フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 上海ぼったくり列伝 その3 | トップページ | 簡体字表示の実験 »

上海でぼったくられないために

さて、上海でぼったくられないためには、一体どうすればいいのだろう。

 

1、上海なんかに行かない

→こうすればぼったくられることはない。どうせ、空気は悪い、人はきつい、街はうるさい、水道水は茶色、見る物は何もない、プライドだけは高く外地人を平気で見下す、空港に地下鉄すら通っていない、物価だけは日本並み、一歩路地に入るとゴミだらけ、そんな町なんか行く必要はない。

でも、ワシ、今まで何回上海行ったんだったっけ?  ベニテングダケのできそこないみたいな東方明珠ができる前から、数え切れんほど行っとるな。

 

2、南京東路に近づかない

→いろんな事情で上海に行かざるを得ない人もいるだろう。そんな人も、南京東路に近づかないだけで、ぼったくりにあう危険は大幅に減少する。どうせ、あんな所、詐欺師とポン引きとスリしかいないんだから、行かんでもよろしい。

 

3、知らない人にはついて行かない

→それでも、どうしても南京東路に用事がある人は、向こうから声をかけてくる中国人は一切無視し、どこかに飲みに行こう、遊びに行こう、食事に行こうと言われても、絶対について行かない。間違いなく全員が詐欺師である。

 

4、余計な現金は持たない、カードも持たない

→昔の人はよく言ったもので、ない袖は振れない。現金がなければ払いようがない。カードも持たない。中国でカードを使ったって、スキミングされる危険が大きいだけである。大きな買い物する予定がなければ、余計な両替もしない。貴重品はホテルのセーフティーボックスにでも預けておけばいい。ぼったくりに遭ったら、ない袖は振れないと言おう。相手はあくまでも金が目的なので、少々脅されるかも知らんが、暴力沙汰にはならんだろう。 

以上、いくつかの対策を提示してみたが、一番のおすすめは、やはり1である。これを忠実に守れば、上海でぼったくられることは絶対にない。でも、今日も明日も、日本人のスケベな男が、ぼったくりの餌食になり続けるんだろうな。

 

« 上海ぼったくり列伝 その3 | トップページ | 簡体字表示の実験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

恐らく、南京の事と魚釣島の事が
一番中国人を激怒させるようなので、

5、付いて行くけどそのかわりに

「賠償のことは周先生が解決済み。
 島のことは日本が正しい」

と宣誓させてみる。
それでもまとわり付く中国人は、まずおるまい。

民族の尊厳を木っ端微塵に踏みにじる言ではあるが、
いいんだよ、相手は詐欺師で、その程度の人間なんだから。

ただし、
「ハイハイ、アナタの、言う通りねheart01」で
宣誓されて、
ときめいて、
運命感じて、
そのまま着いて行っちゃったら、

900元くらいじゃ、すまないよ・・・

>向こうから声をかけてくる中国人は一切無視

これがいちばん正解かな!?と思います。
私は上海って町好きじゃないんでたいてい素通りですけど、バス下りるとすぐ白タクやらホテルの客引き寄ってきますね。
「不要,不要!」と言ってもしつこくつきまとわれて困ることありましたが、中国の友人に教えてもらった「已経有了」を使うとすぐ去ってくれます。

ホテルの客引きは時々利用することありますが、上海駅前で「200元以下、100Vのコンセントあること」の条件出したら夜の小汚い裏通りをあっちこっち連れ回されたときはちょっと怖かったです。結局11時過ぎ7軒目に250元というのを200元に値切って、服務員の変圧器を貸してもらって無事寝ることができました。地方の田舎町だと100元前後の☆なしホテルでしたが、あのロケーションで飛び込みでは、多分ぼったくられてはなかったろうと思っています...

>「已経有了」

なるほど。これは使えそうですね。客引きは中国どこに行ってもいますが、しつこいだけで、南京東路の詐欺師と違って、基本的には人畜無害なんですけどね。


>ホテルの客引き

私もホテルの客引きはよく利用します。中国人も、よく使ってますね。上海駅前で200元なら、決して高くはないでしょう。あの町は、日本に帰る前の日に泊まるだけで十分ですね。上海嫌いの私としては、それさえも避けたい気がしますが。

100Vのコンセントって、高級ホテルにはありますが、客引きが連れて行くような宿にはないでしょうね。デジカメの充電か何かですか? 

 

>デジカメの充電
のため でした。
それまで会社が手配してくれてた宿はシェーバー用110Vコンセントはいつもあったんで、あるもんだと思っていたのですが、考えてみたら日本で「230Vコンセントある宿」要求してたようなワケで、一生懸命捜してくれた客引きのおばちゃんには悪いことしたなと思ってます。おまけに値切った分おばちゃんの取り分減らされたんではないかと少し反省してます。
しかし深夜の200元の攻防は面白かったです。
以後小型の変圧器は旅の七つ道具に入れてます。充電のためだけに高いホテルに泊まるのももったいないですしね..

>考えてみたら日本で「230Vコンセントある宿」要求してたようなワケで、一生懸命捜してくれた客引きのおばちゃんには悪いことしたなと思ってます。

そのおばちゃん、「このガイジン、何を訳の分からんことを言っとるんじゃ?」と思ってたかもしれませんね。私も、「230Vコンセント」なんて中国語で何と言うのか知りませんよ。

私が使ってるデジカメ用の充電池は、100~240Vまで対応しているので、中国でも問題なく充電できましたが、小型の変圧器は1台あると便利でしょうね。いくらくらいするんですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/21296842

この記事へのトラックバック一覧です: 上海でぼったくられないために:

« 上海ぼったくり列伝 その3 | トップページ | 簡体字表示の実験 »