フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 大理古城のレストラン3 | トップページ | for your convenience »

非常に前向き

昨日、福田総理が辞任会見で記者の質問にキレて、

 「『ひとごとのように』とあなたはおっしゃったけどね、私は自分自身のことは客観的に見ることができるんです。あなたとは違うんです」

と言ってしまったのを聞いて、ああ、この人は、やっぱり、上からものを見ている人なんだなと思った。人間、追い詰められるとついつい本音が出てしまうのだろう。結局、父親が果たせなかった夢であるサミット議長をしたかっただけなんだろう。そんな人に総理大臣をされてはたまったものではない。

官房長官時代の福田さんは、どこか人を食ったようなものの言い方に独特の味があり、嫌いじゃなかった。しかし、総理大臣になってからは、人の神経を逆なでするような発言を連発し、顔を見るのも嫌になった。一番ひどかったのは、毒餃子事件における中国の対応を「非常に前向き」と評価したときだ。

思わず、我が耳を疑った。福田さんは、5歳の小さな女の子が毒餃子を食べて危うく死にかけても、何とも思わない人なのだろう。辞任会見で、記者からイヤミったらしい質問をされるのも当然である。中国としても、自国に都合のいい総理大臣が辞任するのは痛手であろう。

はたして、中国政府もいち早く福田さんの功績を評価する談話を出している。この半世紀以上ひたすら人殺しを続けてきた独裁政府に褒められる総理大臣など、ろくなもんじゃない。日本の恥である。日本のリーダーなら、日中首脳会談で、

「いいか、5歳の女の子が死にかけたんだ!そんな説明で日本国民が納得するとでも思っているのか!?ふざけるな!」

と机を叩いて怒って欲しいものである。それとも、福田さんは、自分の孫が毒餃子を食べても平気でいられる人なのだろうか。

それにしても、福田さんが自分を客観的に見ることができる人なら、そもそも自分が総理大臣の器でないことくらい分かりそうなものである。福田さんの責任転嫁と逆ギレは、まるで中国人を見ているようだったが、まさかこの人中国人じゃないだろうな。

 

« 大理古城のレストラン3 | トップページ | for your convenience »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まあ、この人も相当問題なんだが、その前にまず、
今の日本の民主議会制が全体的に未成熟、ということなんだろう。
今朝のニュースでは野党がこぞって”人民大団結万歳”状態で
やいのやいの言っておったが、
では彼らに自民を超えるビジョンや、前向きに議論する姿勢・メソッドが
あったかというとそんなことは決してなく、
せいぜい本音は野党やってる方が楽しい・好き、とにかく自民に反対したい
てなもんでしょうから、じゃあお前ら2ちゃんねらーと同じか?と
別に福田さんを許すつもりは毛頭なけれど、
さりとて肩を持つ気には全くなりません。

むしろ気にするのは中国をはじめとする諸外国の日本に向ける目であって
ああこれでまた馬鹿にされると思うと情けない事この上ない。
これではここで中国のことを面白がることが出来ないじゃないか。

そう言えば、野党の一つ共産党は
昨今の「蟹工船」ブームだかなんだかで入党者が万単位で
増えたんだとか。これもまた不気味極まりない話。
この作品の日本文学史上の重要性は認めますが、
あんな暗い、読みづらい、しかも自主規制用語が
乱れ飛ぶような作品の一体どこに何の共感を感じるんだろう。
しかもインスパイアされた結果が入党だって。

中国の高級指導者喜ぶべし。
日本でもこんなに愛(?)国教育・入党勧誘は盛んであるぞ。

今、中国は、陳水扁の不正蓄財疑惑で反民進党キャンペーンを張るのに忙しいみたいなので、共産党の幹部はともかく、人民は、日本の政局についてはそれほど関心がないのではないでしょうか? 引退した総統の疑惑なんて、さしてニュースバリューもないし、李登輝のような影響力もない人だから、中国以外の国ではあまり報じられていません。

台独派のネガティブニュースを流して、共産党の偉大さを喧伝するという、手垢の着いたプロパガンダですね。でも、よく考えると、権力者の不正を追及するシステムが出来上がっている点で、台湾がいかにまともな社会であるかが人民に知られ、不正野放しの共産党には逆効果のような気もします。

オリンピックの閉幕式で、引退した国家主席の愛人が出てきて、堂々と歌を歌う大陸と、前総統だろうが何だろうが不正を許さない台湾、どっちが健全な国でしょうね?

さて、日本は、遅くともここ数ヶ月以内には衆議院議員の総選挙がありそうですね。我々日本人は、選挙で代表者を選ぶことができるし、その気があれば立候補も自由ですが、隣の国には、そんな当たり前の権利すら与えられていない人間が13億以上いるんですね。選挙権すらない人民が、毎日毎日洗脳テレビを見ている。考えてみればおそろしい話です。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/23443577

この記事へのトラックバック一覧です: 非常に前向き:

« 大理古城のレストラン3 | トップページ | for your convenience »