フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 人民サンダル | トップページ | 酸梅湯 »

国家百年の大計

【今日のブログ】中国の学校、授業で教える日本の姿とは?

【コラム】 【この記事に対するコメント】 Y! 2009/02/26(木) 10:28

  中国における反日感情は根強いものがある。日本では中国で反日教育が行われているのではないかとの批判もあるが、実際はどうなのだろうか。このブログは歴史の授業で取り上げられた日本の姿と自らの意見を綴ったものである。以下はそのブログより。

  以下は私の個人的意見であり、不必要な議論は望んでいないことは理解して欲しい。

関連写真:そのほかの中国で報道されている日本に関する写真

  ここ数日の歴史の授業の内容は第二次世界大戦中の日本に関するものであった。先生は「日本人はとても残忍で、良心のかけらもない」と言っていたが、当時の日本人の行為は明治天皇が強制したものだとも言っていた。

  多くの日本軍人は戦争を望んでいなかったが、それを口に出すと自分の家族に害が及ぶため、日本軍人たちは上に従わざるを得なかったのだそうである。彼らの中には日本帰国後にうつ病にかかり、自殺をした人もいたそうだ。

  毎年、南京大虐殺があった場所を訪れる日本の老人がいる。老人は南京で被害を受けた全ての人に頭を下げ続けている。老人が言うには、当時、自分が一体何人の人間を殺したか覚えていないが、三人の子供を抱えた家庭のことは覚えているという。一人目の子供に手をかけると、二人目の子供が地に跪いて許しを請うたそうだ。彼は耐えられない気持ちに襲われたが、自分の家族に害が及ぶことを恐れ、手を下したのだという・・・・

  歴史の先生は「皆はこれでも哈日(日本に親しみをもつ、親日の意)になるのか?」と私達に迫ったが、まるで日本に親しみを持ってはいけないと迫られているかのようであり、教師がこのように迫ってはいけないと思う。

  過去の日本についての授業が終了し、先生は現在の日本について語りだした。先生が言うところによると、現在の日本は第三次世界大戦を引き起こす可能性があるという。日本の敵はイスラムと中国だそうである。

  私は日本が第三次世界大戦を引き起こす可能性があると聞いてとても悲しくなった。私は日本が好きだし、日本が戦争の元凶になって欲しくないのである。
--------------------------------------------------------------
(出典:風勝達の梦場所BLOG意訳編集)

 

原文はここ

中国語を勉強している人は、ぜひ原文を読んで欲しい。(と思ったが、なぜかブログの記事が削除されてしまったようだ。作者が削除したのか、偉大なる中国政府様が検閲で削除したのかは不明である。後者ではないことを願うが、反日教育に疑問を呈する内容なので、検閲されたのかもしれない。ってことで、原文はこっち)。15歳の女の子が書いたようだが、非常に平易な中文である。きっと聡明な女の子が書いたのだろう。 いつか機会があれば、ぜひ日本に来て、自分の目で、日本という国のいい面も悪い面もしっかり見て欲しいものだ。

わが祖国日本には、大使館や日本料理店を破壊されようが、毒餃子を食わされて責任転嫁されようが、なぜか中国に対して幻想を抱いている人が少なからずいる。笑いながら大使館に投石するサルの大群とサルを放置する公安の姿を見て、それでも「日本が悪い」と中国の肩を持つのだから、オツムに問題があるのか、真性のマゾなのだろう。一党独裁のウルトラ人権侵害国家である中国に幻想を抱くのは自由だが、共産党プロパガンダの片棒を担ぎ、日本人のくせに反日活動に熱心に取り組む人がいるから、何とも始末が悪い。

まあ、日本国は、徹底した相対主義を容認する自由な国なので(この点については、日本国憲法の教科書で「憲法尊重擁護義務」の項目なんかを読んでみるとよく分かると思います)、共産党バンザイとにかくすべて日本が悪い、と考える日本人がいるのも仕方がないが、冗談は天洋食品のおっさんの逆ギレ会見だけにして欲しいものだ。

教育は国家百年の大計といわれるが、こんな狂った教育をしている国との友好なんて絶対に無理である。これからの日本(人)に必要なのは、中国がこんな異常な教育をしている国であり、ほとんどの中国人がこの教育に対して何の疑念も抱いていないという事実を認識して、そういう国・そういう人たちと割り切って接していくことだろう。

 

« 人民サンダル | トップページ | 酸梅湯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今さらこんなことを言っても
しょうがないのですが、
困ったものですね、こういう先生は。

考えようによっては
私は丁度いい時期に、中国から引き上げて
来られたのかも知れん。

私見ですが、一般人レベルの日中友好関係は、

①何も知られておらず、**Kの『シルクロード』と
 地球の**方だけを手がかりに漠然と憧れていた
 憧憬期
②中国熱愛老人に踊らされて進出が始まった煽動期
③グローバルな競争激化が過熱し、猫も杓子も島*作も
 中国を目指した成熟期
④ネットで内情がダダ漏れし、そういう国だったんだと
 皆が気付き始めた現在。

というふうに流れて来ているのではないかと。
私は③の時点で帰国出来ました。

これからは冷静な反省・分析・評価の時代に
入っていくのであろう、日中関係。
そのほうが、日本百年の計を図る上でも、大事なことです。

この女の子のブログを読んでみましたが、W-INDS という
日本のアイドルグループのファンのようですね。大衆文化
からうかがい知ることができる日本のイメージと、捏造反
日教育のあまりのギャップに苦しんでいるのでしょうが、
ほんと罪な教育をしているものです。

日本としては、官民一致で、反日教育はやめろ、としつこ
く要求していくべきですが、足並みが揃わないのが日本の
苦しいところ。民主主義国家なので、仕方ないといえばそ
うなのですが。

それにしても、このインチキ教師によると、日本はイスラム
の敵だそうですが、イスラムは親日ですよ。反日国家なん
て、中国とその隣の半島の国しかないっつーの。それに、
イスラムの敵は、アメリカと、そして、ウイグル人を根絶
やしにしようとしているどこかの共産国家でしょうが。
 
まったく、困ったもんです。
 
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/28372741

この記事へのトラックバック一覧です: 国家百年の大計:

« 人民サンダル | トップページ | 酸梅湯 »