フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 幸災楽禍~人の不幸は蜜の味 | トップページ | 中華人民共和国2010年南アへの道 »

つながりません、勝つまでは

大陸からYahoo! JAPANに接続できなくなっているらしい。在中日本人の掲示板やブログを見たら、上海、杭州、南京、雲南、四川、広東などでことごとくアクセス不能とのこと。在中日本人のみなさんは、ヤフーメールで日本と連絡している方も多いので、困ってるだろうな。

今回のアクセス制限が一時的なものか、それともこれから先もずっと続くのかは、偉大なる中国政府様のみが知るところだろうが、ビザの発給停止(Lビザすら出なくなっているらしい)に、被災地からの外国人記者の締め出し。偉大なる中国政府様、オリンピックを前にして、こんなことしてていいんですかあ~? 

しかし、何でYahoo! JAPANがアク禁食らうのかな? 最近、ヤフーニュースのコメント欄で反日投稿を繰り返す中国人が多いからかな?

« 幸災楽禍~人の不幸は蜜の味 | トップページ | 中華人民共和国2010年南アへの道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これは私も経験あります。
ヤフーじゃないけど別のネットワークで、
結局どうしても繋がらなかった。

その時に感じたのは、
ああこうやって、同じ日本人ながら、
日本にいる人と自分とで、
摂取できる情報量に差が出てくるのだなあと、
純粋にびっくりしました。
同じ条件ならつまり、中国にいるほうが
馬鹿になっちゃうんじゃないか、と
思ったものです。

よくネットからニュースを得る事を軽く見る・
馬鹿にする人がいますが、
半分は賛成しますが半分はいただけません。
これだけ生活に浸透すれば、ネットも立派な情報入手の
ソースとなり得ます。

まあ、もうないだろうけど、
また行け、と言われてもあまり行く気がしないのは事実。

現地在住の日本人にとっては、ヤフーは貴重な情報源&連絡手段なので、お困りでしょうな。私も、中国滞在中にヤフーやらホットメールやらを封鎖されたら、かなり困ります。

福島記者のブログで、「何でヤフーにつながらないんですかああ~?」と尋ねてみたら、中国人ユーザーに「技術的問題」と切り捨てられました。

政府が政治的な理由でネットを封鎖していることくらい、誰でも分かるだろうに(分かってることをいちいち聞くなって?)。言い訳しないと気が済まないんですね。

面白いですね、中国人って。

私も向こうにいた時、
同じような問いかけをいろんな人にしていました。
中国人にも、日本人にも。

中国人の場合は、反応が二つに分かれて、
何を判りきったことを、という反応と、
色をなしてそんなことはありえない、と
反論するタイプと。
で、後者のほうに、ならこのURLをやってみな、と迫ると、
散々試した挙句、「何かの問題がある」「こういう日もある」
「(今、居る)この場所はつながり辛い」「一概には言えない」と
いうタイプと
絶対にやろうとしないタイプとに分かれます。
まあ、いずれにしても嫌われたのは間違いありません。

日本人にも実は二通りあって、
判りきったことを、と悲しそうな目で見る人と、
「このURLでは繋がらないと言うことです」と
訳の分からないことを言い始めるタイプ。
一番最後の日本人が、一番たちの悪いタイプだなと
思ってました。
たぶん何かあって中国を庇いたかったんだろうけど、
そんなことをして、誰が有難がってくれる?

たしかに、中国(人)の言い訳に変な理解を示す寛容な日本人も結構いますね(かくいう私も、以前はそんなところがありましたが)。そんなことしても、中国のためにはならないと思いますけどね。

日本語のできる中国人はそんなに多くないので、アク禁を食らっている日本語のサイトも、今のところはそう多くはないのですが、英語のサイトはかなり悲惨な状況のようですね。

エゲレス人なんかは、「コミュニストは****だ!」などと言って嘆いていましたが、少々気の毒ですな。

ヤフーのトップページにも
この記事が載っていました。
こうやって、向こうにいる日本人は
どんどん情報が取れなくなって、しまいには馬鹿になって
いくのでしょう。
それでも中国に理解を示す人だけが、
中国にとっては真の友人だ、と
なっちゃうわけです。

わははは、もっともっとみんな馬鹿になってしまえ。

今日の夕方になって復旧したようですね。日本のメディアが騒ぎ始めたから、大事になる前に規制を解除したのでしょうか。ほんと、何をするのか全く予想できない国ですな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/21617772

この記事へのトラックバック一覧です: つながりません、勝つまでは:

« 幸災楽禍~人の不幸は蜜の味 | トップページ | 中華人民共和国2010年南アへの道 »