フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 雲南の蘭売り | トップページ | ちょっとだけ北京の旅2 »

ちょっとだけ北京の旅1

ヤフートラベルで、大阪⇔北京⇔昆明で3万6000円という格安のチケット(実際には、何とかサーチャージや諸費用が加算され、6万円台になるんだが…)を見つけたはいいが、

 

「このチケット、北京には昼頃に着くんですが、昆明への便は夜の8時発になりますよ。それでもいいですか?」

「じゃあ、トランジットの時間を使って、ちょっと町に出てみます」

「それがですね、このチケットだと、北京空港から出られないんです」

「えっ、じゃあ、トランジットルームか何かに軟禁されるってことですか?」

「まあ、そういうことですね。だから安いんですよ」

 

旅行会社で以上のように通告され、8時間もの間空港で何をするか考えあぐねながら北京に着いた。

 

Yunnan20080004_800 Yunnan20080008_800

 

しかし、入国審査を終え、トランジットの手続を済ませて荷物を預けると、すぐそばに出口の案内がある。何てことなく空港から脱出できた。旅行会社のおっさんは、何であんなことを言ったのだろう? 国際線のトランジットならともかく、国内線に乗り換えるのに空港内に軟禁される理由などないと思うんだが。

地下鉄空港線の乗り場に行くと、

 

Yunnan20080012_800 Yunnan20080014_800

 

飛行機で隣の席に坐っていた日本人の女の子がいる。琉璃廠近くのホテルを予約しているらしいが、中国は初めてとのこと。私も、前門あたりをぶらぶらするつもりだったので、一緒に町に出ることにした。

この髪の長い女の子がその人。

 

Yunnan20080010_800_2 

 

小柄だが、グラマーで可愛い人でした。

東直門で地下鉄2号線に乗り換え、和平門で下車。

そこには北の将軍様御用達の全聚徳和平門店がそびえ立つ。

 

Yunnan20080017_800  

 

なつかしいなあ、4年ぶりの北京じゃ。とりあえずの予定は、和平門の中国銀行で両替をして、その女の子をホテルまで案内し、昼メシを食って、再開発が進んでいるらしい前門界隈を歩くことである。

 

« 雲南の蘭売り | トップページ | ちょっとだけ北京の旅2 »

中国の旅2008」カテゴリの記事

北京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/23076214

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとだけ北京の旅1:

« 雲南の蘭売り | トップページ | ちょっとだけ北京の旅2 »