フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

教育的配慮

偉大なる中華人民共和国で圧倒的シェアを占める偉大なる検索エンジン百度で、ちょっとだけいかがわしい言葉を検索したら、

 

根据相关法律法规和政策,部分搜索结果未予显示。

  

こんなお達しが出てきた。

いったい、どんな結果が「未予显示」なのかしら?

見るなと言われれば、見たくなるのが人情というものだが、偉大なる中華人民共和国では、偉大なる共産党様が、私のような愚か者を有害情報から防御してくれる。

共産党万歳!

ちなみに、私が検索してみたのは、「天安門◯件」や「法◯功」といった政治的に敏感な言葉などではなく、「巨乳」であります。

 

珠海の安全地帯

華南のエロタウン珠海で私が泊まったのは、蓮花路という通りだったらしい。日本に帰ってから調べてみると、エロタウン珠海でも屈指の歓楽街とのこと。道理で鶏さんが多いわけだ。

その蓮花路で適当に探して泊まった宿、拱北鸿兴商务酒店。

 

272_1024 273_1024

 

たしか、1泊150元ほどだったか。物価の安い雲南と違って、沿岸部の珠海は宿代も高い。最近改装したばかりで、なかなか快適な部屋ではあった。服務員の態度もまあまあ。着いたのが遅かったからか、珠海でのご乱行で有名な某キ○◯ン株式会社の駐在員様が鶏さんを全て押さえてしまったからか、不純異性交遊の勧誘電話はかかってこなかった。

 

そんな珠海の生暖かい夜明け。

 

285_1024

 

朝からクソ暑い。お天道様もスモッグでかすんでいる。

 

朝の蓮花路。

 

288_1024

 

夜になると鶏さんやポン引き、サギ師、その他有象無象でにぎやかなこの通りも、早朝はさすがに静かである。通りはゴミだらけだが、日本と違って、なぜかカラスの姿は見かけない。空を飛ぶ物は飛行機以外はすべて食う国だから、やっぱり、中国人様に食われてしもたんか?

 

蓮花路にあった「安全地帯 成人用品」。

 

286_1024

 

安全とは無縁のこの国で安全地帯とは、これいかに?

 

287_1024

 

さすがのエロ大国でも、早朝から成人用品を買いに来る奴はいないらしく、安全地帯も閉まってました。

 

「巨乳排球」

今日は、あちゃらの大年夜で、今さっき中国人とMSNの音声チャットで話していたら、爆竹の音が聞こえてきました。日本人には全く理解できんが、あんたら、ほんと好きやなあ、爆竹。

で、大年夜とも春節とも何の関係もないが、しばらく前に話題になった日本映画「おっぱいバレー」は、中国語で「巨乳排球」というらしい。何のひねりもないというか、そのままというか、ワビサビがないというか。日本語のひらがなやカタカナの持つ語感を漢字で表現するのは、やはり不可能なのね。

 

Photo_3  

 

この映画、前から見たかったのだが、中国の動画サイトで検索したら、やっぱり、おっぱい、いや、いっぱいころがってました。ご丁寧に中国語の字幕がついているので、中国語の勉強がてら、観てみようかな。

しかし、私が中学生で、綾瀬はるかみたいな美人教師が学校にいたら、毎日チョー張り切って登校するだろうな。映画の中の話とはいえ、うらやましい。

ってことで、皆々様、祝大家新年快楽!

 

 

夜の珠海

夜の珠海といっても、

 

「珠海 小姐 写真」「珠海 エロ」

 

なんかをキーワードに検索して、このブログにたどり着いた人が期待するようなエロ画像は出てきません。あしからず。

 

珠海で飲んだ海珠ビール。

 

283_1024

 

何で珠海ビールじゃなくて海珠ビールなのかよく分からんが、まあ結構うまかった。

 

謎の日本料理ラウンジ「伝説」のそばにあったたこ焼き屋。

 

280_1024

 

閉店間際だったので、味の方はチェックしていません。まあ、中国で見かけるたこ焼きは、ほぼ例外なく油どぼどぼのたこ揚げ状態なので、間違いなく不味い日本人の口には合わんでしょうが。大体、真夏のクソ暑い珠海でたこ焼きなんざ食う気はしません。

 

マカオとのボーダー。

 

281_1024  

 

珠海からマカオまでは、歩いて入境でき、ここのボーダーも昼間は中国人でごった返しているが、夜になると、人気もなく静かである。っていうか、人だけは無駄に多い人ならいくらでもいるんだから、ボーダーくらい一晩中開けとけよ。

夜の珠海は、ほんと鶏さんと宿の客引きしかいませんでした。しかも、夜になっても、異常に蒸し暑い。華南独特のねっちょりした湿気+環境対策一切お構いなしの工場からガンガン出てくるスモッグで空気最悪。私のような小日本がこの町に住んだら、まず間違いなく早死にするでしょう。現地の中国人は、耐性ができてそうだから、あんな劣悪な環境でも長生きするんだろうな。

そんな珠海の印象は、

1、暑い

2、鶏だらけ

3、空気悪い

ってとこですが(この国の他の町の印象と大して変わらんか?)、よく考えたら、私、珠海出身の小姐に知り合いがおったんや。その人の前では、こんなこと口が裂けても言えんな。

いや、まあ、私が知らんだけで、珠海は、案外いい所かもしれませんです(もう遅いって?)。

 

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »