フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 上海ぼったくり列伝 その2 | トップページ | 上海でぼったくられないために »

上海ぼったくり列伝 その3

日 付  :2008年05月30日
タイトル :南京路のブラジルコーヒーは要注意
内 容  :
このちょっと前の投稿「南京東路でヘマしました」と同じ場所で私も騙され?ました。

26日の晩ですが、久しぶりの上海で、首からカメラを提げて外灘から南京路に入ったところ、20代の美人に「すみません、○○書店はどこにありますか?」と中国語で聞かれた。知らないと中国語で返答すると「そんな有名な店を知らないの?あなたはどこの人?」と聞かれたので、上海は不慣れな日本人と答え、歩きながら中国語で話が弾みました。

少しして向こうから「ブラジルコーヒー(バーシーカーフェイ)でお茶でも飲みませんか?」と誘われ、店を指定するなんて怪しいと思いました。先に銀行で現金をちょっと引き出し、どこか別の店に行こうと言っても、ブラジルコーヒー以外は全て嫌で結局そこになりました。その子が巧妙なのは、8階に上がる時にビルの人に「ブラジルコーヒーはこのエレベーターですか?」と聞いた事。初めてそこに来た様な印象を与えます。

店に入ると、一般の人とは別の奥の個室に案内されてメニューを見たら高っ!
高いと言うと、お金が足りなかったらその子も払うと言うので、私の分はビール一本と料理1品だけの計130元を注文。その子は分からない言葉で何か適当に注文していました。

楽しいひと時を過ごしてその子がワインを飲みたいと言うので、今現金を沢山持っていないよと言うと、自分もお金が持ってるから大丈夫大丈夫というので、ワイン一杯と私のビール40元だけを追加注文。

次はディスコに踊りに行きましょうということになり清算を頼んだら合計900元!その子が注文したワインがグラス一杯200元なんて知らなかった。他にも知らない間にその子が注文したフルーツやナッツや不明なお茶が500元。現金は300元しか無かったので困りました。その子も200元しか持っていないと言うのです。

カードがあるでしょう?さっき銀行に行ったじゃない?などと言ってなんとか私に払わせようとし、挙句にはブラジルコーヒーの店員も「あなたも食べたのだからあなたが払いなさい」とあたかも計画されていたかのような事を言って来て絶対絶命のピンチだったのですが、、まず店の人には関係ないので話に加わらないように注意して、ここは私が全部払う必要はないと思い、ワタシハ外国人ナノデ、足りない分はその子の友人や同僚や親戚や親を呼び出して立て替えてもらって後でホテルに戻って現金で返すと言いました。

結局足りない分はその子が銀行カードで払いました。300元でも高いけど美人と楽しいひと時を過ごせたのだからいいかなとは思いましたが、少し間違えるととても怖い結果になったかもしれないとも思いました。

で、店を出てから、先ほどはわるかった、お金を返したいのでホテルの部屋にお金を取りに行きましょうと誘いましたが、下心が分かると言って来ませんでした。

それからお互い本音で色々話しましたが、やはりブラジルコーヒーからはバックをもらうと言うことです。上海では生活が厳しいので仕方なくこのようなアルバイトをしていて、彼氏も欲しいとい事でした。「人を騙すのはあまりよくないね」と諭しつつ、今回の小事は気にするな、我々は友達だ、ともっていって、携帯番号を交換しました。

その子は海を見たことが無いので海に連れて行って欲しいと言われましたが、、時間が無く上海を後にしました.....非常に残念です。

オマエは、どこまでお人よしなんや~! 詐欺師を遊びに連れて行くアホがどこにおる!? 詐欺師はどこまでいっても詐欺師や。そんなことすら分からんのか~! しかし、まあ、スケベ心を完全に見透かされ、いいように手玉に取られておる。まさに、カモの中のカモ。あなたに、キング・オブ・カモの称号を授与しよう。とほほ。

 

« 上海ぼったくり列伝 その2 | トップページ | 上海でぼったくられないために »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

むーん。
最近の若いもんは、なっとらああんっ!
さんざん巻き上げられて、
しかも最後は「我々は友達だ」だって。
もう馬鹿につける薬は無い・・・

・・・って、相手の小姐も思ってるよっ!

思うにこの人、日本で遊んだ事なんか
ないんじゃないかな。
あんまり語ると私の素行までばれるので
控えめに言いますがね、
「お遊びにはお遊びの場所がある」ってことから
学ばねば、いつまで経ってもカモになるだけ。
たぶんこの人、また同じことするぞ。
ぼったくられても、依然として、
行きずりの一期一会に運命の出会いなんか
期待しちゃったりしてからに。

あぁたがぼられるのは何とも思わないが、
その結果、はははこいつらはこんなもの、と
日本人全般が看不起されている、ちゅうことが
分からんのか、ねえ?

同胞として、迷惑極まりない。
蘇州河にでも、沈んでしまえ。

この詐欺師の上手いところは、ぼったくる金額を900元に設定している点ですな。日本人ならそれくらいは持っているだろうし、これ以上金額を吊り上げると、公安や領事館に通報される可能性がある。900元なら、泣き寝入りしても、高い授業料で済む。

3人から3000元ずつぼったくるより、10人から900元ぼったくる方が、トータルでみれば安全なんでしょう。

もしこの日本人が、詐欺師女を海に連れて行ったら、それこそ美人局にでも遭って、ケツの毛まで抜かれるのは間違いないでしょう。そんなことすら分からんのかなあ。

この人が騙されるのは自業自得でも、日本人が軽く見られるのは、実に迷惑な話ですな。日本男児だったら、詐欺師女を手玉に取るくらいのことはやってみせんかい(そういう問題じゃないって?)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/21295885

この記事へのトラックバック一覧です: 上海ぼったくり列伝 その3:

« 上海ぼったくり列伝 その2 | トップページ | 上海でぼったくられないために »