フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 長野の旅4 怒涛の善光寺編 | トップページ | す、す »

インフル流行ればゴム屋がもうかる

新型インフルエンザで大騒ぎの我が日本国だが、ここ関西では、学校が休校になったのと、マスク姿の人が多いこと以外は、別に普段と変わらない生活が続いています。メディアも行政も、マスクをしろとうるさいが、私はマスクはしていません。感染防止に役立つか否かについては諸説あるようだし、そんなに感染が怖けりゃ外出しなければいいだけの話です。たしかに、感染症を侮ってはいかんが、どいつもこいつも、ちょっと騒ぎすぎなんじゃないの?

メディアの大宣伝のおかげで、関西に観光に来る人が大幅に減少し、京都や奈良の観光地では閑古鳥が鳴いているとか。ちょうどいい機会なので、前から一度行きたかったUSJに行って遊んできました。いつもは修学旅行生や他の地方の観光客でにぎわうUSJも、さすがに人もそれほど多くなく、人気のアトラクションもほとんど待たずに入場できました。ターミネーターやジョーズ、ウォーターワールドなどのアトラクションは、手が込んでいて、迫力があり、なかなか楽しかったです。

ただ、従業員の質などアトラクション以外の面では、千葉のネズミーランドに遠く及びません。東のネズミーランド、西のUSJとはいうものの、テーマパークとしての充実度では、横綱と小結くらいの大きな差があります。あ、もちろん、北京のパクリーランドに比べりゃ、USJがあらゆる面で圧勝ですが(そんなもの比べるなって?)。

ちなみに、私がUSJに行った日には、日本人客は多くなかったものの、場内ではあちこちから韓国語、広東語が聞こえてきましたし、西洋人の姿もよく見かけました。北京語を話す人もいたけれど、数では広東語が完全に上回っていました。やはり、ビザのいらない香港人と違って、大陸人にとって、USJは、まだまだ敷居が高い存在なのかもしれません。

さて、今回のインフル騒動について、大陸のとあるメディアは、こんな風に報じています。

 

  大阪府和神戸市教委已経組織了一些教師巡邏隊上街囲堵逛街的学生,敦促他們回家休息,防止感染新型流感。但是学生的家長們担憂,譲孩子們整天在家“約会”,更容易出懐孕之類的事情来。最近一段時間,神戸、大阪地区在口罩脱銷的同時,避孕套的銷量也出現大幅上升。

 

ここしばらく、神戸、大阪では、マスクが売り切れになると同時に、コンドームの売り上げが大幅に上昇しています、だと…。

 

おい、環球時報、そんな話聞いたことないぞ。どうせ日本のことだから、何書いてもバレないとタカをくくっているんだろうけど、ふざけたこと書いてんじゃねえぞ!一人っ子政策をしても人口が増え続けるどこかの独裁国家と一緒にするんじゃねえ、ボケ!

ってことで、よい子のみなさんは、外出の際はマスクを忘れずに(私は、悪い子なので、マスクなんぞしませんが)。

 

« 長野の旅4 怒涛の善光寺編 | トップページ | す、す »

中国語あれこれ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

前にも書いたような気がしますが、
こういう流行り病に出会すと、
かつてのS●RSの狂乱騒ぎを
どうしても思い出してしまう。
あの時も、マスク製造業は
降って沸いたような俄か特需で
複雑な気持ちだったんじゃないだろうか。

あの時に比べりゃ、致死率なんて比較にならないし、
ここまで大騒ぎをする必要も必然性も
全くなかったはずなのですが、
珍しい病気に出遭うと、人間どうしても
殊更に盛り上がってしまうみたいで。
こちら関東圏でも、症状が認められた生徒が通う
学校に、何をトチ狂ったか抗議の電話なんて
かけた輩がいるみたいで。
何に抗議がしたかったのか、そこまでヒマじゃないので
詳しく見てはいませんが、まあレベルの低い電話で
あったろうことは、間違いのないことです。
平和な事だな、我が日本も。

ところで環球時報とやらは、
確か前にも何か別の話題で、愛国なスカタン記事を
載せていたように記憶していますが、
今回もまた下らない記事を載せて、
一部の愛国少年少女の精神浄化に一役かって
いるようですな。

近々、中国からお客様が来る予定でいるので、
話題にしてやろうかな。
お国にはこんな新聞があるらしいですね、とか
何とか言って。

週明け以降、マスク姿の人が目に見えて減りました。
感染のリスクが急激に減少するはずなどないはずなのに、
マスクをするのも飽きちゃったんですかね?

さて、環球時報のアホニュースをプリントアウトして、
じっくり読んでみました。内容は完全に捏造ですが、
中国語の勉強にはなります。

しかし、大阪のカラオケ店の前に学生が数十人列を作っ
ているとは、大阪人の私も初耳です。この地球上には、
大阪という地名の町が他にもあるのでしょうか?

こんな捏造ニュースを見て、また、頭の悪い憤青が、

「やっぱり、小日本は変態だ、バカだ」

と言って喜ぶのでしょうな。

って、そこら中エロ床屋と保健用品商店と野鶏だらけの
国の奴らだけには言われたくないわい。
 

老板さん、どうされたのかなあ・・・
もうしばらく、更新がストップして
しまっているなあ。
何か、あったんだろうか。
元気に大陸を漫遊、ならいいんだけどなあ。

中国の話題は何もありませんが、
最近、古~いシンセを一台、
オークションで一万以下で落札しました。
いい音がしています。

ごめんなさい。ただ単に、忙しさにかまけて更新をサボってた
だけです。古いシンセってのは、DX7とかいうやつですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/29766927

この記事へのトラックバック一覧です: インフル流行ればゴム屋がもうかる:

« 長野の旅4 怒涛の善光寺編 | トップページ | す、す »