとんでもないことをしでかしてしまうのが、人間というおろかな生き物である。また、メンツをつぶされた中国人が発散する負のパワーは、我々日本人の想像の範囲を超えている。最近も、雲南省の麗江で、19歳の女子大生が金払いの悪くなった愛人を殺し、死体をバラバラにして川に捨て、一部始終を恋人と一緒にビデオで撮影したという事件があったばかりである。

八つ当たりで毒餃子を食べさせられる日本人としては、たまったものではないが、事の真相は案外その程度のものじゃないだろうか。まあ、仮に真実だとしても、中国当局は絶対に本当のことを言わないだろうけど。

以上、すべて妄想です。2万%妄想です。

« 双生姐妹 小知and小愿 COSPLAY | トップページ | 過年好! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/10280570

この記事へのトラックバック一覧です: 中国製毒餃子事件 妄想その3:

« 双生姐妹 小知and小愿 COSPLAY | トップページ | 過年好! »