フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

世界人民大団結万歳

韓国がウルグアイに負けたが、中国のネット上にはこんな声が。

 

http://comment.titan24.com/10/87/63/1/1/10/1.htm

 

体坛江苏省无锡市网友 [58.214.28.*] 2010-06-27 00:46:36

乌拉圭本来就是传统强队。希望小鬼子也早点回家!

もともとウルグアイは強豪チームだからね。小鬼子(日本の蔑称)も、さっさと(負けて、日本に)帰っちまいな。

→無錫の憤青君も、まさか自分の書いたこんな文章が日本語に訳されて、小日本のブログにさらされているなんて、夢にも思っていないだろうな。

  

体坛湖北省武汉市网友[221.232.171.*] 2010-06-27 00:41:49

韩国好厉害啊~但是。。。中国也加油~!

韓国は凄かったよ。でも、中国もがんばれ~!

→一体、中国が、何をかんばるねん!? 

 

体坛未知网友[183.2.231.*] 2010-06-27 00:39:08

做为中国人,我为韩国的输感到万分高兴!最好小日也快点回家去

中国人として、韓国が負けて非常に嬉しい!小日本もさっさと帰ればいいんだよ

→中日関係だけでなく、近隣諸国との友好を重視し、世界平和のために身を粉にして働いしている、偉大なる胡錦濤閣下、おたくんとこの人民が、こんなん書いてまっせ。 

 

体坛浙江省台州市网友[220.185.205.*] 2010-06-27 00:25:41

是我想要的结果

俺様が最も待ち望んだ結果だぜ

→他人の不幸を待ち望む中国人様。 

 

体坛北京市网友[61.135.127.*] 2010-06-27 00:21:12

这次裁判也没有帮助韩国队啊。 

今度は、審判も韓国を助けてくれなかったね。

→言うまでもなく、2002年の日韓大会で、韓国がインチキをしまくったことへの嫌味である。中国人は、日韓大会で韓国が審判を買収したと思っている(ってゆーか、韓国の「快進撃」をのんきに喜んでいたのは、世界でも日本人だけだと思うが…。韓国人は、日本がトルコに負けて、涙を流して喜んでいた。反日国家の連中の考えていることは、よく分からんわい)。

   

体坛山西省网友[118.81.196.*] 2010-06-27 00:19:48

韩国败了希望小日本败的比韩国更惨

韓国も負けたし、小日本はもっとボロ負けすればいいんだよ

→もし中国が出ていたら、5-0 くらいにされた時点で、中華民族伝統のカンフーサッカーを始めて、前代未聞の反則負けになったりして。まあ、中国様がワールドカップに再び出るには、あと4000年かかるかもしらんけど。 

 

体坛北京市网友[221.220.249.*] 2010-06-27 00:17:00

恭喜乌拉圭队进八强!

ウルグアイ8強進出おめでとう!

→何で中国人がウルグアイを祝うのか不明だが(いや、もちろん、大っ嫌いな韓国が負けて嬉しいんだろうけど)、韓国や日本を罵倒しないだけ、ましってことなのかな?

  

少数ながら、まともな意見も。

 

体坛山东省青岛市网友[60.209.241.*] 2010-06-27 00:12:42

韩国打的不错,值得尊敬

韓国はよくやったよ。尊敬に値する。

→フランスやイタリアなどの強豪国が予選リーグで敗退する中、予選リーグを突破して、決勝トーナメントに駒を進めたのは素晴らしいことだと思うぞ。少なくとも、アジア地区最終予選にも出場できなかったどこかの某独裁国家の少林サッカーチームよりは評価されるのは間違いない。

  

体坛吉林省长春市网友[122.139.103.*] 2010-06-27 00:05:18

韩国打得荡气回肠,就是缺了一个前锋 

韓国のプレーには感銘を受けた。でも、(いい)フォワードが1人足りなかったね。

→まあ、その通り。韓国は、コンディションが良くなかったのか、選手の動きに精彩を欠いていたかな。 

 

そういや、北京の天安門に、でっかい字で何か書いてあったよな。「偉大的中華人民共和国万歳」と、あともう1つなんだっけ!?

たしか、「世界人民大団結万歳」だったっけ!?

やっぱ、アレは、「除了小日本和高麗棒子以外、世界人民大団結万歳」っていう意味なんだろうな。 

 

日本 3-1 デンマーク

いやあ、勝った勝った!
チーム状態が上向いていたし、局面局面で数的優位を作ってボールを奪う守備が機能していたので、ひょっとしたら勝つかもしれないなとは思っていたが、まさか3-1で完勝するとは(まあ、デンマークがアジアの弱小国をなめていて、自滅した感もあるけど…)。昨夜イタリアの試合を見るのをあきらめて、早く寝た甲斐があった。長居のセルビア戦でチョーつまんない試合を見せられて、おまけに香川を招集しないという暴挙に出た岡田監督だが、本番で見事な結果を出したからいいことにしよう。

次は、南米の強豪パラグアイ。ブラジルやアルゼンチンのような華やかさはないが、したたかで勝負強いチームである。トルシエ時代に南米選手権でボコボコにされた記憶があるが、絶対に勝てない相手でもない。

うっとうしい梅雨のこの時期に、楽しみが1つ増えたではないか。

しかし、眠いなwobbly

 

 

You can't live your life in a day

南アフリカW杯開催中ということで、W杯特番が連日放送されているが、ゲストとしてよく見かけるのが、元日本代表の森島寛晃と宮本恒靖である。サッカー界で一番腰が低いといわれるモリシと、体育会系にしては珍しくインテリのツネ様。2人とも、メディア受けするキャラクターなんだろう。

 

その宮本ツネ様

 

010_1024

 

ちょうどこの頃、所属するヴィッセル神戸でレギュラーから外れて、サテライト(まあ、野球でいう2軍みたいなもん)の練習試合で、大阪市内のセレッソ大阪練習場に来ていた。

 

009_1024

 

出番がないとふてくされる選手が多いJリーグだが、ツネ様は、練習試合の後、敵地にもかかわらず、嫌な顔ひとつせず、写真撮影やサインに応じていた。まだまだ寒い3月、しかも練習試合でボロ負けした後である。

「あの~、一緒にピースしてもらっていいですかあ~?」

というアホギャルのごむたいな要求にも応えて、苦笑いしながらピースしていた。あの濃い顔で大阪弁コテコテだが、さすがはスター選手。ツネ様は、ファンを大事にする。いい人である。

ツネ様といえば、2002年W杯日韓大会や、共産党に洗脳されたアホ阿Qどもが、ホスト国にあるまじき無礼な振る舞いで暴れまくった2004年アジアカップ中国大会の日本代表キャプテンだったが、あのクソ暑い夏からもう6年も経つのか。

君が代にブーイングし、日の丸を燃やし、日本人観客に物を投げつけ、挙句の果てに日本大使の公用車を破壊。まったく、中国は、最低なホスト国だった。やっぱり、独裁国家で国際的なスポーツ大会など開くものではない。中国がW杯開催国に立候補しなかったのは、中国にしては珍しく英断だった(代表チームがどうしようもなく弱いくせに、暴力沙汰ばかり起こすし、観客が救いようのないほどアホなので、さすがに厚顔無恥な中国様も、国の恥を全世界にさらすのが嫌だったんだろうけど…)。








 

 




Astronomy domine

みなさん、ワールドカップ見てますか?

私は、開幕前は何となく冷めていたんですが、いざ大会が始まると、帰宅後はテレビにかじりついております。我らが日本国はもちろん、多くの国が、守備的な布陣を敷いて、慎重な戦い方をしているので、正直言って、サッカーとしてはそれほど面白い試合が展開されているわけではありません。格闘技なんかがとくにそうですが、ガチンコの真剣勝負ってのは、あんまり面白くないものです。

純粋に競技レベルだけの次元で見れば、欧州の主要リーグやUEFAチャンピオンズリーグ、欧州選手権なんかの方が、ずっと見応えがあります。しかし、やはり、世界最大のスポーツの祭典だけあって、独特の緊張感があります。テレビの画面から伝わる選手の気迫は、国の名誉と威信、そして出場選手の大会後の就職先の確保をかけたワールドカップならではです。

さて、日本が初戦のカメルーン戦に勝った後で、中国のネット上の声を少し見てみましたが、

 

中国も、日韓を見習おう。

日本も韓国も勝っているのに、中国ときたら…。

 

という比較的まともなものが一番多かったが、

 

小日本は南京で(以下同文)。

小日本を皆殺しにしろ。

 

という、おなじみの発狂系中華メッセージもあり、また、

 

勝ったことは勝ったけど、試合自体はつまんなかったね。

日本も、これからは中田や中村じゃなく、本田の時代だね。

 

という、それなりに正鵠を射ているものもありました(めんどくさいので、原文は紹介しません。見たい人は、百度なんかを使って、自力で探してください)。

 

4月に大阪の長居で行われたセルビア戦

 

028_1024  

 

セレッソ大阪のエースで、W杯後のドイツ移籍が決定している香川真司目当てで前売りを買ったのだが、リーグ戦でゴールを量産していた香川は招集されず。呼ばれた選手はまるでやる気なし。しかも、セルビアの2軍にボロ負け。ほんとひどい試合でした。

 

君が代を歌ったエグザイルの何とかっていう人(ファンの人ごめんなさい。興味がないので、誰なのか分かりません)。

 

031_1024

 

ダラダラととりとめのないことを書きましたが、4年に1度のワールドカップくらいは、堅いこと言わずに楽しめばいいんじゃないでしょうか。お祭りですからね。

 

Belgian Tom's hat trick

いよいよワールドカップ南アフリカ大会が始まる。わが日本国は、代表チームの低調もあって、イマイチ盛り上がりに欠けるが、偉大なる中国様では、13億、いや実は15億人くらいいるのに弱すぎて、ブラジルにユニフォーム交換を拒否された自国のチームが出ないにもかかわらず、日本以上に盛り上がっている(はずである。中国にいないので、自分の目で見たわけではないが、まあ間違いないだろう。昨日、音声チャットで話したら、中国人もそう言ってたし)。

なぜそんなに盛り上がっているのかというと、みんな、大金を賭けて、バクチをやっているからである。

日本ではあまり知られていないが、偉大なる中国人様は、小日本など比べものにならないほど、バクチ大好き民族である。ついでながら、アヘン戦争の歴史が示すように、麻薬も大好きである。

で、なぜそんなにバクチが大好きなのかというと、偉大なる中国人様は、楽して大金を手にすることを美徳とする国民性を持っているからである。

あ、毎度おなじみですが、以上、中国おたくのただの妄言です。

 

中国隊加油!

 

って、中国、出てねえって?

 

北京汚染ピック男子サッカー 中国様VSニュージーランド戦を中継する洗脳テレビ

 

Yunnan20080274_1024

 

って、中国、ニュージーに負けてるじゃねえか!?

 

あ、ついでという訳ではないけど、最近の中国代表は、結構いいサッカーしてます。日本も、もし次の予選で中国と当たったら、かなり苦労すると思う。これ、ホント。 

 

Over the mountain

大理古城の南側、城壁を出たあたりに、鍋料理のレストランが何軒か並んでいる。

 

Yunnan20080147_1024

 

一塔の後ろに見えるのが、富士山より高い蒼山である。排ガス規制関係なしの東風トラックや環境対策没関係の工場がたれ流すスモッグのおかげで空が土色をしている北京や上海と違い、景色も空気もいい。水道の蛇口をひねると泥水が出てくる上海と違って、水もおいしい。

まあ、こんなところにも、韓国料理屋があるので、

 

Yunnan20080158_1024  

 

若干、キムチ臭い気もするが…。しかし、半島の人は、日本ではバクチ以外の何物でもない朝鮮玉入れで日本人からかすめ取ったお金を将軍様にせっせと送り、核ミサイルの資金源にしているのに、やっぱり宗主国の中国様が相手だと、あこぎな商売はでけへんのか?  

ま、そんなことはどうでもいいんだが、大理名物の鍋料理といえば、砂鍋魚である。よせ鍋に鯉をぶち込んだ、ワビサビのカケラもない豪快な料理である。鍋の中にはこんな魚が丸ごと入っている。

 

Yunnan20080157_1024

 

上海や広州などの沿岸部では、海の魚も比較的簡単に手に入るが、内陸に来ると、新鮮な海鮮を見ることはほとんどない。魚といえば、川魚である。しかし、川魚って、泥臭いから、あんまりうまくないんだよなあ(っていうか、はっきり言って、まずい…)。 

だから、大理で鍋料理を食べるときも、魚抜きの砂鍋豆腐を頼むことがほとんどである。日本にいるとそのありがたみがよく分からないけど、四方を海に囲まれ、新鮮な海の幸が簡単に手に入る日本ってのは、実に恵まれた国なんだろうな。

 

 

 

好侍百夢多カレー

大理の新市街下関にあるウォルマート

 

236_1024

 

ムダに広い店内には、モノがあふれ、買い物客でにぎわっている。値段も安く、商品の品質も中国にしてはまともである。そこらへんの屋台や市場みたいに、ガイジンやヨソ者にインチキ製品を法外な値段で売りつけたりしないので、まあ安心して買い物ができる。それでも、よく見たら、中国名物偽ミッキーサンダルなんかを売ってたけど…。

 

そのウォルマートで見つけた、好侍百夢多カレー

 

238_1024  

 

さすがに日系のメーカーが作っているだけあって、ハワ又バー毛ソトカしーのように、アヴァンギャルドな日本語表記はない。外観もまともだし、味も日本で売っているものとほとんど変わらなかった。値段は、たしか5元ほど。中国の物価を考えると、若干高いかなという気もする。 

甘ったるい日式カレーが、年がら年中トウガラシで真っ赤になっている料理を食べている雲南人の口に合うかどうか若干不安だったが、案外好評だった。私が日本に帰ってからも、自分たちでルーを買ってきてカレーを作ることもあるらしいので、彼らの食文化に受け入れられる素地はあるんだろう。

 

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »