フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« (日本製造)(双唱片)(現場) | トップページ | 正義は勝つ!W杯予選編 »

正義は勝つ!

見事にWBCを連覇した日本。キューバ、アメリカ、韓国を倒しての堂々の優勝。大会の運営方法には改善する余地が多々あるものの、面白い試合が多かった。対戦相手のことは、あまりとやかく言いたくはないが、神聖なマウンドに旗を立て、お子さまランチ状態にする下品なチームは負けて当然である。大体、第1回のWBCでも同じ愚行を働いて、その後見事に負けているんだから、少しは学習しろよ。

おまけに、負けてからもイチャモンばかりつけているし。グッドルーザーになれないチームには、チャンピオンになる資格はない。しかし、サッカーにしろ野球にしろ、あの国と試合をすると、勝っても負けても気分が悪いので、あまりかかわりたくないな。個人個人と接してみると、いい奴も多いのだが、集団になると何であんなにお行儀が悪いんだろ?

さて、WBCで盛り上がっていたのは、日韓と中南米の一部の国だけだが、中国でも「WBC? 何じゃそりゃ?」程度のものだろう。しかし、野球が超マイナースポーツの中国でも、一応報道はされているようだ。

 

棒球経典賽鈴木一朗千金打 日本延長賽勝韓国衛冕

 

あまりなじみのない単語だが、「衛冕( wei4mian3 )」は、スポーツ競技で連覇するという意味の動詞らしい。「千金打」ってのは、日本語に割りと近い表現だな。

で、この記事についているコメントをざっと眺めてみたが、案外まともな内容の書き込みが多いからつまらん。例によって、日本や韓国という字を見るだけで条件反射する憤青もいるのだが、中国の野球おたくみたいなのもいて、日本チームや中心選手のイチローを好意的に評価している。

あとは、「野球?ルールがよく分からん」というものや、「野球って、よく分からないけど、海賊版のドラえもんによく出てくるアレだろ?」なんてのもある。「日本は嫌いだけど、日本の野球はすぐれているから、中国も学ぶべきだ」なんてのも(お前ら、いちいちひと言余計なんだよ!)。

普段は中国を批判することが多い私だが、今回のWBCを見る限り、中国の野球はものすごいスピードで進化していると思う。基本に忠実なプレーをしていたし、全力で走る中国選手の姿は、ガラの悪い半島の選手と違って見ていて気持ちがよかった。あと何年かしたら、日本もそう簡単には勝てなくなるかもしれないし、日本のプロでプレーする中国人選手が出てくるかもしれない。 

野球が世界のマイナースポーツから脱却するには、世界一の人口を抱える中国での普及が不可欠だろうが、それも難しいだろうな。何しろ、ルールが非常に複雑で難しいし、用具が高価である。小学生の頃から野球に親しんでいる私も、ボークの細かな規則なんてさっぱり分からんし、タッチアップのルールを中国人に説明しろといわれても至難の業である。それに、せっかちで気の短い中国人が、野球のようなのんびりしたスポーツに興味を示すとも思えん。

ルールが極めて単純で、ボール1個あればどこでもできるサッカーと違い、野球が世界的なスポーツになるのは難しいし、次のWBCでも、盛り上がるのは、やっぱり日韓と中南米くらいなんだろうな。

 

« (日本製造)(双唱片)(現場) | トップページ | 正義は勝つ!W杯予選編 »

スポーツ」カテゴリの記事

中国語あれこれ」カテゴリの記事

コメント

日本にとっては超・おいしくて、
相手国にとっては超・つまらない展開でしたな。
あの国の言葉は全く分からないのだが、
仮に分かったとして、その国のBBS・ブログその他が
覗けたとしたら、
まあ何年か前のワールドカップサッカーの時の様な
罵倒合戦が手に取るように分かったのだろう。

これは自戒もこめて書くのですが、
平素から分をわきまえた言動をとっておかないと
いざこういう結果に終わったときに、
もはや何を言っても**の遠吠えにしか
聞こえない・相手にしてもらえない、ということは
認識しておくべきでしょうな。
そもそも試合の結果は勝者にしか語る権利は
ありません。

しかしわざわざロスなんかで、
アメリカと何の関係もないアジアの二国が
決戦だなんて、
アメリカ人にとっては最も面白くない
WBCであったに違いない。
わはははは。

朝鮮日報や中央日報の日本語版で、WBC関連の記事を見る
となかなか面白いですよ。日本に勝つことだけが生き甲斐の
人たちだから、日本に負けるのが死ぬほど悔しいのでしょう。
 
悔しいのは分からんでもないですが、そこはぐっとこらえて、
勝者を称えるっていうメンタリティはないようですな。
この点については、同じ反日中華思想国家でも中国の方がな
んぼかマシです。 

百歩譲って
勝者を称える、は別段やってくれなくても結構。
ただ、相手への罵倒はいただけません。

やるならせいぜい
自国チームの戦犯探しだけに
留まっていただきたいものです。
それなら日本だってよくあることだし。

WBC準優勝でも、十分賞賛に値する偉業なので、自国の
チームの健闘を称えるのは当然として、そこでやめときゃ
いいのに。ま、こういうチームは、負けて当然でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/28797814

この記事へのトラックバック一覧です: 正義は勝つ!:

« (日本製造)(双唱片)(現場) | トップページ | 正義は勝つ!W杯予選編 »