フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« マカオ航空NX837 | トップページ | ごねる小日本@アモイ »

なぜかシャーメン

飛行機が着陸態勢に入ると、ほどなくマカオのネオンぎらぎらカジノ街が見えてきた。しかし、窓の外はものすごい雨で、雨の音が機内にまで響いている。風も強いらしく、機体は思いっ切り揺れている。若干、というか、かなり怖い。

はたして、着陸寸前に機体は再び急上昇し、マカオの上空をぐるぐる回っている。何度か着陸を試みるも、その度に降下と急上昇を繰り返している。機内では女性が悲鳴を上げ、ガキんちょは泣いている。う~む、ついにワシも年貢の納め時か、まさかマカオの海の藻屑となるとは、なんて考えていたら、機内アナウンスがあった。台風の接近による悪天候のため、マカオ空港には着陸できないので、「当機は、アモイ高崎空港に緊急着陸しま~す」とのこと。

何でアモイやねん? もっと近い空港なんぼでもあるやろ、とは思ったが、とりあえず海の藻屑にはならずに済みそうである。乗客は、「アモイ? どこやねんそれ?」なんて騒いでいたが、1時間少し後に飛行機はアモイ高崎空港に緊急着陸。

 

0908040018_800  

 

今ごろ、マカオでエッグタルトでも食っていたはずが、まさかいきなりアモイに連れてこられようとはねえ。人生とは分からんものだ。

大陸の大都市らしく、アモイの空気は悪い(ま、北京よりはマシだが)。 おまけに、着陸後の健康チェックの列に並んでいた時に、一度咳払いしただけで、インフルチェックを強制的に受けさせられ、体温計を口に突っ込まれた。あ、あの、その体温計、ちゃんと消毒してまんのか? インフルより、そっちの方が怖いねんけど…、とつぶやいても、悪いところだけは共産主義大陸の能面服務員にそんな懸念が伝わるわけはない。

まあ、何とか無罪放免され、入国手続き後、到着口を出て待っておくようにとの指示があった。

 

0908040019_800

 

すでに現地時間22時過ぎ。

実は、この日は、出発前日の夕方から出発当日の朝の5時までオールナイトで飲んでおり、ほとんど寝ていない(単なる自業自得だが…)。帰宅後シャワーを浴び、速攻で荷造りして、関空行きの電車に飛び乗った。疲れた。そして、眠い。寝床にありつけるのは一体いつになるのやら?

 

« マカオ航空NX837 | トップページ | ごねる小日本@アモイ »

中国の旅2009」カテゴリの記事

厦門(アモイ)」カテゴリの記事

澳門(マカオ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/31141156

この記事へのトラックバック一覧です: なぜかシャーメン:

« マカオ航空NX837 | トップページ | ごねる小日本@アモイ »