フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

Train Kept A Rollin’(大理→麗江列車の旅)

毛沢山先生のブログでは、中国のパクリ新幹線乗車記が紹介されており、

 

http://blog.goo.ne.jp/emjes/e/20940a6909d440d0d51dfee8c02d63fa?fm=rss

 

パクリ新幹線に乗ったことのない私は、非常に興味深く拝読したのだが(事故が起きたら、パクリのくせに全ての責任は小日本にある、謝罪と賠償!とかぬかしやがりそうなので、別に乗りたくないけど…)、ど田舎の雲南にはパクリ新幹線のような高級な列車などない。山奥をチンタラ走っているのは、昔ながらの人民列車である。

 

大理駅の待合室で列車を待つ田舎もん丸出しの人民ギャル。

 

370_1024

 

大理から麗江には、バスだと3時間半かかり、料金も40元くらいするのだが、最近人民を無理やり立ち退かせて開通した列車だと、所要時間1時間半で、料金も19元と格安である。

 

372_1024

 

でも、本数が少なく、駅までの交通が不便なので、利用者はそんなに多くないようだ。

 

371_1024

 

昆明から1時間ほど遅れて大理に着いた麗江行きの列車は、大理駅でほとんどの客が降りてしまった。

 

373_1024

 

無座の切符で乗り込んだが、車内はガラガラである。

 

374_1024

 

使われている車両は、年季の入った緑皮車。

 

375_1024

 

私が初めて中国の列車に乗ったのは、偉大なる共産党が天安門広場で人民を虫ケラのように虐殺した六四天安門事件の少し前、1989年の2月だが、そのころと全く同じ車両である。ひょっとして、文革のころから同じ列車使ってるんとちゃうんか?

 

376_1024

 

混んでいても空いていても、物売りだけはマメにやってくる。さすが金儲けだけには熱心な中国人! 

 

377_1024  

 

昔は、車内販売で瓶ビールを売っていたが、この日は缶ビールしか見かけなかった。人民が窓から空き瓶をポイポイ捨てるので、危険防止のために販売を自粛しているのだろうか?

列車は、アル海という大きな湖の東側を走る。

 

384_1024

 

有無を言わさずに人民を立ち退かせるので、カーブが少ないし、中国の列車は、たしか標準軌を採用していて、日本の在来線よりレールの幅が広かったと思うので、乗り心地は悪くない。パクリ新幹線と違って、最下層の人民しか乗っていないので、乗客のマナーはサル以下だけど。

 

385_1024

 

景色はきれいなのだが、車内はゴミだらけである。もうすぐ終点なので、食堂車の服務員もやる気なし。

 

390_1024

 

一家揃って爆睡する人民ファミリー。

 

391_1024

 

何つーか、ホントどこでもよく寝る民族だな。

 

列車は、当初の予定より大幅に遅れて、大雨の麗江東駅に到着。

 

392_1024_2

 

この駅を利用するのは初めてだが、かなり町外れにあるらしく、周囲は真っ暗である。

 

393_1024

 

列車が遅れて、しかも大雨のため、人民もいらだっている。

 

394_1024

 

田舎の駅には、怒号が飛び交っていた。やっぱり、この国、どこに行っても移動は一苦労である。金満NHKが国民からふんだくった受信料を中国でばらまいて作った「中国鉄道大紀行」のように、のんびり旅ができるのは、テレビの中だけである。

 

雲南ダック2010

今週末も、悪徳独裁政府に洗脳された反日土人が騒いでいたようだが、コイツら、他にすることないんだろうな。洗脳教育と権力闘争のあおりを受けて、標的にされる我々としては迷惑極まりないが、収集がつかんようになって、独裁国家が崩壊すりゃいい。尖閣諸島への侵略&反日デモという名の破壊行為を目の当たりにして、のんきでお人好しの日本人も、中国が異常な国だと理解しただろう。私のような中国おたくの変人はともかく、まともな人は、中国や中国人とはかかわらない方が身のためである。

