フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 天龍八部影視城と大理の植物 | トップページ | 中国内陸部の大地震 »

北京大学中日交流協会COSPLAY

「日本最右翼の反華専門店」産経新聞にこんな記事が出ていた(共同通信の配信記事だけど)。

日本のコスプレ、大好き!北京大で中日文化祭
2008.5.10 23:19

 北京市北部の北京大で10日、学生による中日文化祭が開幕、日本のアニメキャラクターのコスプレや茶道などが披露された。中国では、アニメや漫画など日本の文化に関心を持つ若者が急増している。文化祭では、漫画やアニメの愛好家が集まる学生サークルのメンバーが、日本の時代劇コメディー「銀魂」や、漫画「隠の王」のキャラクターを演じた。

 同大4年の陸絮さんは「日本の漫画のキャラクターがとても好きなので、なりきってみたくてコスプレにも興味を持った」と話した。6月1日まで、日中カラオケ大会やサッカー大会などが断続的に行われる。(共同)

Photo

 

56.COMで検索してみたが、動画はまだ出ていないようだ。

北京大学中日交流協会のウェブサイトにも、「流行文化 COSPLAY」と書いてあるのだが、天下の北大が「COSPLAY」などというインチキ英語を使うとは何事か? まったく嘆かわしい限り、なんて思っていたら、英語版のウィキペディアにも「COSPLAY」が出ている。曰く、

Cosplay (コスプレ kosupure?), short for "costume play",[1] is a Japanese subculture centered on dressing as characters from manga, anime, tokusatsu, and video games, and, less commonly, Japanese live action television shows, fantasy movies, Japanese pop music bands, Visual Kei, fantasy music stories (such as stories by the band Sound Horizon), novels, and anything in the real world being unique and dramatic (or their moe anthropomorphic form). However, in some circles, "cosplay" has been expanded to mean simply wearing a costume.

「COSPLAY」がインチキ英語だと早合点するのは、時代に乗り遅れている証拠だな。あなどれんな、日本のサブカルパワー。

まあ、サブカルでも何でもいいから、これからの中国を牽引していくであろう北大の学生が日本文化に親しむのは実にいいことだ。どんどんやりなさい。でも、おっちゃん、「銀魂」も「隠の王」も聞いたことないんですけど…。何ですか、それは?

« 天龍八部影視城と大理の植物 | トップページ | 中国内陸部の大地震 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

3Kは、他の記事はどうでもいいですが、
こと中国に関しては、なかなかに過激な記事が
目立つので、私的には実に、実に捨てがたい。
今の場所に引っ越してきたときに、
あまりにセールスというか勧誘というか、
その兄ちゃんがうるさかったので、
ああ、ああ、分かった分かったで、なし崩しに
朝◎新聞をとる羽目になってしまったが、
中国関連記事はバランスよく見なければ
いけませんのでね。甘ったるいだけの朝◎だけ
読んでたんじゃ、駄目だ。

いや、そんなことはともかく、
コスプレについては前に書いたような気がする。
だからさっさと中国語訳を考えろ、ちゅうのに。
言っとくが「服装遊戯」はもうだめだぞ。
僕みたいなレベルの人間でも思いつくくらい
だからな。
日本人の期待をスコーン!と裏切るような
超級の恥ずかしい訳を期待していますよ、
北京市民。

うわあ・・四川省で大地震起きたようですwobbly

>銀魂
少年ジャンプで連載している人気漫画で、いまも多分アニメも放送されてます。ただ、僕も最近のジャンプはわかりません。。

syhz0519さん

私も、小学生のころから朝日新聞の愛読者です(ホントです)。産経は、中国関連の記事のみをウェブで読むだけですが、こと中国に関しては日本のメディアで一番信頼できる報道をしているでしょうね。中国様から「言論暴力団」と名指しで非難されているということは、産経がいい仕事をしている証拠でしょう。

しかし、中国人って、外来語を何でもかんでも漢字にするくせに、なぜかカラオケやコスプレだけは適当な訳を発案できないようですな。カラオケのOKってのは何だ? いっそのこと、日本からカタカナを導入してしまいなさい。


若いゴさん

日本じゃあまり知られていませんが、四川や雲南、貴州あたりは、地震多発地帯なんですよ。阪神大震災の経験者としては、地震のニュースを耳にすると、今でもあの悪夢が蘇ってきます。

>少年ジャンプで連載している人気漫画

ジャンプの漫画でしたか。私も、かつてはジャンプの愛読者でした。「ドーベルマン刑事」や「リングに賭けろ」、「こち亀」、「東大一直線」なんかの時代です。古すぎ? 

地震多発地帯とは知りませんでした。ちょうど四川や雲南、貴州は多彩な蘭の大産出地なんです。だから、、多様な遺伝子変化が起こるのかもしれませんね。

古すぎじゃありませんよ!僕はドラゴンボール世代です。小さいころはキン肉マンでした!

四川など中国西南地方の山岳地帯って、温泉がたくさんあるんですよ。私も、何回か入りましたが。ってことは、マグマがあって、地殻変動が激しいんでしょうね。これも蘭の生育に関係あるんですかね?

「ドラゴンボール」は連載開始当初は読んでいた記憶があります。ちょうど、私が漫画を卒業するころでした。「Dr.スランプ」は、連載開始から終了まで読んでいました。

私がガキのころは、ジャンプ派とチャンピオン派が対立していていましたが、私はなぜかジャンプ派でしたねえ。それでも、「750ライダー」や「マカロニほうれん荘」は好きでした。ん~、我ながら、古い。

>ジャンプの話題

ふっふっふっ。
ここで「男塾」を
熱く語れ、と?(笑)

「男塾」とくれば、実在する学校の校章を漫画で使ってしまい、連載打ち切りになった幻の漫画「私立極道高校」に触れないわけにはいきませんなあ。誰も知らんって?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/20899941

この記事へのトラックバック一覧です: 北京大学中日交流協会COSPLAY:

« 天龍八部影視城と大理の植物 | トップページ | 中国内陸部の大地震 »