フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 燃える捐款的活動 | トップページ | つながりません、勝つまでは »

幸災楽禍~人の不幸は蜜の味

今期のラジオ中国語講座では、番組の最後に「今日のことわざ」と題して中国語の成語を紹介しているが、その中のひとつがこの「幸災楽禍」である。現代漢語詞典によると、

【幸灾乐祸】 xing4 zai1 le4 huo4 别人遇到灾祸时自己心里高兴

日本語の辞書では、

こうさい-らくか 【幸災楽禍】
他人の不幸を喜ぶこと。人の災いを幸いとして喜び、災いを楽しむ意から。▽「幸災」は人の災難を幸福として喜ぶこと。「楽禍」は災いを招くことを楽しむこと。ここでは他人の災いを見て楽しむこと。「災わざわいを幸さいわいとし禍わざわいを楽たのしむ」と訓読する。「楽禍幸災らくかこうさい」ともいう。


ラジオ講座で何でこんな成語を取り上げるのかよく分からんのだが、その幸災楽禍を地で行くのが、2004年に起きた新潟中越地震を報じる

日本新潟県発生6.8級地震東京有強烈震感

という記事のコメント欄である。

 

2004-08-29 12:21:37 新浪网友 IP:221.232.37.*(湖北武漢)
好消息!!!

いい知らせだ!!!


 

2004-08-29 14:32:03 新浪網友 IP:219.234.169.*(北京)
這真是一個好消息,譲地震来更猛烈些吧!

ほんといい知らせだ、もっと強烈な地震が起きればいいんだよ!

 


2004-08-29 14:16:00 新浪網友 IP:211.97.172.*(山東)
小日本-至現在還不承認侵略,可恨的国家!!!上帝会消滅它的!!!!

小日本-侵略を認めない憎い国!!!天罰だ!!!

 


2004-08-29 12:51:56 新浪网友 IP:202.201.11.*(甘粛蘭州)

よし

 

2004-08-29 19:18:52 新浪網友 IP:219.132.167.*(広東梅州)
本来就是天地不容的国家!滅亡也是遅早的事!還是早点自決好,省得過幾年還費事用核弾!

天地が許さない国だ!遅かれ早かれ滅亡するんだよ!さっさと自決すべきだね、何年後かに核を使うのはもったいないから!



2004-08-29 18:41:34 新浪網友 IP:61.177.55.*(江蘇)
全中国人民都等著這一大快人心的日子,祈求上蒼譲他快快到来。

全中国人民が待ち望んだ歓喜の日だ、神様早く次の地震を起こしてくれ。

 

2004-08-29 18:17:32 新浪网友 IP:218.19.142.*(広東) 
哈哈哈哈……狂笑不止!

ぎゃはは……笑いが止まらねえぜ!



2004-08-29 18:04:56 新浪网友 IP:213.93.244.*(荷蘭)
七級地震太小了,真得太小了。

震度7の地震なんて小さすぎる、小さすぎるぜ。

 



地震発生直後の書き込みをざっと見たが、そのほとんどは上記のような偉大なる中華民族歓喜の声だった。あまりにもアホらしくて、突っ込む気も起きない。強国論壇のような反日サイトではなく、有名なポータルサイトのニュース記事についているコメント欄の大部分がこんなコメントで埋め尽くされている。もちろん、人の不幸を喜ぶ中国人に苦言を呈する人もいるが、たちまち売国奴扱いである。

中国人の幸災楽禍は、日本での災害や事故に限ったことではない。ハリケーンカトリーナ、スマトラ沖地震、9.11テロなど外国で災害や事故が起きるたびに歓喜の声を挙げる中国人が多数いる。ネット上だけではない、私の知り合いの在日中国人も、9.11テロのニュースを見て喜んでいた。9.11テロでは中国人も命を落としている。同胞が死んでいるのに、何がそんなに嬉しいのだろう? 残念ながら、中国人にとっては、外国の自然災害や事件事故を喜ぶことが愛国であり、人の不幸は蜜の味のようである。

わたしゃ、中国人ではないので、人様の不幸を喜ぶことはできない。自然災害はどこの国でも起きる。いくら中国人が4年前にこんな痴態を晒していても、四川地震の被災者には心から同情するし、中国が嫌いでも地震を笑うような奴は心の底から軽蔑する。

しかし、他国の自然災害を喜んでいる中国人に、遼寧女やシャロン・ストーンを非難する資格はあるのだろうか? 中国人は死不認錯だし、言い訳の天才である。何だかんだと屁理屈を弄して、自分を正当化するであろう。それは、中国人の習性だから仕方がないのかもしれない。

ただ、今なら、中国人も、地震の被害がいかに悲惨なものか、他人の不幸を喜ぶことがどれだけおろかなことか、具体的に理解することができるであろう。こういうことを書くと、「どこの国にも他人の不幸を喜ぶ奴はいる」と反論されるだろうが、そんな見苦しい言い訳はやめよう。地震は不幸な出来事だが、いい機会ではある。中国人のみなさん、少しは素直に反省してみたらどうだろうか?


四川での地震後に王学進という人がブログでこんな文章を書き、中国人の幸災楽禍を嘆いている。中国語のできる人には、一読をお薦めする。

« 燃える捐款的活動 | トップページ | つながりません、勝つまでは »

中国語あれこれ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

王氏のブログ、ではなくそれについている
コメントのほうを読んでみました。
やっぱりと言うか、反対したい人はどうしてもいるらしく、
間違っているだの、日本に偏りすぎだの、
まあ、もうしょうがないか。
オーストラリアの鯨ばなしもそうだけど、
どうしても超えられない溝というのはあるんだろうなあ。

じゃあ、一つ、提案ですがね。
日本のネット右翼対中国の憤青で、
一ヵ所に集まって極秘で喧嘩大会やる、てのは
どうですか?
但し、参加料を取ることにして。
有料ですけど、来るでしょ?来たいでしょ?
相手のこと、ぼこぼこに出来るんですよ。
ふだんあれだけ攻撃的なこと書いてるんだから
実際にできれば、そりゃあ楽しいでしょう。
参加費収入はもちろんお互いの国のために
使わせて戴きます。
第一回めが成立すれば、その収入は四川省行き、
これでどうですか。
スッキリ出来て、国益にも寄与してるんですよ。
そりゃ、間違えたらお亡くなりになっちゃうかもしれません。
でもね、それならそれで、その後のネットモラルは
全体的には向上するはずです。
あとのことは、心配要りません。

王学進さんの文章は、人道主義の大切さを訴え、人の不幸を喜ぶことのおろかさを戒めているだけなんですが、そんなことすら理解できない人がたくさんいるようですね。王学進さんも、コメントを読みながら暗澹とした気分になっているのではないでしょうか。

中国人の精神構造って、魯迅が「阿Q正伝」を書いたころから全然変わっていないように感じるのは、私だけでしょうかね? 3000年だか4000年だかかけて培われてきたものが、たかが100年で劇的に変わることなど土台無理な話なのでしょうか。

東北北陸の雪害についても、中国のサイトでは大喜びしている。本当に阿Qの時代から何も変わっていないね。

四川大地震をきっかけに少しは変わるかと思いましたが、長い歴史で
培われた中国人の国民性は、そんなに簡単には変わらないようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/21589917

この記事へのトラックバック一覧です: 幸災楽禍~人の不幸は蜜の味 :

« 燃える捐款的活動 | トップページ | つながりません、勝つまでは »