フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 2009年8月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年9月

桂林山睡甲天下

さっさと通過する予定だった桂林だったが、仲の良い現地の友人がいるので、日本を出る前に一応Eメールを送っておいた。しかし、返事は届かず、桂林市内に着いてからもその人の携帯に何度か連絡してみたが、携帯は電源が切れたままつながらなかった(日本に帰ってからしばらくすると、いきなりその人から国際電話がかかってきた。メールはたまにしか見ないし、携帯の調子も悪かったらしい)。そうなると、もう桂林に用事はない。

中山路の中国銀行で両替を済ませ、銀行の隣にあった旅行会社で翌々日の昆明行きの航空券を買う。やはり、890元。桂林⇔昆明は、乗客が多い割にはフライト数が少なく、航空券も高いようだ。elong で検索しても、昆明には2便しか飛んでいない。

寝不足と移動で疲れていたし、暑くて出歩く気もしないので、桂林ではひたすら寝ることにした。同じ部屋に泊っていた日本人の大学生君と2度夕食に出かけた以外は、二段ベッドの上段で爆睡。ほんとよく寝た。こんなに寝たのは何年振りかと思うくらいよく寝た。

 

桂林駅。

 

065_1024

 

桂林駅の切符売り場。

 

066_1024 

 

陽朔行きのバス。

 

067_1024  

 

桂林市内にいてもすることがないので、陽朔まで出て、郊外の村でもぶらぶらしようかと思ったが、そこまでの気力が出てこなかった。暑さと疲れがあったとはいえ、旅先での一歩を躊躇するようになってしまったとは、我ながら年を感じるなあ。 

このバス乗り場のすぐ近くでは、ウイグル人がナン売りの屋台を出しており、桂林を出る際に私も買ってみたが、香ばしくて非常においしかった。たしか、大きなナンが、1個3元くらいだったか。桂林に行く機会のある人は、駅前をぶらぶらするとウイグル人がナンを焼いているので、ぜひ試してもらいたい。うまかったので、写真撮っておけば良かったな。

 

 

5度目の桂林

ただ単に安いチケットがあったというだけの理由で桂林に来たが、桂林に来るのは実に5度目である。観光地を除けば、華南の田舎町で、別に嫌いな町ではないのだが、とにかく暑い。今さら漓江下りでもあるまいし、当日券を買って、その日の内に昆明に移動するつもりだった。

しかし、空港のチケット売り場で聞いてみると、当日はもうフライトがないらしく、明日の便なら1枚だけチケットが残っているとのこと。890元。結構高いな。しかも、手持ちの人民元は600元ほどしかない。

 

「じゃあ、そのチケット欲しいねんけど、両替所はどこ?」

「1階に銀行があるけど、今日はもう閉まっているわよ」

 

そういや、到着口を出ると中国銀行があったが、マカオからの便が着いた時間にはもう閉店していた。マカオは中国に返還されたとはいえ、飛行機は国際線扱いである。国際線が着く時間に両替所が開いていないって、どんな国際空港やねん?

しかも、窓口のねえちゃんと問答を続けているうちに、1枚しかなかったチケットは売れてしまったらしく、桂林に足止めされることになった。こんなことなら、TCにこだわらずに、アモイで両替しておけばよかった。それより、カードを使えばよかった(この国でカードなんか使うと、スキミングされそうな気がするので、カードは使いたくはないのだが)。

仕方ない。この日は桂林に泊らざるをえないので、班車(リムジン)という名のただのボロいミニバスに乗って市内へ出る。空港から市内までは1時間弱の距離だが、20元。この国、何でこんなに交通費が高いんだろ?   

市内少し手前で、道路工事のため大渋滞。何でこんな田舎町で渋滞するんじゃ? この国、まったく、どこに行っても工事だらけである。工事の時間や方法を工夫すれば、渋滞を避けることができるような気がするんだが、そんな合理性を求めるのは無理というものか。

桂林駅近くのユースにチェックイン。

 

062_1024

 

2人部屋で1人35元。昨夜の五つ星ホテルからは一気に格下げだが、エアコンもシャワーもあるし、寝るには十分である。桂林とくれば、やはり漓泉ビール3.5元。こう暑いとビールでも飲まなやっとれんわい。

 

 

 

まぼろしのマカオ

マカオ→桂林マカオ航空NX192は、16:20にマカオを出て、17:40に桂林に到着する予定である。関空→マカオのフライトが予定通り飛んでいれば、夜8時にマカオに着き、マカオで1泊。翌日は、午前中マカオをぶらぶらして、夕方にマカオを出るつもりであった。

しかし、関空→マカオのフライトがアモイにダイバート。アモイからマカオに到着したのは、昼の2時過ぎだった。乗り継ぎの時間が迫っているので、空港から出る時間はない。マカオの入国審査後、すぐに桂林行きにチェックインして、出国審査。出たり入ったりで、マカオ滞在はわずか2時間。初マカオは、パスポートに2個のハンコを押され、空港の中をウロウロしただけで終わった。何をやっとんじゃ、おれは?

ま、しゃーない。泣く子と天気には勝てん。 

 

マカオ空港の出発ロビー。

 

0908050052_800  

 

マカオ空港を利用したことのある人はそう多くないと思うけど、設備は新しいが、小さな田舎の空港である。活気はあまりない。 

 

0908050056_800  

 

空港アナウンスは、普通話と英語で、広東語のアナウンスはなかった。

 

台湾の格安航空会社復興航空。

 

0908050054_800

 

出発ロビーにあった両替屋。

 

0908050053_800

 

新聞を見ると、1香港ドルは12円ちょっとなのだが、日本の銀行のこのレートはひどいな。香港やマカオに行く人は、日本の空港で両替すると大損するよ。

桂林へのフライトは、中途半端な時間だったこともあり、機内食はなし。

出てきたビールは青島。 

 

0908050058_800

 

定刻通りにマカオを出た飛行機は、クソ暑い桂林に到着。

 

0908050060_800

 

マカオ空港も田舎の空港だったが、桂林空港はそれ以上に田舎の空港である。 

 

いざマカオ

結局、飛行機がアモイ空港を離陸したのは、午後1時近くになっていた。マカオまでは1時間少しのフライトだが、一応機内食が出てきた。

 

0908050040_800  

 

アモイ空港で積み込んだのだろう。お世辞にもうまいとは言えない。ありていに言うと、まずいが、移動中は食えるときに食っておかないと、メシを食いはぐれることが多い。ありがたくいただく。

毛布には、「CABIN USE ONLY」の文字が。

 

0908050042_800   

 

そう書いておかないと、ホテルの備品を根こそぎ持ち去ることで有名なあの国の人民が持って帰るのか?

 

まもなく、マカオの町が見えてきた。

 

0908050045_800  

 

飛行機は、小雨のマカオ空港に無事着陸。

 

0908050047_800  

 

マカオ空港は、関空と同じく海面を埋め立てて作った海上空港である。関空を離陸し、マカオまで3時間半で到着するはずだったが、実に約22時間かかった。 

 

マカオの入国審査。

 

0908050051_800  

 

入国審査官は、一言も発することなく、パスポートを放り投げて返してきた。最近は、あの大陸の入国審査でも笑顔で「ニイハオ」と言われることがあるので(大陸の場合は、上からの指示で体面だけ取り繕っているにせよ)、マカオのお役人の態度は褒められたものではない。マカオは、観光とギャンブルと売春で成り立っているんだから、もうちょっと愛想良くした方がいいんじゃないか。

ちなみに、日本人は、入国審査も税関もほぼフリーパス。ノービザで3か月間マカオに滞在できる。ま、マカオに3か月も滞在する奴は、あんまりおらんやろうけど。 

到着口を出ると、左手に観光案内所があったので、マカオの地図をもらう。さて、いざマカオの町に出て、カジノで大もうけし、エッグタルトとポートワインとエロサウナでウハウハ人生が始まるはずだったが…。

 

 

 

さらばアモイ

当初の予定では、10時半にホテルを出発し、空港に向かうことになっていた。朝食バイキングで大食いして、部屋でゴロゴロしていたら、電話がかかってきた。

「予定が変わり、9時45分出発になりました」

時計を見ると、すでに9時45分である。なめとんか。もっと早よ言え。まったく、この国は、万事この調子である。

ロビーに下りると、同じ便に乗っていた乗客の姿はない。みんな、もうバスに乗り込んだようだ。焦りながらバスを探して乗り込むが、全員揃うまで時間がかかり、運転手はのんびりタバコをふかしており、出発する様子などない。結局、バスが出たのは、10時半過ぎだった。

アモイの街並み。

 

0908050029_800  

 

同じ便の乗客は、大陸が初めての人も多く、交通ルール完全無視の人民が縦横無尽に車道を行き交う姿を見て目を丸くしている。私は、人民の交通マナーの悪さにすっかり慣れてしまい、何とも思わなくなっていたのだが、あのカオスは、ごく普通の日本人には驚きの対象であるらしい。

ホテルは空港のそばだったので、空港にはすぐ着いた。

 

昨日と全く同じ便にチェックイン。

 

0908050030_800  

 

空港の待合室には、いかにも怪しげなキティちゃんが並んでいる。

 

0908050032_800  0908050033_800

 

一応、名目だけは国際空港なんだから、こういうのを売るのはまずいんじゃないの?

駐機場には、全日空の飛行機が。

 

0908050034_800  

 

外国で日本の飛行機を見ると、別に自分が乗るわけではないのに、なぜだかホッとする。やっぱり、自分は日本人なんだな。 

 

アモイ空港は、中国の他の大都市の空港と同じく、住宅街のすぐそばにある。

 

0908050037_800  

 

何かあったら大惨事間違いなしである。とにかく、人だけは無駄に多い国なので、人民が100人単位で死んだって、没問題なんだろう。とにかく、個人が尊重されないし、命の値段が安い。そんな国に住む人民が、他人を尊重したり、他人の命を大事にするはずはない。

さて、わずか10数時間のアモイ滞在だったが、夜中に到着し、空港とホテルを往復しただけなので、全く何も見ていない。以前から、機会があれば訪れてみたい町ではあったが、まさかこんな形でアモイに来るとは思わなかった。今度この町に来るのは、一体いつになるのだろう?

 

 

 

翔鷺国際大酒店

アモイのホテルは、さすがに五つ星だけあって、部屋も豪華である。

 

0908050020_800

 

大型の液晶テレビは、偉大なる中国共産党に都合の悪い場面になると突然画面が真っ暗になるけどNHKも受信できる。

 

0908050021_800

 

機内食を食べただけなので腹は減っていたが、疲れていたので、シャワーを浴び、ホテルの裏の雑貨屋で買ったビールを飲んで寝る。残念ながら、電話でホテル専属の小姐を呼んで不純異性交遊にいそしんだり、ホテルの裏のエロ床屋に遊びに逝って、夜の日中友好に励んだりはしていない。疲れ果てて、ビールを買いに行くのがやっとだった。

 

0908050023_800

 

金威ビール1本3.5元。よく冷えていてうまい。アモイのビールかと思ったが、深センの会社が作っているビールらしい。中国元を持っていて良かった。中国も年々物価が高くなるが、ビールの値段だけは、昔も今も日本円で50円ほどで、ほとんど変わらない。しかし、旅先で飲むビールって、何でこんなにうまいんだろうな。

朝食のバイキングも、品数が多くうまかったが、レストランには、なぜかドラえもんが。

 

0908050024_800

 

五つ星とはいえ、このへんがいかにも中国だな。

 

ホテルの外観はこんな感じ。

 

0908050028_800

 

もう二度と来ることはないだろうけど、居心地のいいホテルではあった。しかし、フロントで外貨を両替しようと思ったら、TCは受け付けてくれなかった。二つ星のホテルでもTCを両替してくれるところはある。どんな五つ星ホテルや? 

中国銀行が近くにあるか聞いてみたが、タクシーで行かないと無理だと言われた。結局、アモイでの両替はあきらめた。手持ちの中国元は600元ほど。現金を数万円持っていたので、TCにこだわらずに、ここで両替しておけばよかった、と後で後悔することになる。

 

ごねる小日本@アモイ

アモイ空港への緊急着陸については、同じ便に乗っていたエロ日本人が、某海外風俗系サイトのBBSにこんなレポートを書いていた。

 

投稿者/ **

関空を無事出発したが、マカオ空港台風の為着陸出来ず

急遽廈門空港へ緊急着陸。(20:00マカオ到着予定が廈門到着22:30)

今日は疲れた。(手配してくれたホテルはめちゃ豪華)

明日は無事マカオに着けるかな?

 

投稿者/ ++

マカオ到着、14時過ぎですね。お疲れ様です。
もしよろしければ、ダイバート(臨時着陸)の様子や理由・対応など、カキコミしてもらえませんか?
一人者には、シングルの部屋がもらえたのですか? 費用は? 
よろしくお願いします

 

投稿者/ **

飛行機は結構揺れました。

マカオ空港に着陸チャレンジ何回かしたけどだめでした。

その後、アモイへの行き先変更の、機内アナウンスがありました。

マカオ航空就航の近隣空港(桂林、台北、高雄の方が近いのにと思ったが)

(台風のため行き先変更。機材トラブルではありません)

機内は約8割の搭乗率。(女性のグループ、珠海へのゴルフ組みも結構いました)

地図を見る者、アモイってドコ?CAに詰め寄る者、機内はざわつき始めました。

マカオへの入国書類、健康質問表は記入だったが、中国への入国書類、健康質問表

を配られたのでここで記入。

アモイ空港は風もなく、曇り。

機内で30分位待たされてアモイ入国。

CA達は乗客に気を使うことなくホテル行きのバスに1番に乗り込む。

ホテル到着後もCA達は乗客を誘導することもなく、1番にチェックイン。

ホテルにチェックインするときに、一人部屋だと200元必要だといわれ

しぶしぶOK。(デポジット500元も要求された。)

ホテルは翔鷺国際大酒店(アモイ ザ・グランドホテル)結構豪華。

翌日の予定も説明なくここで解散。

腹が減ったので近くの便利店でビールとつまみを買って一人で食べた。

(たまたま中国元を持っていたので助かった)

翌日9;45分に電話が鳴り、9;45分ロビー集合とふざけた電話。

急いで支度をしロビー集合。

マカオには14;00に着きました。

明日帰国なのにまた台風8号接近中。

もうアモイには行きたくない!!

 

 

機内及びアモイでの様子は、概ねこの方が書いている通りである。

 

>CA達は乗客に気を使うことなくホテル行きのバスに1番に乗り込む。

>ホテル到着後もCA達は乗客を誘導することもなく、1番にチェックイン。

 

これが中国人空姐なら、まあ、とりたてて驚くことでもないのだが、マカオ航空大阪⇔マカオ線のスッチーの半数は、日本人である。それが、同胞の日本人乗客を放ったらかして、我先にバスに乗り込み、まだホテルにチェックインしていない乗客がたくさんいるのに、真っ先にホテルにチェックインして、客室に消えていった。

私は、旅先でのトラブルには慣れているし、中国語もできるし、中国元も持っている。仮にアモイの街中に放り出されても、自分で何とか対処できるが、ほとんどの乗客は中国語なんか話せないし、マカオに遊びに行く人たちなので中国元など持っていないだろう。

日本人の感覚からすれば、バスには乗客を誘導した後に乗り込み、きちんと人数確認。ホテルでも乗客のチェックインを手伝うくらいはやってもよさそうなものだ。もちろん、スッチーのおねえさん達が疲れているのも分かるが、いきなりアモイに連れてこられた乗客の立場からすれば、マカオ航空のスッチーは無責任そのものである。日系の航空会社でこんなことをすれば、首にはならないまでも、始末書は確実だろう。大陸系よりマシとはいえ、さすがは中華系のキャリアである。

ただ、今考えると、日本人スッチーの対応は大いに問題ありと思うのだが、実は現場では何とも思わなかった。中国だからこんなもんだろ、と思い込んでいたのだろう。どうも、私の頭の中はかなり中国化しているらしく、日本人の平均的な感覚からはズレていたようだ。

レポートにもあるように、マカオ航空が手配したのは、翔鷺国際大酒店(アモイ ザ・グランドホテル)。いかにも高そうなホテルだったが、日本に帰ってから調べると、五つ星らしい。

さて、少し調べてみると、悪天候などの理由で、ダイバート(代替空港への緊急着陸)の際は、航空会社がホテル等を手配するのが通例らしい。別に好き好んでこんな所に来た訳ではない以上、そりゃ、まあそうだろ。同じ便に乗っていた客は、ほとんどが団体ないしグループ客で、ホテルのフロントに搭乗券を見せて、すんなりチェックインしている。

しかし、レポートに

 

>ホテルにチェックインするときに、一人部屋だと200元必要だといわれ

>しぶしぶOK。(デポジット500元も要求された。)

 

とあるように、1人の場合は200元の追加料金を払えということである。おいおい、ちょっと待て。他の客はタダで宿泊できるのに、何でオレ様だけカネを払わんといかんのだ? 豪華な部屋だったし、マカオでのホテル代が浮いたので、200元くらい払っても構わんのだが、金額の問題ではない。自分だけ200元取られるというのは、明らかに不公平である。

団体ツアーに1人で参加して、1人部屋追加料金を払うのは、自らの意思によるものなので、何の不満もない。しかし、誰も好き好んでアモイに来たわけじゃない。本来なら、今ごろマカオのカジノで一攫千金、そしてマカオ名物エロサウナで王様遊びを堪能していたはずなのだ。ここで大人しく引き下がると、中国おたくの名がすたる。疲れていたし、眠かったが、徹底抗戦して、マカオ航空の現地職員のサル顔の男相手にごねることにした。

 

「こらっ、何でオレだけ200元払わなあかんねん? 他の奴ら、みんなタダで泊まってるやんけ!? 」

「そういう規則なんだから仕方ないだろ! 大人しく200元払え」

「アホか、お前。オレ、別にアモイなんか来たくて来たんとちゃうっちゅうねん。お前ら、こんな時のために保険掛けてるんやろ。乗客を何や思てんねん?」

「保険なんかないよ。とにかく大人しく200元払え」

「不行!不行!不行!絶対不行! そんなん誰が払うかっちゅうねん? ダメダメダメ、絶対にダメ! お前がどうにかするまで引き下がらんからな!」

 

埒が明かないので、中途半端な中国語はやめて、日本語でごねることにした。もちろん、サル顔は日本語など話せないが、こっちが怒っていることを伝えるには日本語で十分である。それに、ヘタに中国語を使うと、くだらん反論に付き合わされる羽目になる。

さて、さすがは五つ星ホテルだけあって、フロントには日本語のできる服務員もいて、

 

「お気持ちはよく分かります」

 

と私に同情してくれる。周りを見渡すと、他の乗客はみんな客室に消え、ロビーに残っているのは私だけである。

 

「こらっ、サル顔、どうにかしろ!? ああん?」

「(ホントうるせえな、この小日本…)。残っているのはお前だけか? ああ、もう分かった。カネは払わなくてもいいよ」

 

ごねること15分。小日本があまりにもうるさいので、サル顔もあきらめたようだ。

ってことで、免費で五つ星ホテルに宿泊し、ツインルームを1人で使うことになった。別にこのサル顔がホテル代を払う訳ではない。払うのはマカオ航空である。遠慮することなど何もない。

この国、基本的に図々しくて声の大きい者が勝つ。謙譲の美徳なんざ通用しない。自分が正しいと思ったら、自分の正当性をとことん主張しよう。

 

« 2009年8月 | トップページ | 2009年12月 »