フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« Enter Sandman(爆睡する服務員) | トップページ | 再見!我的愛人 »

Murder in the skies(空飛ぶ中国紳士)

中国はでかい(チベットなどの不法占拠地域を除くと日本の約13倍くらいか? )。その割には交通機関の高速化は進んでいないので(ヘタに高速化すると重大事故が頻発するだけという気もする。ってゆーか、まともに報道しないだけで、今でも頻発してるって?)、列車にしろバスにしろ飛行機にしろ、移動には時間がかかる。そして、中国人には、社交的な人が多いので、移動中に周囲の人々と世間話をするのは、中国の旅の楽しみでもある。しかし、違う人から同じ質問を何度もされたり、初対面の外国人に向かって、

 

小日本が中国で何をしたか知ってるか?

小日本は南京で30万人殺した

小日本は、中国の発展に嫉妬しているから、わざと不良品を輸出している

 

などなど無礼なことを言って、イチャモンを付けてくるアフォも少なくないので、正直言って、人民との交流には若干食傷気味である。まったく、

 

自分が生まれる何十年も前のことをゴチャゴチャ言われても、そんなこと知るかいな?

30万人も住んでいない町で、どうやって30万人殺すねん?

お前らこそ、毒餃子事件についてさっさと謝罪しろ!

食い物の恨みは怖いぞ!

大体、お前らの同胞が日本で何をしているのか知ってんのか!?

日本の刑務所は中国人だらけやっちゅうねん!

いい加減にしろ!

ヴォケ!

凸(`Д´メ)

 

と言いたいところだが、

都合の悪い情報からは徹底的に遮断されている連中にこんなこと言っても無駄なので、失礼な奴は無視するしかないのが現状であります(ただ単に私が気の弱い小市民なので、面と向かって言えないだけという説もありますが…、そんな私も、結構言い返してきましたが、共産党にこってり洗脳されている連中には何を言っても無駄だと悟りました)。 

ただ、周囲の乗客に恵まれると、中国の旅は楽しいのも事実。親切な人も多く、別れ際には、思わずうるっとなりそうなこともあります。まったく、何かと難しい国であります。

桂林から昆明までは南方航空で移動したが、隣り合わせたのは、ビューチホーな小姐ではなく、デブの中華おやじである。搭乗後も無駄にでっかい声で携帯電話で話し続け、機内食が出れば、口を全開にしてクッチャクッチャと音を立てて食べている。物を食べるときは口を閉じなさいと教えてもろてへんのか? ああん?

 

078_1024  

 

フェイチーが墜落しても、こんなおやじの隣では死んでも死にきれんな。もし私が、必殺仕事人や007やゴルゴ13なら、このおやじを間違いなく消去しているであろう。

っていうか、偉大なる中国共産党様、反日教育をしたり、グーグルにくだらんヤカラを入れている暇があったら、こいつらを何とかしなさい。

 

 

 

« Enter Sandman(爆睡する服務員) | トップページ | 再見!我的愛人 »

中国の旅2009」カテゴリの記事

昆明」カテゴリの記事

桂林」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/33879914

この記事へのトラックバック一覧です: Murder in the skies(空飛ぶ中国紳士):

« Enter Sandman(爆睡する服務員) | トップページ | 再見!我的愛人 »