フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

なぜかシャーメン

飛行機が着陸態勢に入ると、ほどなくマカオのネオンぎらぎらカジノ街が見えてきた。しかし、窓の外はものすごい雨で、雨の音が機内にまで響いている。風も強いらしく、機体は思いっ切り揺れている。若干、というか、かなり怖い。

はたして、着陸寸前に機体は再び急上昇し、マカオの上空をぐるぐる回っている。何度か着陸を試みるも、その度に降下と急上昇を繰り返している。機内では女性が悲鳴を上げ、ガキんちょは泣いている。う~む、ついにワシも年貢の納め時か、まさかマカオの海の藻屑となるとは、なんて考えていたら、機内アナウンスがあった。台風の接近による悪天候のため、マカオ空港には着陸できないので、「当機は、アモイ高崎空港に緊急着陸しま~す」とのこと。

何でアモイやねん? もっと近い空港なんぼでもあるやろ、とは思ったが、とりあえず海の藻屑にはならずに済みそうである。乗客は、「アモイ? どこやねんそれ?」なんて騒いでいたが、1時間少し後に飛行機はアモイ高崎空港に緊急着陸。

 

0908040018_800  

 

今ごろ、マカオでエッグタルトでも食っていたはずが、まさかいきなりアモイに連れてこられようとはねえ。人生とは分からんものだ。

大陸の大都市らしく、アモイの空気は悪い(ま、北京よりはマシだが)。 おまけに、着陸後の健康チェックの列に並んでいた時に、一度咳払いしただけで、インフルチェックを強制的に受けさせられ、体温計を口に突っ込まれた。あ、あの、その体温計、ちゃんと消毒してまんのか? インフルより、そっちの方が怖いねんけど…、とつぶやいても、悪いところだけは共産主義大陸の能面服務員にそんな懸念が伝わるわけはない。

まあ、何とか無罪放免され、入国手続き後、到着口を出て待っておくようにとの指示があった。

 

0908040019_800

 

すでに現地時間22時過ぎ。

実は、この日は、出発前日の夕方から出発当日の朝の5時までオールナイトで飲んでおり、ほとんど寝ていない(単なる自業自得だが…)。帰宅後シャワーを浴び、速攻で荷造りして、関空行きの電車に飛び乗った。疲れた。そして、眠い。寝床にありつけるのは一体いつになるのやら?

 

マカオ航空NX837

マカオは、香港の陰に隠れて存在感が薄いのか、客席には6割程度の乗客しかいない。大丈夫かマカオ航空。

スッチーはなぜかマスク姿。

 

0908040008_800  0908040009_800

 

日本人スッチーは律儀にマスクをきちんと着用していたが、中国人スッチーは、マスクを着けたり外したり、あごに引っ掛けたりしていた。お国柄というか何というか。そんなんじゃ、マスクしてもあんまり意味ないんじゃないの?

空いていたおかげで、3人がけの席を一人で使えた。ラッキー。いや、まあ、きれいなおねいさんが隣に座ってくれるなら何も異存はないが、無駄に声がでかく下品でビール腹の中国おやじでも横に座ってこようものなら、マカオまでの3時間半は拷問そのものである。

出てきたビールは、スーパードライ。

 

0908040007_800  

 

海外仕様のためか、ラベル書きは全て英語である。燕京ビールの紙コップにスーパードライとは、なんか変な感じだな。

 

そして、機内食。

 

0908040010_800  

 

別にうまくもなければ、まずくもない。ただ、乗客を物扱いする魔大陸系の航空会社が出すエサよりは、なんぼかマシではある。この機内食は、日本で積み込んだのかと思ったが、復路も全く同じ内容だったので、往復ともマカオで積み込んだらしい。

そして、食後のコーヒー。

 

0908040016_800  

 

大陸の航空会社の便でコーヒーを頼むと、甘~いネスカフェが出てくるが、マカオ航空はコーヒーと砂糖がちゃんと別々に出てきた。

しかし、

 

0908040014_800  

 

このお菓子は、甘すぎた。

甘党の私ですら思わずおえっとなりそうな甘さである。やはり、お菓子は日本製が一番うまい。 

さらに、嘔吐袋。

 

0908040005_800

 

もうちょっと他に名前の付け方があるやろ、と思うんだが…。ちなみに、大陸系の航空会社は、清潔袋という名前である。この点に関してだけは、大陸の方がまともである。  

ビールをおかわりし、ほろ酔い加減で気持ち良くなってきたところで、大陸の明かりが見えてきた。マカオにはもうすぐ着くはずである。

 

出発

去年は会えなかった北京の友人に会って、カオヤーを食うために、今年も北京経由で昆明へ行こうともくろんでいた。しかし、北京⇔昆明線は確保できるが、大阪⇔北京線は軒並み満席である。旅行会社の人によると、この時期は里帰りの中国人が多く、北京線は満席になるとのこと。普段は日本からなかなか出て行こうとしないくせに、余計な時だけ帰るんじゃねえよオマエら。

Yahoo!トラベルで別ルートを探してみた結果、上海経由も広州経由も結構高い。夏だからしゃーないかなと思っていたら、マカオ経由桂林行きマカオ航空のチケットが3万6000円という格安で出ていた。桂林⇔昆明は、現地で何とかすればいいとして、このルートだと、往復ともマカオに泊まる羽目になる。

大阪ーマカオ NX837 16:30-20:00 毎日運行
マカオー桂林 NX192 16:20-17:40 月水木土日運行

桂林ーマカオ NX191 18:30-19:50 月水木土日運行
マカオー大阪 NX838 11:00-15:30 毎日運行

ギャンブルは嫌いだからマカオには別に興味はないし、両替面倒くさそうだし、普通話が通じるのかどうか分からんし、ギャングがドンパチやってそうだし、物価高そうだし、あんまり気が向かなかったが、桂林まで往復3万6000円という価格は魅力である。堂島の旅行会社で桂林までのチケットを手配し、一路マカオに旅立つことにした。

大阪の空の玄関関西空港は快晴で、マカオ航空NX837は、定刻よりやや遅れて離陸。

 

0908040001_800  

 

と、ここまでは順調な空の旅だったが…。

 

プラハカフェ

とりあえず、プラハカフェの写真を撮ってきたので、アップしておきます。昔からある老舗のカフェですが、今年も健在でした。

よく考えると、私、このカフェって入ったことないんですよね。店の前は、これでもかというほど通りましたが。

 

0908160176_800

 

 

ゴボウチャンプルー

ブログを更新せずに放置しているので、

ついに死んだのか?ヽ(´▽`)/

期待する思う人がいるかもしれないけれど、あと100年はくたばらないつもりなので、どうぞご心配なく。

わたしゃ、もうすぐ日本に帰りますが、例の国のとある町に滞在しております。

昨日、お世話になった人に、なんちゃって日本菜としてゴーヤチャンプルーとキュウリの酢の物を作ってあげたら、思いのほか好評でした。で、今日の夜は朋友を呼ぶから、また何か日本菜を作ってくれ、と頼まれており、非常に困っています。

私は、料理は結構好きなので、簡単な家庭料理ならほとんど作ることができますが、何せこの国では、材料も調味料も手に入りません。キンピラゴボウを作ろうかと思ったら、この国ではゴボウはほとんど手に入らないことが分かり、愕然としております。そういや、農貿市場でゴボウを見かけたことはありません。インターネットで調べてみると、この国のゴボウは、ほとんど全て日本へ出口されるようです。

この国の民曰く、

「牛蒡って、聞いたことはあるけど、見たことも食べたこともないんだよ」とのことです。

ゴボウは、体にいい野菜なんだから、もっと食えよオマエら。

また、日本の家庭料理の代表格である肉じゃがなんて甘い料理が、油ギトギト激辛フードを食いなれている連中の口に合うとは思えません。日式カレーライスなら、まあ、それなりに口に合うとは思うんですが、はたしてルーが手に入るのか? 昼からウォルマートにでも逝って探してみるか。ついでに、町で一番大きな農貿市場でゴボウを探してみます(どうせないと思うけど)。まあ、なかったら、にんじんのキンピラでもいいかも。

 

 

 

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »