フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 中国的裁判員制度 | トップページ | コン・リーは、なぜ叩かれるのか »

中国に親しみ、最低の31.8%

中国に親しみ、最低の31.8%=日米関係良好、7割切る-内閣府調査

12月6日19時1分配信 時事通信

 内閣府が6日発表した「外交に関する世論調査」によると、中国に「親しみを感じる」人は昨年10月の前回調査から2.2ポイント減の31.8%で、1978年の調査開始以来、最低を記録した。「親しみを感じない」も過去最高の66.6%(前回比3.1ポイント増)。日中両政府は「戦略的互恵」を掲げて協力強化に取り組んでいるが、「食の安全」の問題などもあり、国民の対中感情は和らいではいないようだ。
 中国に親しみを感じる人は、80年の78.6%をピークに減り始め、2005年には32.4%に低下した。日中関係についても、「良好と思わない」が71.9%(同3.9ポイント増)で過去最高となった。
 一方、日米関係を「良好」とする人は68.9%(同7.4ポイント減)で、質問が現在の内容になった98年以降、初めて7割を切った。「良好と思わない」は28.1%(同7.7ポイント増)。ブッシュ政権が北朝鮮のテロ支援国指定を解除したことや、米国発の金融危機が影響したとみられる。ただ、米国に「親しみを感じる」は前回と比べ2.3ポイント減(73.3%)にとどまっており、親近感の面では大きな変化はなかった。 

 

 

この手の世論調査がどの程度信頼できるかがそもそも疑問なんだが、中国に親しみを感じる人が、(大本営発表の数字とはいえ)依然として31.8%もいることの方が驚きだな。私の個人的な感覚では、10%もあれば御の字だと思うんだが、まだ31.8%もいるとは、日本人はよほどお人好しなのだろう。

相手のすることが気に食わないからと言って、大使館や領事館・日本料理店を破壊し、「お前が悪い!」と責任転嫁。毒餃子を作って、「お前がやった!謝罪と賠償しろ!」と責任転嫁。自国民が外国で凶悪犯罪を繰り返しても、「そんな奴を入国させるお前が悪い!」と責任転嫁。

とにかく、すべて「お前が悪い!」で片付ける中華思想の国。そんな国に親しみを感じる方が異常というものだ。だいたい、古今東西、隣国同士は仲が悪いものだ。アメリカとメキシコ、ブラジルとアルゼンチン、ドイツとフランス、カンボジアとベトナムなどなど。仲のいい隣国というのはあまり聞いたことがない。

まあ、仲が悪くたって、別にいいんじゃないの? お互いドンパチを起こさない程度に適当に付き合えば。中国と仲良くすると、ろくなことにならない。かつてのチベットのように。

 

« 中国的裁判員制度 | トップページ | コン・リーは、なぜ叩かれるのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

個人的にはなかなか複雑な心境です。
誰からのアンケートか知らないが31.8%とはつまり、
どんどん中国離れが加速していると言っても
いいのでしょう。

私が20年ほど前に中国大陸を目指していた頃は
奇特な人、本気ですか、ご愁傷様です・・・・
そんな感情が一般的だったように思います。
4年前、北京を去る頃にはそれが激変していて、
中国で働きたいんです、などという若者が
巷にあふれかえっていました。
たかだか十数年程度でなんでこんなに変わるのか
不思議に思ったものです。
ただ、今日この数字を迎えるような予兆は
節々で確かに有りました。
たぶんあっさりと「もう中国やーんぴっ!」と
言っちゃうんだろうなニホンジン、と思うような
シチュエーションが。
それでもしぶとく中国がいいと言う人がいて
それでまあ私も日本に帰ってこれたんですが。

私見ですが、
熱烈ムードはこれで完全に醒めたでしょうから、
(一部の老人にはまだ浮かれボケも見られますが)
ここから冷静に付き合いが始まるなら始まるんじゃ
ないでしょうか。
それくらいがちょうどいいんですよ、きっと。
だって今まで、ニホンジンが中国、中国というほどに
中国人がニホン、ニホンとは言ってなかったはずですのでね。
付かず離れず、くらいがちょうどいいんです。

>熱烈ムードはこれで完全に醒めたでしょうから、
(一部の老人にはまだ浮かれボケも見られますが)
ここから冷静に付き合いが始まるなら始まるんじゃ
ないでしょうか。

そうですね。熱烈歓迎と日中友好とパンダに騙されて、
何の感謝もされない税金をジャブジャブ垂れ流していた
時代に比べたら、今の方が健全なのでしょう。

まあ、中国を偏愛する私のような変人にしてみれば、
親しみを感じる人が減っているのは残念ではありますが、
冷静に中国を見つめる人が増えてきたのは、歓迎すべき
兆候なのかもしれません。

しばらく前に「中国語の環」を読んでいたら、ご老体の
中国語研究者らしき人が、相変わらずの共産党万歳コラム
を書いていました。文革の頃から時計の針が進んでいない
人が多いのでしょうが、中文研究者の世界も、これから
徐々に変わっていくことでしょう。
 
お互い引っ越すわけにもいかないし、かといって、付き合い
をやめるわけにもいかないし、適度に距離を置いて、つかず
離れずってのが一番ですな。

 
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/26017282

この記事へのトラックバック一覧です: 中国に親しみ、最低の31.8%:

« 中国的裁判員制度 | トップページ | コン・リーは、なぜ叩かれるのか »