フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 麗江の宿 | トップページ | 高原の夏 »

さすが中国

「ねずみ年で五輪」北京・金融街に新キャラ…でも似てません?

7月23日20時25分配信 読売新聞

 北京の金融街の一角に、5匹のネズミの人形が登場した。

 地元の西城区政府が、北京五輪を盛り上げようと設置。重量挙げ、体操などのポーズを取るネズミの耳には、正方形の穴がある。

 担当者によると、中国の古銭をかたどったもので、ねずみ年、五輪、金融街のキーワードをもとにしたデザインというが、ネズミの顔立ちは、ディズニーの「ミッキーマウス」を思わせる。

 昨年には偽ミッキーなどを登場させた遊園地が、米ウォルト・ディズニー社から著作権侵害の指摘を受けたが、担当者は「耳に穴がある。コピーではない」ときっぱり。

 しかし、通りかかった親子は「ミッキーちゃんだ」と大喜びだった。(北京=竹内誠一郎)

 

Photo

 

もう10年以上前に千葉のディズニーランドに行ったことがある。子どもだましだとバカにしていたが、子どもだましもあそこまで徹底してやれば大したものだと感心した記憶がある。できることなら、これからの中国をになう小朋友にも、パクリでなくホンモノで遊んでもらいたい。

さて、何の臆面もなく堂々とバッタもんを作り続ける中国。この国の人民に「著作権」という言葉を理解させるには、やはり、あと4000年かかるのだろうか? 

しかし、こんなことばかりしているから、中国は世界の国からバカにされるし、まともな物は売ってもらえなくなる。結局、損するのは当の中国人なんだけど、それを理解させるにも、あと4000年かかるのだろうな。

それにしても、中国人はアメリカが死ぬほど嫌いなくせに、ミッキーは大好きなのね。

« 麗江の宿 | トップページ | 高原の夏 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんな時間に目が覚めたら、
・・・ははははは、またか。

>アメリカが死ぬほど嫌いなくせに、ミッキーは大好き
あと、マクドナルドとウインドウズも、な。

こういうことをそのへんの中国人に指摘すると、
ニヤリとするタイプと、
真顔になって「コピーではない!」と色をなすタイプがいた。

後者の方がたちが悪い。
だって、そういう人は、目が、イッちゃっているもの。
これでは「洗脳」の二文字も頭に浮かんでこようと言うもの。

中国人的な反応

1、関係のない話を持ち出して逆ギレ(移花接木)。このパターンが一番多い。

2、中国には、ニセモノなら何でもあるんだぞ! どうだ、すごいだろ! と理解不能な自慢。

3、発展途上国だから仕方ないやんけ、中国様に文句あるんかワレ!? と都合のいいときだけ発展途上国を強調して、なぜか偉そうにする。まあ、発展途上国だからといって卑下する必要なないけど、偉そうにすることもないと思うけどなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/22504050

この記事へのトラックバック一覧です: さすが中国:

« 麗江の宿 | トップページ | 高原の夏 »