大体、「留学生の父」と呼ばれた恩人を、カネのために平気で殺す連中なんだから。何度も言ってるけど、中国(人)をヘタに信用したら、痛い目に遭いまっせ~。もちろん、みんながみんな悪い奴ではない。いい人も多い。しかし、一般的に、日本人には、いい中国人と悪い中国人の区別がつきにくい。それができる自信のない人は、中国(人)には近寄らない方がいい。 

さて、その中国は雲南大理の泰興市場というきったない農貿市場には、雲南ダックを売る店が数件並んでいる。その中の1つが、この达继莲烤鸭店。

 

207_1024

 

店先には、こんな感じでカオヤーがぶら下がっており、

 

205_1024

 

中国でよく見る光景だが、店番の人数だけは必要以上に多い。

 

206_1024

 

私が並んでいた数分間の間にも、客がひっきりなしにやって来たので、それなりにはやっている店のようだった。

店の横には、こんな感じで窯が並んでいる。

 

208_1024

 

この店で買った雲南ダック15元。

 

224_1024

 

日本では、チェーン店の居酒屋で鶏唐すら食えない値段だが、中国は、封建的な戸籍制度で農民を田舎に縛り付けて徹底的に搾取し、さらにムチャクチャな為替操作で人民元を安く抑えていることもあり(もし、元高を容認すると、ただでさえ多い失業者が爆発的に増加し、国内が大混乱になって、悪徳政権が崩壊するのは目に見えているから、ハニトラでもレアアースの輸出制限でも使える手段は何でも使って元安を死守すると思うけど…)、カオヤーを1羽買っても日本円で200円以下である。あ、もちろん、辺境の雲南と沿岸部の上海やら北京とでは、天と地ほどの経済格差があるので、沿岸部ではもっと高いだろうけど。

この雲南ダックは、ビールのアテにちょうどいいので、よく食うのだが、どこの店で買っても、値段も味も似たようなものだった。うまいよ。

 

 

成人用品 Adult thing

数年ぶりに、ある中国人の女の子からメールが届いた。知り合った当時は、湖南省かどこかの田舎の大学生で、夏休みを利用して、私が泊まっていた安宿で英語の実地訓練&アルバイトをしていた。インチキ臭い中国語を話す小日本が珍しいのが、私に何かとちょっかいを出してきて、結構仲良くなった。仕事でミスをして落ち込むと、私の隣に座ってきて、ポロポロと大粒の涙を流して泣いたかと思えば、すぐに元気になってケラケラと笑ったりと、喜怒哀楽が激しい、いかにも中国人らしい女の子だった。

お世辞にも美人とはいえない容姿だったが、中国人の女の子は、人懐っこい子が多くてなかなか可愛らしい(念のため言っておくけど、何もしとらんぞ!)。その後しばらくは連絡があったが、広州に出て、小学校のセンセをしていると便りがあった後は、連絡がなくなった。彼氏でもできたか、仕事が忙しいんだろうなと思い、私も、その女の子のことはすっかり忘れてはいたが、今でも自分のことを覚えていてくれているのは嬉しいものだ。また、そのうち、一度顔でも見に行ってみようかな(ま、久々に連絡があったかと思うと、金貸してくれ、絶対返すから、なんて言ってくるのが中国人なんだが)。

 

そんな中国の田舎町にあった成人用品商店。

 

482_1024

 

何だ、Adult thing ってのは? 大人のおもちゃって、英語じゃ adult toy  とか sex toy って言うんじゃなかったか? このデタラメな英語と、普通の商店の隣に大人のおもちゃ屋が並んでいるのが、日本の偏向メディアはもとより、中国の洗脳メディアも報じない、真実の中国の姿なのである。

で、久々に連絡をくれた中国の女の子と Adult thing 屋が何か関係があるのかというと、根本没関係です。何となく思いついたから書いただけ。

 

偉大なるマオ主席とヤクヨーグルト

何やら、魔大陸の内陸都市で、悪徳政府に洗脳・扇動された反日土人がまた暴れていたようだが、反日しか不満のはけ口がないのだから、気の済むまでやればいいんじゃないだろうか。2005年の反日暴動の際には、大使館や領事館・日本料理店などを破壊されても、「日本が悪いから仕方がない」と、土人の暴挙に対して、およそ理解不能な理解を示していた反日日本人もいたが、今回はなぜかそういう声は聞かない。

反日日本人のみなさん、悪徳政府のプロパガンダの片棒を担ぐなら、徹底的にやった方がいいんじゃないか? 何事も中途半端はよろしくない。それにしても、お役人の腐敗や貧富の格差の拡大、お役人と黒社会とデベロッパーが結託した強制立ち退きや環境破壊等を糾弾する愛国デモや、劉暁波さんの釈放を要求する愛国デモは絶対に起きないのに、外国とのモメ事限定で、突如「愛国青年」が大挙して出現し、悪徳政府が愛国青年の熱情に「理解を示す」この不思議。ジャイアント馬場に背中を叩かれた前座レスラーが、自分からロープに走り出し、16文キックに吹っ飛ばされて悶絶したふりをしていた、かつての全日本プロレス以上の茶番である。

というのは、反中右翼の妄言である。ファンキー末吉氏によると、「中国人は自分の頭でものを考え、日本人は偏向メディアの情報を鵜呑みにしている」そうなので、今回の破壊行為も、自分の頭でものを考えた中国人が、愛国の熱情にかられて行動した結果なのである。悪いのは全て小日本で、中国は常に正しく、そして、常に被害者なのである。

 

そんな中国様の紙幣に描かれ、天安門に肖像画が掲げてある、虐殺ロリコンハゲ偉大なるマオ主席。

 

492_1024

 

そのマオ主席の対面にある店で売っていたヤクのヨーグルト。

 

493_1024

 

5元と食料品の安い中国ではぼったくり価格だが、ものは試しと1瓶買って飲んでみた。しかし、普通の牛乳で作ったヨーグルトと全く同じ味がする。ひょっとすると、これ、一応、ヤクのヨーグルトと銘打ってはいるが、実は、何の変哲もない乳牛のミルクで作ったヨーグルトとちゃうんか!?

ま、腹を壊すことはなかったし、もう口にすることはないだろうから、別にええねんけど。

 

昆明の長い夜と中国の変死体

香港から地下鉄で羅湖まで出て、陸路でボーダーを越えて大陸に入ったが、深センにはパチもんを買ったり、内陸の貧しい農村から出てきた戸籍のないおねえちゃん相手に不純異性交遊、いや、夜の中日友好懇親会を開催する以外に用事はない。クソ暑い華南はさっさとスルーして、涼しい雲南に向かうべく、当日券を買って深セン空港で離陸を待った。

 

085_1024

 

しかし、案の定、深セン航空の飛行機は数時間の遅れ。空港では、ろくなアナウンスもなく、飛行機を待つ乗客に配られたのは350ml の水だけ。さすがは大陸の国内線である。嫌なら乗るなってことだろう。大陸のキャリアに比べれば、エアインチキインディアの方が100万倍ましである。

 

086_1024

 

昆明行きの飛行機が離陸したのは、日付が変わるころだった。この国の飛行機がまともに飛ぶはずはないと予測して、晩メシをかなり早い時間に食っておいたので、ひもじい思いをすることはなかった。

 

092_1024

 

機内食はこんな感じの軽食だが、ほとんど手をつけていない。飛行機は雨の昆明空港に無事着陸した。タラップを降り、空港ビルへ向かうバスに乗り込むと、こんなおっさんが乗っていた。

 

093_1024

 

写真が不鮮明なのが申し訳ないが、このおっさん、おルイ・ヴィトンのベルトをしている。世界のおルイ・ヴィトンも、永遠に発展し続ける中国様を無視できないのか、中国国内限定でおっさん用のベルトを販売しているらしい。この国、反独裁政府・反共産党以外は、何でもありである。

託送の荷物を受け取ると、もうとっくに深夜1時を過ぎている。外は雨。ホテルを探そうかと思ったが、朝一番で昆明から出るつもりだったので、空港ビルの中で夜を明かすことにした。

 

空港内に放置されている変死体、いや、私と同じように昆明空港で夜を明かす中国人様。

 

095_1024

 

ちなみに、ここ、映画「単騎、千里を走る。」で、健さんが、出迎えに来た中国人ガイドの女と話しながら歩いていた場所である。警備員もいるし、とりあえず何も起きそうにないが、こいつら、こんな所でよく眠れるな。

 

096_1024

 

うら若き乙女も、中国おたくの小日本の隣で爆睡。蚊がいたので、私はほとんど眠れなかった。こういう状況で爆睡できるようになれば 、あなたも今日から憧れの中国人ってことだろう。やっぱ、残念ながら、わたしゃ、中国人にゃなれんな。まだまだ修行が足りんわ。

 

雲南の植物2010

劉暁波さんノーベル平和賞受賞のニュースを聞いて、思わずガッツポーズをしてしまったが、その後の悪徳中国政府の反応がおとなしめなので、ちょっくら拍子抜け。小日本相手におイタをしすぎたのが世界からヒンシュクを買ったのが、さすがにこたえたのだろうか。共産党の上の方の人は、権力闘争と公金横領と愛人を囲うのに忙しいし、おそろしく腹黒い連中だが、悪知恵だけはよく働く。世界の国が中国製品を買わなくなり、外資が中国から資金や技術を引き上げると、悪の独裁政権が崩壊することを、彼らはよく知っている。中国の「経済発展」は、上海のハリボテビルと同じで、外見だけは立派で、中味はすっからかんだからである。

また、中国様は、普段は何かにつけてエバってはいるが、弱い犬ほどよく吠える。実は、中国は、伝統的に外圧には非常に弱い国である。中国人と接する機会の多い人は知っているかもしれないが、少しでも弱みを見せると、とことんつけ込まれるが、こっちが強く出ると、中国人は案外モロい。NHKやCNNなどのノーベル賞関連のニュースを必死で黒く塗りつぶしているのも、外国からの圧力が怖くて仕方がないからなのだろう。劉暁波さんノーベル平和賞受賞は、中国の長い歴史の中で、大きなターニングポイントになるかもしれない。

さて、そんな中国のさいはての地である雲南には、珍しい植物が多い。とくに、ある特定の植物については、愛好家が中国各地や世界各国から観察や採取のために訪れる。

 

231_1024

 

ま、私は、もっぱら写真を撮って観察するだけだが、

 

232_1024

 

採取して乾燥させた植物を漢方薬として服用するのが目的の人も多い。

 

233_1024

 

沿岸部から来た、小金持ちの女子大生なんかが、この植物で作った漢方薬を服用してラリパッパになっているのも、日本の反中偏向マスコミが決して伝えないこの国の現実である(私が、この目で見たんだから仕方がない)。

 

234_1024

 

メンツを重んじる地元政府は、国道沿いや繁華街など目に付く場所では、この植物を熱心に刈り取ってはいるが、少し街外れまで歩くとこんなもんである。しかし、放っておくと、景気良く伸びるもんだな。

 

279_1024

 

大通りの中央分離帯に生えている植物と、赤信号を無視して、横断歩道のない場所を渡ろうとしている少女たち。中国人は、小さい頃から、他人に騙されるな、と口を酸っぱくして教え込まれるが、法やルールを守れとは教えられない。人治国家で法を守っても、得することなど何もないことを、中国人はよく知っているからである。権力者も庶民も、法やルールと名の付くものを一切無視する、無法者国家の中国らしい光景だが、この子たちの未来に幸多からんことを。

 

 

 

愛は何よりも強く~Love Don't Mean a Thing

日本のマスコミは、反中右翼の巣窟で、中国を正しく伝えないので、私が中国の真の姿を正しく伝えることにしよう。

ひと昔前の日本の偏向マスコミは、中国人は、男女関係に関しては非常に保守的であり、小日本のような堕落した資本主義国と違って、中国女性は結婚するまで貞操を固く守っているなどというおとぎ話を伝えていた。しかし、そんなものはウソっぱちである。

一人っ子政策をしても右肩上がりで人口が増え続けることが証明しているように、娯楽が絶対的に少なく、食うか子作りするか反日運動する以外に楽しみのない中国人は、世界屈指の超スキモノ民族である。だからという訳ではないが、中国の町は人民カップルであふれている。

 

列車を待つ人民カップル。

 

108_1024

 

何か、男がやたら貧相なのが気になるが、ちゃんとメシ食ってるんだろうか? 田舎もん丸出しのおねえちゃんが着ているパチもんのキティちゃんTシャツがええ感じである。

 

今の時代、愛国の義憤に燃える中国人といえども、偉大なる毛主席を賞賛する洗脳革命ソングを聞いている訳ではない。ラモーンズを愛する人民パンクスもいるのである。

 

120_1024

 

でも、コイツ、ラモーンズなんか死んでも聞かないだろうな。私も、パンクは苦手なので、ラモーンズは聞いたことありません。

 

中国政府に人間扱いされず、ストレスがたまっている反動なのか、人民カップルは、やたらイチャイチャする。

 

182_1024

 

さかりのついた犬じゃあるまいし、思わず水をかけてやろうかとも思うが、まあ、人間不信のこの国では、ほほえましい光景といえなくもない。しかし、このおねえちゃん、

 

183_1024

 

男とイチャイチャしながら、うまそうに漬け物食ってやがった。中国様の発展に嫉妬する小日本の1人としては、男とデートするのに、何も漬け物食わんでもええんちゃうんか、と思うのだが、愛を語りながら漬け物を食うのが、日本の反中偏向マスコミが絶対に伝えない中国4000年の歴史なのであろう。

 

日本女優専門店

香港の宿の同じ部屋に、広州に駐在している日本人が泊まっていた。何でも、半年前にいきなり広州に飛ばされてきたそうだが、駐在員も、人間不信の暗黒独裁国家は嫌なのか、週末を利用して、ちょくちょく香港に遊びに来ているらしい。その彼と一緒にメシを食って、スターフェリーに乗りに行ったのだが、初香港で右も左も分からない私と違って、彼は、香港の事情にもある程度詳しいようだった。男同士ということで、こんな話になった。

 

「この近くに、夜しかやっていない裏ビデオ屋があるんですよ」

「へ~、そうなんですか!? 怪しいっすね。さすがは香港ですね」

「後で逝ってみますか?」

「逝きます!逝きます!」

 

ってことで、駐在員の彼に、男人街を案内してもらった。 

 

922_1024

 

「日本女優専門店」が、香港人に通じるんだろうか? まあ、正確な意味は分からなくても、漢字を眺めてると、何となくニュアンスは伝わるだろう。漢字は偉大である。

 

「AV天下」

 

923_1024

 

電気屋の隣りにエロビデオ屋があるってのが、香港らしといえばそうなのかな。

 

058_1024

 

見たところ、客は、すべて地元民だったが、「モザイク無(裏DVD)」の意味が分かる奴はおらんだろうな。

男人街には、似たような店が5,6軒ほどあった。店番をしていたおっさんや兄ちゃんに話を聞いてみると、やはり客はほとんど地元の香港人で、それなりに繁盛しているようだ。店の中に並んでいたのは、日本のAV(もちろん、海賊版!)が8割で、後は台湾物や洋物が1割ずつってとこか。

広州で1人悶々とした日々を送っている駐在員の彼は、いかがわしいDVDを数十枚買い込んで広州に戻って行ったが、見終わったDVDを工場のワーカーにでも配れば、その日から、広州でクラスの人気者になるのは間違いないだろう。エロの世界には、国境もなければ、反日もないのである。

 

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »