フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« コン・リーは、なぜ叩かれるのか | トップページ | 日中お役人事情 »

拝啓 コン・リー様

偉大なる中国人様からコン・リーへのメッセージを拾ってみました。訳すのめんどいので、中国語ができない人は翻訳サイトでも使ってね。

 

骂人的基本都是这个社会底层挣扎的人,嫉妒心太强。哎~

 →中国に関しては、必ずしもそうは言えんと思うが。

 

靠,总有一天她会为改国籍后悔的。

→ま、それはないわな。

 

所有换籍者都是卖国贼! 

→このあたりが一般的な見解かな。

 

这是一个人品问题,就像是墙头草!外人不要多插嘴!

→たしかに、外野がゴチャゴチャ言う問題ではない。

 

不要在乎她, 

→てゆーか、相手にされてないのはお前らだと思うんだが。

 

巩俐大姐.带俺也去国外混混! 

→うむ、正直でよろしい。

 

往往爱国口号喊得最响的人,一旦有机会加入外国国籍,动作比谁都快。 

→それが中国人クオリティ。

 

什么时候我有钱了咱也移民 

→ま、がんばれ。

 

换了国籍的明星们李连杰:美国 陈凯歌:美国 刘亦菲:美国 蒋雯丽:美国 宁 静:美国 王 姬:美国 蒋大为:加拿大 徐 帆:加拿大 张铁林:英国 斯琴高娃:瑞士 陈 冲:美国 邬君梅:美国 顾长卫:美国 陈 明:加拿大 韦 唯:德国 苏 瑾:新西兰——记住这些人·!!!!… 

→現実はそんなもんだって。

 

名人的移民现象是不是直得我们的深思!!!! 

→そりゃそうだわな。

 

走吧,都走吧``` 

→いや、あの、ぶっちゃけ、来られる方は困るんですけど。

 

这年头爱国的都是生活在最底层的人,因为,他们哪儿都去不了,不爱都不行啊!

→この人、アメリカから書き込んでいるみたいだけど、アメリカに脱出できたら勝ち組ってことなんだろうね。

 

有条件我也一定移民 

→実は、みんなそう思っているんだよ。

 

她以后就不是中国人了,干嘛还支持她!!!!! 

→ま、おたくみたいなのに支持されなくても、何も困らんだろうね。

 

不要忘了中国使终是你的娘家 这里是生你养你的地方 

→だから、何?

 

忘祖的人,以后都不要再踏入中国半步! 

→こーゆー奴に限って、偽造パスポート使ってトンヅラしそうなんだな。

 

怎么会那样?祖国不好吗? 

→不好な人が多いんだろうね、実際。

 

 

« コン・リーは、なぜ叩かれるのか | トップページ | 日中お役人事情 »

中国語あれこれ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

老板さん、ごくろうさまです。
コメント、全部読みました。
思いっきり笑わせてもらいました。

下から二番目の、そう、そこのお前。
お前みたいな奴、腐るほど見てきたからな。
素直に羨ましい!って言ってみろ、ほら。

sina に出ていたコメントをざっと読んでみたら、
 
 
1、罵倒系(例、「この、売国奴!」)

2、上から目線系(例、「こんなところでコン・リーを罵倒している奴は、どうせ社会の底辺でうごめいている奴だろ」)

3、懇願系(例、「おら、こげな国いやだ。おらも、移民しだいべ」)

4、純粋系(例、「どうして?中国はこんないい国なのに!?」)


概ね、こんな感じでした。中国人の国家観がよく理解できます。2の上から目線系は、ほとんどが海外からの書き込みでした。とりあえず、自分は海外に脱出したので、あとは野となれ山となれ、ってことなんでしょうか。ま、一番気の毒なのは、実は、4かもしれませんな。

 

当然のことなのですが、
3が一番素直です。

今回のケース、日本で言うなら、
誰クラスが外国籍を取得した、と
いうことになるんでしょう。
まあ、あまり日本の国際派女優なんてのは
聞かないんですが。
男優なら、全盛期の三船敏郎か、昨今の渡辺謙か。

そういえば・・・劉暁慶(こんな字だっけ?)
などという人もいましたが、どうしてるんだろう?

コン・リーの場合、国籍を変更した先がシンガポールだったのも、憤青が喜ぶ原因だったのかもしれませんね。偉大なる祖国を捨て、小国中の小国で、属国だと見下しているような国に移民してしまったのが、中国人の持つ何の根拠もない自尊心を傷つけてしまったのでしょう。

次に脱出しそうなのは、章子怡あたりでしょうかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/26155496

この記事へのトラックバック一覧です: 拝啓 コン・リー様:

« コン・リーは、なぜ叩かれるのか | トップページ | 日中お役人事情 »