フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

自由亜洲電台 RADIO FREE ASIA

NHKの講座では物足りないが、新華社の洗脳ニュースもイヤという人には、チベット関係の報道でその名をよく耳にするアメリカ政府系のラジオ自由アジア( RADIO FREE ASIA )の中文ページでもどうぞ。

新年度のNHK中国語講座

まいにち中国語

放送時間
ラジオ第2
放送:(月~金) 午前8:15~8:30
再放送:(月~金) 午後3:30~3:45 午後10:50~11:05
      (日) 午前11:15~午後0:30
番組紹介
年々高まる中国語学習熱!!今年こそは基礎からしっかり学びたいという人にお勧めです!番組を聞き続けると中国語の基礎力が身につき、日常会話レベルの中国語が話せるようになります。

出演者

講師: 荒川清秀(あらかわ きよひで)(愛知大学国際コミュニケーション学部教授)、呉 志剛(ゴ シゴウ)、容 文育(ヨウ ブンイク)

アンコール中国語講座(再)

放送時間
ラジオ第2                                                   

放送:(月~土) 午前11:00~11:20
番組紹介
入門編は「耳たこ中国語」。毎回、キーフレーズを”耳にたこができるほど”たくさん聞きます。(2007年4月~9月の再放送)
応用編は聞き取り能力の養成を目指した「参加型」の講座です。(2004年10月~12月、2006年4月~6月の再放送)
出演者
入門編(月~木) 講師: 陳淑梅(ちん しゅくばい)(東京工科大学メディア学部教授)、殷秋瑞(いん しゅうずい)、李淼(り みゃお)

応用編(金・土) 講師:楊達(よう たつし)、李洵(り じゅん)

テレビで中国語

放送時間
教育テレビ  
放送:(月) 午後11:00~11:25

再放送:(水) 午前6:00~6:25
      (金) 午後0:00~0:25

      (日) 午前1:05~1:30(土曜深夜)
番組紹介

中国語をはじめて学ぶ人のためにキホンとなる文法を”イメージ”で紹介します。みどころ満載の「北京&上海」スキットで生きた会話を徹底マスターしていきましょう。また月末ごとに学習した内容をまとめて復習する“おさらい回”もあります。落ちこぼれゼロの徹底フォロー!
出演者
講師:古川 裕(ふるかわ ゆたか)(大阪大学大学院教授)
小池栄子(こいけ えいこ)、李 浩(リー・ハオ)、ローラ・チャン
   

とっさの中国語(再)

放送時間
教育テレビ  
放送:(月) 午後11:25~11:30

再放送:(金) 午前 11:45~11:50  

      (火) 午後7:45~7:50 

      (土) 午後7:45~7:50

      (日) 午前1:30~1:35(土曜深夜)
番組紹介

旅先で役立つ中国語のフレーズを紹介する5分サイズのミニ番組です。

ナビゲーターは、あの卓球選手の福原愛さん!本場の中国人も舌を巻く発音で、キーフレーズを紹介してくれます。そして、旅人役は、俳優の谷原章介さん(2006年度生徒役)。京劇俳優の盧思さんと一緒に、一年間学んできた中国語を生かして北京を歩き回ります。テレビでおなじみの陳淑梅先生(東京工科大学教授)が優しい語り口で解説します。全25回。

(2007年10月~2008年3月の再放送です)
出演者
講師:陳淑梅(東京工科大学メディア学部教授)、福原愛、 谷原章介、 盧 思

以上の通りで、ラジオ講座もテレビ講座も、本屋でテキストを見た限りでは非常に初歩的な内容のようである。ラジオは4月いっぱいは発音が続くようなので、しばらくパスして、前の応用編でも引っぱり出して聞こうかな。

アンコールの応用編は、また「S君の取材ノート3」なんだけど、楊先生の講座はちょっと聞き飽きた。昔の講座でいいなら、陳真先生の「ミンミン 父との旅路」をやって欲しい(講師がお亡くなりになったからダメってことはないよな)。

あとは、藤井先生が担当された莫言の小説の講読かな。毎回、共産党一党独裁批判をしてから講読を始めるという、NHKとしては非常に画期的な講座であった。

西安的櫻花

春天又来了!
日本的櫻花一定開得很燦爛,西安的櫻花也開了。

ってことで、古都西安から桜の写真が届いた。

Photo_5

何か、八重桜みたいな桜だな。どうせなら、ひと目で西安だと分かる写真を送ってきてくれたらいいのに。

なんてぜーたく言っちゃいかんよね。しかし、西安の桜って、どこにあるんだろうな? 

北京にも上海にも桜はあるらしいし、武漢の武漢大学の桜はつとに有名らしいし(何でも、桜の時期だけは大学構内に入るのに入場料を取るらしい。どんな大学や?)、中国にも結構桜はあるんだろうな。

還要等一個星期

お江戸トンキンはもう満開らしいけど、大阪は3分咲きってとこかな。

大川の桜

2008_0329sakura20080010

Photo_4

何だか肌寒い一日でした。

日本もポーランドを見習おう

五輪開会式欠席を表明=EU外相理の議論に影響も-ポーランド首相

3月27日23時1分配信 時事通信
 【ベルリン27日時事】ワルシャワからの報道によると、ポーランドのトゥスク首相は27日付の同国紙ジェンニクとのインタビューで、チベット情勢を理由に、北京五輪の開会式に出席しない意向を表明した。同紙によれば、欧州の政府首脳で開会式不参加を明言したのは同首相が初めて。
 同首相は「政治家が五輪開会式に出席するのは適切でない」と述べた。開会式ボイコット表明は、28日からの欧州連合(EU)非公式外相理事会での議論に影響を与える可能性もある。 

ドイツやロシアといった大国から侵略され続けた悲しい歴史を持つ国だからこそ、侵略を看過できないのだろう。アウシュヴィッツの悲劇が起きた国からこうした声が出てきたことを、中国は謙虚に受け止めるべきである(どうせ、また逆ギレするだけだろうけど…)。

福田さん、あなたも日本国の内閣総理大臣なら、これくらい毅然とした姿勢を見せてみなさい。チベットで何が起きているのか、一国の総理大臣が知らないはずはなかろう。

日中関係が少々ギクシャクしたって、正しいことは正しい、悪いことは悪いときちんと言う政治家には、日本国民はついて行きますよ。虐殺が起きても知らんぷりでは、平和国家の名がすたる。総理大臣がしっかりしてくれないと、恥をかくのは我々日本国民なんですよ。

独裁国家がオリンピックを開催すると、遅かれ早かれ独裁政権が崩壊することは、中国人の大好きな歴史が証明している。中国とて例外ではないであろう。皮肉なものだ。天安門から虐殺おやじの肖像画が消える日も、実はそう遠くないのかもしれない。

まあ、もしその日がきたら、今は面従腹背の中国人も、手のひらを返したように共産党とその関係者を吊るし上げるんだろうな。ああ、おそろしや。

3・26燃える春城

重い話題が続いたので、たまには他の話を。

今夜は、サッカーのW杯アジア地区3次予選の試合がアジア各地で開催される。日本は敵地で難敵バーレーンと戦い、中国は昆明でオーストラリアを迎え撃つ。そして、同じ中国の上海では、平壌から中立地開催に変更された北朝鮮VS韓国の南北朝鮮対決がある。

日本は負けることはないと思うが、0-0の引き分けか、勝っても1-0だろうな。南北朝鮮対決は1-1のドロー。中国とオーストラリアは、3-1くらいでオーストラリアの勝ち。中国は、高地の昆明を会場に選んで地の利を生かしたいところだが、実力差はいかんともしがたい。東アジア選手権に続いて、また少林サッカーが見られそうだな。

2000メートル近い高地に少林サッカー、ガラの悪い観客に、激辛雲南料理と、オーストラリアも大変だ。唯一の救いは、北京や上海ほど大気汚染がひどくないことかな。もし中国が3次予選を突破したら(たぶん負けると思うけど)、日本も昆明で試合をさせられる可能性がある。

昆明の試合会場は、昆明駅の少し北東にある拓東体育場。昆明で一番大きなスタジアムで、私がよく泊まる茶花賓館という宿の斜め前にある。スタジアムの周りは、なんてことのない住宅街だが、毎朝、近所のおばちゃんが、太極拳やら体操をしていたり、大理行きの高速バス乗り場があったりする。

試合会場近くの交差点(東風東路を走る5路の市バスから)

2007_09092007et0403

2007_09092007et0404

今夜は、四季如春の春城昆明も、サッカーで熱く燃え上がることだろう。中国チームのあまりのふがいなさに怒った中国人が、暴徒と化して、昆明の町が文字通り燃え上がる可能性もあるが…。

チベット問題その他で大揺れの中国だが、スポーツくらいは気持ち良くやって欲しいものです。

がんばれ関西ローカル

チベット情勢について、日本のメディアも、まずまずまともな報道をしているような気がする。中国による侵略を「進駐」と言い換えるなど、まだまだ物足りないところもあるが、以前に比べると格段の進歩である。その中でも、関西ローカルは元気である。東京キー局とは違い、独自に中国支局を持たない分、中国様に遠慮する必要も小さいのであろう。

関西ローカル局ABCの「ムーブ」という番組では、中国のチベット侵略史を分かりやすく解説していた。YouTube に動画が上がっているので、リンクを貼っておきます。前編後編で20分弱ありますが、できるだけ多くの人に見て欲しい内容です。


ネパールから届く声

ネパール在住でチベットを支援しておられる方のブログに非常に考えさせられる文章があり、転載自由とのことなので、ここで紹介しておきます。中国に興味を持っている人、大陸で日本語を勉強している中国人に、ぜひ読んでもらいたい。

とくに、中国人には、まず言い訳や反論をするのではなく、私を含めた多くの外国人がなぜ中国のチベット弾圧に抗議しているのか、少しばかり冷静になって考えてもらいたい。今チベットで起きていることは、殺されているのが中国人かチベット人かという違いはあるが、独裁政府が徒手空拳の民衆を虫けらのように殺しているという点では、六四天安門事件と何ら変わりはないからである。

ばなな猫のネパールその陽ぐらしより

悪いことは悪い、と言える勇気 [チベット]

今日もまだ中国政府による、
チベット人大量虐殺が
チベット人地区全土で続いています。

チベット民族は、このまま「犯罪者」として、
民族浄化されてしまうのでしょうか。

中国の言い分は、中国的には正しいのです。
「チベットは中国の領土である」
「ダライ・ラマは分離主義者であり、チベットの独立を企てる悪い奴である」
「宗教は毒である」

近代中国が生み出した共産主義が、
子供の頃から、骨の髄まで染み付いてしまっている
現在の中国政府にとっては、
もう、この主張は、絶対的に、狂信的に、正しいのです。

しかしながら、その洗脳された思想は、
狂信的であり、偏狂的であり、
人間性を欠いた、非常に頑なな姿を生み出しています。
「自分達だけが正しい」という、
「世界平和」とか「共存」とは、対極にある姿勢です。

中国は、全世界を敵に回す用意があります。
なぜなら、「中国は絶対に正しい」と信じきっているからです。
生まれた時から民主主義の下に育った私たちの目に、
今の中国がどう映るのか、彼らには実感としては解りません。

現在の地球の人類にとって、
民主主義が主流なら、
彼らはマイノリティーであって、
私たちにとっての「悪」が、彼らにとっては「善」であれば、
やはり、意見は衝突せざるを得ないのです。

「悪いことは悪い」と、お互いが言い続けるしかないのです。

「彼ら(中国)にとっての犯罪者(チベット人)を殺して何が悪い。」
と信じているのですから、
「殺人はいけないこと」と子供に教えるのとは
訳が違います。

天安門事件では、民主主義、国民の人権を求める
自分の民族の子供達に銃を向けました。
それ以降も、私たちの知らないところで、
自由を求める中国国民の「更生」は行われ、
更生されない中国国民は「処刑」されてきたのです。

「従わないものは殺せばいい」
「鳴かぬなら殺してしまえほととぎす」
つまりは「恐怖政治」以外の何ものでもない、わけです。

こんな国を相手に、50年もの間戦ってきた、
チベット民族をはじめ、各自治区の少数民族は、
今、確実に消滅の道をたどっています。

まるでそれは、倭人がアイヌ民族を「征服」したように、
白人がオーストラリアの原住民を虐殺したように、
ナチがユダヤ人を抹殺しようとしたように・・・

それが2008年今日現在、中国で起こっている、事実なのです。

しかしながら、国の経済的繁栄のためには、
他の国とも付き合っていかなければなりません。
そこで都合の悪いことは「隠してしまえ」という
政策を取っている訳です。

「わからなければ何をやってもいい」

という「世界的な道徳を欠いてまで、貫きたい主張」がある、
という事です。

自分に従わない者を殺して、
自分の庭に埋め、それを黙って過ごす。

それが、「人民解放軍」にとって、
あたりまえになっているのでしょうか・・・

「しかし今は21世紀です」と言う言葉は、
「しかし今は20世紀です」と言い続けた
侵略される側のチベット人にとっては、
もはや意味を成さないのかも知れません。

この50年間、状況は悪くなる一方です。

中国のものの見方は、私たちの想像を超えています。
50年、100年、150年、300年のスパンでものを見る民族です。
究極の目的は、世界中の国旗を真っ赤にする、
世界征服、なのかもしれません。

チベットは・・・
絶望的です。

戦い続けた者にとっては、
もう疲れ果てて、叫ぶ力も残っていないのが
本当のところです。

ダライラマ法王の「非暴力の教え」を胸に抱き、
「怒りを持ってはいけない」
「固執を捨てろ」
と仏教の教えを胸に抱き、
多くのジレンマと戦ってきました。

しかし、あまりに酷い中国のやり方に反発する
自分の心との葛藤が、行き場を失い
爆発せざるを得なかったのでしょう。

行動の先頭に立つべきは僧であり、
(逮捕後、自分の家族に被害が及ばないから)、
その責任感が彼らを動かしたであろうことは、
容易に想像が付きます。

そしてまさに今回は、最後の力を振り絞って、
声を上げる、最後のチャンスだったのです。

うう、書きたいことは山のようにあるのですが、
情報収集に追われて、オロオロするばかりの毎日です。

でも、このブログも確実に毎日見に来てくださる方がいて、
私に出来る事は、こうして情報を発信し続ける事と、
チベットの問題を風化させてしまわないよう、
話続けることぐらいなのです。

無力ながらも、あごを上げてがんばります。
(こんな時に一日6時間停電&PCのバッテリー切れは辛いです;;)

もう、娘のお弁当を作って、仕事に行く時間です。
またあとで書きます!

チベット支援と軍艦マーチ

3月22日に東京で行われたデモは、多数の方が参加したようで、ニュースでも大きく取り上げられていました。デモ自体も平穏なものだったようで、こうした声がメディアで紹介されるのは非常に喜ばしいことです。

さて、今日3月23日に、大阪でも、中国のチベット人虐殺に抗議するデモがあるらしいのですが、今回は参加を見送ろうと思います。どうも、軍艦マーチ系の団体が行う、チベット支援に名を借りた反中反共デモのようなので、趣旨に賛同できません。デモの存在自体は数日前から知っていましたが、このブログで紹介しなかったのは、怪しげな人たちが関わっていそうな雰囲気がただよっていたからです。

見ざる聞かざる言わざる

掲示板から垣間見る中国の実態。

1、誰かYouTubeを見ることができる人いたら、教えて。

2、プロクシ使ったらいいよ。前より速くなってる。

3、どうしたらいいの? 教えて。

4、北京ネットだけど、ダメだね。

5、いい加減なことを言うな。大陸は全部ダメなんだよ。プロクシ使ったけど、遅くてどうにもならない。おれは、YouTubeの政治動画なんて興味ないんだよ。外国の反中右翼野郎、くたばれよ。おれは、アニメとゲームの動画が見たいだけなんだよ。

→お前がくたばれ。

ま、それはさておき、アニメとゲームの動画なら、56.COMなどの中国国内の動画投稿サイトにいくらでもある。しかも、YouTube と違って、中国のサイトなら著作権で制限されることもない。中国人がYouTube に求めるのは、外国から発信される情報であろう。「アニメとゲームの動画が見たいだけなんだよ」なんて見えすいたウソである。

6、しばらく我慢するしかないね。インターネットも、所詮は政治の道具なんだよ。

→よく分かってるね。中国人としては、これがギリギリの発言かな。

7、無-界-瀏-覧ってソフトを使えばいいよ。

→上に政策あれば何とかの国。NGワードに引っかからないようにハイフンを入れるのも、定番だね。

8、あかんわ。外国の奴らが悪いんや。

→人のせいにするな、ボケ! お前んとこの悪徳独裁政府が悪いんじゃ。

9、どうしようもないよ。どうしたらいいか自分で考えてみな。

→考えてどうにかなるんか?

10、誰か、YouTubeに接続できるプロクシ教えて。ありがとう。

→国家転覆煽動罪で捕まりますよ。

11、あ~、もう。一体いつになったら見せてくれるの!

→さあ? 偉大なる中国政府に聞いてみたら?

チベット虐殺抗議デモ

中国大使館へ向けて六本木で平和へのアピールを!

3/22(土)チベット武力弾圧に対する中国大使館前アピール&周辺デモ

日時:2008年3月22日(土)

【大使館前アピール】 12:00~12:30 ※5人ずつ交代
【周辺デモ】 集合13:00/集会13:30〜14:00/行進14:00〜
集合:東京都港区六本木「三河台公園」 (港区六本木4-2-27)
行進:六本木~西麻布~笄(こうがい)公園
解散:笄公園(14:30すぎ予定)
主催:
TSNJ(チベット・サポート・ネットワーク・ジャパン)
その他「チベット問題を考える議員連盟」も参加します。

みなさんのご参加をお待ちしています!

東京在住の私の友人も参加するそうです。大阪で同様の抗議行動があれば、私も参加するつもりです。ほんとうは、そんなことはしたくないけど、今回ばかりは堪忍袋の緒が切れました。

ただし、抗議はあくまでも言論で。どこかの国のように、外国のすることが気に入らないからといって、大使館や領事館、そして全く無関係の料理店を破壊するなんてことは、絶対にしてはいけません。

チベットの涙

関西在住のチベット人歌手バイマーヤンジンさんが、

ご自身のブログで今の心情をつづっておられる。

簡潔な文章だが、読んでいて胸が詰まった。

中国よ、大好きな中国よ、頼むから、もう人殺しはやめてくれ…。

幸運年

2008年是個幸運年。今年暑期,北京又要舉辦奥運会,有機会你一定要来哦!

ちょうど春節のころに、西安からこんな便りが届いていた。

この人だけでなく、多くの中国人が、祖国で開催されるオリンピックを喜び、成功を願っているのだろう。まことに結構なことである。

しかし、いくらスポーツと政治は別物であり、オリンピックそれ自体も商業化・肥大化し、ドーピングで薬漬けだといっても、やはりオリンピックは平和の祭典である。

現在進行形で隣国を侵略し、悪魔のような独裁政権が暴力で恐怖政治を行っているのが、現在の中国である。そんな国で開かれるオリンピックを素直な気持ちで見ることができるだろうか?

オリンピックを楽しみにしている中国の友人たちには本当に申し訳ないんだけど、北京オリンピックなんか今から中止すべきである。ボイコットではない。今の状態ではオリンピックを開催する価値など全くない。中止である。

いつの日か、中国が自由で民主的な国になり、世界の誰もが笑顔で中国を祝福できるその日が来たら、改めて平和の祭典を開けばいいのではないだろうか。

チベット人を虫けらのように撃ち殺し、「オリンピックより人権を」と訴える人権活動家が次々姿を消している中国で、独裁維持のためだけの血塗られたオリンピックが開かれようとしている2008年は、ほんとうに「幸運年」と言えるのかな?

はなはだ疑問である。

チベットに平和と自由を!

チベット騒乱!僧侶が五輪開催に抗議 店舗や車炎上 

3月14日23時10分配信 産経新聞
 【北京=野口東秀】中国国営新華社通信は14日、チベット自治区のラサで同日、複数の店舗が燃やされ、暴動で負傷者がいると公式に伝えた。AP通信などは目撃者の話として、同日に数百人の抗議行動が発生、数台の公安車両などに火が放たれたほか、主要寺院が封鎖されたと伝えている。中国支配に抗議したチベット人らの騒乱は北京五輪開催に抗議する意味もあるとされ、当局が社会安定を理由に、相当な弾圧を加える可能性が出てきた。抗議行動が青海省など各地に飛び火する可能性もある。

「あなたたち外国人の手で、チベットの窮状を世界に伝えて欲しい」

中国で出会った何人ものチベット人にそう懇願された。

独立国家であるチベットを武力で侵略し、数十年間虐殺と略奪、民族浄化、文化破壊、宗教弾圧などの蛮行を続けてきた中国の行為を絶対に許してはならない。

「内政干渉」や「和平解放」、「チベット人は中国に感謝している」などのウソ、デタラメ、詭弁、プロパガンダの類を信じてはいけない。侵略は誰がやっても侵略であり、いかなる理由があっても正当化できるものではない。 

隣人だからこそ、中国に対しても、悪いことは悪いときちんと伝えよう。

中国は今すぐチベットから撤退せよ!

チベットに平和と自由を!

ほんまかいな?

网友称因批评央视女主持便后不冲水遭殴打

 
一体、どう訳したらいいんだろう?

ウ○コを流さない女子アナに殴られたと訴えるネットユーザー

とでも訳すのかな?

この記事によると、

“当时我到卫生间上厕所,而郭翠芳上完厕所后,未用水冲掉大便,就起身走去洗手。我一进去看到大便就说了声‘怎么不冲呀’,哪知郭翠芳竟然出口就是一句‘有本事你去冲,冲了我给你十块钱’

 
(誤訳)トイレに行ったら、郭翠芳がウ○コを流さずに手を洗いに行こうとしていたの。「何で流さないの?」と言ったら、郭翠芳は何て言ったと思う? 「10元あげるから、あなたが流しなさいよ」だって。

その後、郭翠芳とその一味に罵倒されながら殴られ、警察沙汰になったとかならなかったとか…。

ほんまかいな?

事実か否かは確かめる術はないが、そこは中国。このニュースは、あっという間に、あちこちに転載されて、ネット上で大騒動になっているらしい。

「疑わしきは被告人の利益に」というのは近代刑事裁判の鉄則だが、俗に「火のない所に煙は立たぬ」ともいう。

これが他の国なら、「ありえねー!」のひと言で済むところである。しかし、トイレを流さないふとどき者が多く、うら若き女性が街角で口汚く相手を罵倒しながら、殴り合いの喧嘩をするのが珍しくも何ともない中国である。

あながちウソとは思えないところが恐ろしい。

やっぱ、日本に生まれて良かったね。おとーさん、おかーさん、ありがとう。

しかし、天下のCCTV女子アナだけあって、美人だね、郭翠芳ちゃん。

Photo

でも、やっぱり、トイレの後は、ちゃんと流した方がいいと思うよ…

来自北京的信息

 [アディスアベバ(エチオピア) 10日 ロイター] 男子マラソンの世界記録保持者、ハイレ・ゲブレシラシエ(エチオピア)が10日、中国の大気汚染を理由に、8月に開催される北京五輪で同種目を欠場すると発表した。

というニュースを受けて、中国政府はさっそく

 【北京11日共同】中国外務省の秦剛副報道局長は11日の定例記者会見で、男子マラソンの世界記録を持つエチオピアの選手が大気汚染を理由に北京五輪のマラソン出場を控える考えを示したことについて「北京の大気汚染は明確に改善している。世界各国のアスリートが北京に来ることを歓迎する」と述べ、五輪開催中の環境に問題はないと強調した。

という言い訳をしている。

あと半年であのひどい大気汚染が劇的に改善する訳なんかないんだから、見苦しいウソをつくのはやめた方がいい。

しばらく前に北京人の友人から届いた便りには、こんなことが書いてあった。

回到北京,覚得北京的空気汚染真的是非常厳重,心情也変得不是那麼好。

この人から届く便りには、毎回必ず、北京の大気汚染はひどくなるばかりだと書いてある。他でもない地元民がそう言ってるんだから、中国政府の大本営発表とは違って、北京の大気汚染は依然深刻な状況なのであろう。

オリンピックの選手は、長くても数週間現地に滞在するだけだから、大気汚染の影響も限られているだろうけど、毎日毎日汚れた空気を吸って生活している北京っ子にとって、大気汚染は文字通り死活問題である。

経済発展もオリンピックも結構だけど、もっともっと大事なことがあるんじゃないのかな?

なんてことを言うと、国家転覆罪とか何とかいう訳の分からん罪に問われるかもしれないのよね、今の中国は。

死不認錯 その2

胡主席訪日、日程は未確定=ギョーザ事件で日本をけん制-中国

というニュースにこんなコメントがついていた。

75:2008年3月7日 11時26分

上海に行った時、ガイドが私の国の特徴は、遠慮しない。ゆずらない。あやまらない。中国人は、悪いことしても、あやまれば負けだと思っている。この性格は死んでも治らない。そう思って付き合うことです。と言っていました。

ははは。説得対。その通り、中国人のあの性格は死んでも治らないだろうねえ。だって、中国語でも、

死不認錯

って言うんだもん。

>そう思って付き合うことです

頭では分かっていても、腹が立つんだよねえ。でも、ほんとうに上海のガイドさんがそう言ったのなら、世話ないな。自分で分かっているなら、さっさと治せよ。

たしかに、中国人はそんな人たちなんだと割り切って付き合うしかないが、国を代表する政治家にはもっともっと毅然とした態度で中国に接してもらいたい。とくに、内閣総理大臣のF田さん、親中でも何でもいいんだけど、あんた一体どこの国の総理大臣なの?

国民を守れない総理大臣、国益を主張できない総理大臣、5歳の女の子が毒餃子で死にそうになってもヘラヘラ笑っている総理大臣なんかいらん。

総理大臣なんかもうさっさと辞めて、小沢某と一緒に中国の土になりなさい。

走れ台独ミッキーバス

雲南省の大理から麗江まで3時間半のバスの旅。

トイレ休憩で停まった峠の駐車場でこんなバスを見つけた。

2007_09092007et0283

こ、これは、トム&ジェリーのジェリーのような気がするんだが…。

さらに、側面に回ると、

2007_09092007et0281_2

自由の国アメリカの象徴ミッキーが…。さらに、

2007_09092007et0282

サル顔のミッキーまで…。

ひどいな、この絵。パクるならパクるで、もうちょっとマシな絵を画いてやりなさい。そして、このバスの出入り口には、

2007_09092007et0285_2

楽しそうに語り合うミッキーとミニーの絵が。しかも、ミッキーとミニーの頭上には、偉大なる中華人民共和国の地図が。この国の人たちは、泣く子も黙る天下のディズニーを挑発しているんだろうか?

しかし、この地図には、中国様が一方的に「台湾省」と称し、数百発のミサイルを向けて恫喝しながら、勝手に自分の物だとほざいている例の島がない。外国人がこんな地図を持ち込んだら、税関で没収するくせにね。

中国様、雲南の山奥で、台独を支持する特務バスが走ってまっせ。ちょっとまずいんとちゃいますの?

その台独バスの横では、子どもに立ち小便させるお父さんの姿が。

2007_09092007et0280

すぐそばに結構きれいなトイレがあるんだけどね。しかも、有料トイレが多い雲南では珍しく無料なんだけどね。

何でもありですな、この国。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »