フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 市民の憩いの場 | トップページ | 最美好的礼物 »

聖誕節快楽!

クリスマスなので、何かクリスマスに関連したことでも書こうかと思ったが、大日本国営放送で「激流中国」の再放送をしているではないか。この番組、偉大なる中国政府様にも目をつけられ、ネット検索でNGワードになり、取材スタッフは有形無形の妨害を受けたらしい。たしかに、よくこんなもの取材できたなあ、と感心する内容が多かった。

国営放送は、「中国鉄道大紀行」のような半分やらせのプロパガンダ番組も作るが(あの国の列車に地球を何周もするほど乗ってきた私がそう言うのだから間違いない。見たんだから仕方がない。事実そうなんだから仕方がない。ま、文句言ってる割には、しっかり全部見てしまったが…)、その一方で「激流中国」のような良心的な番組も作る。

クリスマスのこの時期にわざわざ「激流中国」を再放送するとは、やはり、国営放送から中国様へのクリスマスプレゼントなのであろう。今ごろ、外交部の日本担当者が涙を流して喜んでいるに違いない。ってことで、皆々様、

メリー・クリスマス!

« 市民の憩いの場 | トップページ | 最美好的礼物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

激流~の方は見ていません。
鉄道~の方も見てはいないんですが、
会社でこれを激賞している年配の方がいて
いやあ中国は雄大ですね壮大ですね五千年ですね・・・

こまるんだよな、こういう発言は。
ほんとに中国までおびき寄せて
パスポート取り上げて青海省あたりに
置き去りにしちゃおうか?と
一瞬、グラッと来ます。

 
そういう中国バンザイ系の年配の方は、民工列車の空調なし硬座に軟禁して、
上海から成都あたりまで50時間列車の旅を体験してもらったら、目が覚める
んじゃないでしょうか。
 
それでもなお、雄大だ壮大だなんてセリフが出てくるなら、それはそれで
大したものだと思います。

コメとは何の関係も有りません。
年末のご挨拶です。

老板さんへ。
今年もいろいろと楽しませていただき
本当にありがとうございました。
今年は中国話に加えて、コンサート話も
書かせて頂いて、
いやあすごかったですよおエマーソン大先生は。
ロックはやはり不滅です。

年末年始はネット環境の無いところで過ごしますので
アクセスは出来ません。
来年またお邪魔しますので、どうぞ宜しく
お願い致します。

syhz0519 拝

ネット環境がないということは、どこか旅行にでも
行かれるのでしょうか。私も、年末年始は日本から脱出
するつもりだったのですが、キャンセル待ちの航空券が
キャンセル待ちのまま終わってしまいました。

こちらこそ、くだらない話に付き合っていただき、
ありがとうございました。よいお年を!
 
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/26471542

この記事へのトラックバック一覧です: 聖誕節快楽!:

« 市民の憩いの場 | トップページ | 最美好的礼物 »