フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

中国の旅2010

Dealer(雲南の広東料理)

大理古城のはずれに突如出現した広東料理のレストラン。


638_1024


 

屋号の「粤来悦好」は、「越来越好」(ますます良くなった)と同音で、いかにも中国人が好きそうな言葉遊びになっている。「越来越好」は、中国の民謡らしく、江の傭兵の親分である江沢民の二奶(日本語で言うところの愛人)として人民に広く知られている宋祖英なんかが歌っているようだ。



637_1024

 

店先には自家製のチャーシューやローストダックが吊るしてあり、落ち着いた雰囲気で静かに食事ができた。

 

636_1024

 

香港や深センでもよく食べたチャーシュー丼を注文したが、本場の味には及ばないものの、十分に及第点だった。値段もそんなに高くなく、また行くつもりだったが、1年足らずで閉店してしまったようだ。あっさりした広東料理は、激辛フード好きの雲南人の口には合わないのだろう。雲南に憧れて沿岸部から移り住んだ老板が経営していたみたいだが、現実はチャーシューのように甘くはないようで。







 

Deep Purple - Dealer


個人的にはかなり好きなアルバムなんだが、やはりリッチーのいないパープルだからか、早世してしまったトミー・ボーリンと共に過小評価されているような気がする。

Slang(田舎の外資系スーパー)

雲南省大理の新市街下関にあるウォルマートにて。


211_1024


ど田舎の人民の食生活にも洋風化の波が訪れているようだ。右側のハンバーガーは火腿蛋汉堡(ハムたまごバーガー)と表記してある。まあ、まずいだろう。でも、ウォルマートで売ってる普通のパンは、中国にしてはうまいよ。そんなに高くなかったし。


212_1024


3寸披萨饼(3インチピザ)と9寸披萨饼(9インチピザ)。トマトの輪切りはともかく、キュウリの輪切りを載せるのが雲南流なのか? まずそう。


213_1024  

   

泡椒鲳鱼。地元の洱海で採れた淡水魚かと思ったが、鲳鱼はマナガツオのようだ。南蛮漬けみたいなものだと思うが、死ぬほど辛そうなトッピングがライドオンしてるので食わない方が無難だな。


214_1024


手撕鸡。手で裂けるチキンってことか? この類の食い物は、あまりハズレはない。


215_1024


冷凍サンマかと思ったが、表示を確認すると带鱼と書いてある。たぶん、右側のタチウオみたいなのがそうだと思うんだが、雲南人にはサンマとタチウオの区別なんてつかないから没問題なんだろう。ってゆーか、サンマにしろタチウオにしろ、そんなもん火鍋に入れんなよ。


216_1024


炸鸡下腿。これも、それなりには食えそうだ。天下のウォルマートとはいえ、中国名物地溝油で香ばしく揚げてある危険性はあるが。


217_1024


雲南風のお惣菜。見るからに辛そうだが、悪食の私も、辛い物とゲテモノだけはダメなのでパス。


218_1024


のどがし よくりょう。変な日本語使うなっちゅうねん、反日のくせに。


219_1024


 

日式ねりわさび。范冰冰がキャラクターをしている商品もあるようだが、西南唐辛子文化圏の雲南人の味覚に合うんか?


同じ外資系のスーパーとはいえ、毛沢山先生のブログでよく紹介されている江南のスーパーとはビミョーに異なる食い物が並んでるようだ。変な日本語が氾濫しているのは同じだが。それだけ広い国だということなのだろう。上海あたりからだと、日本の方が近いからねえ。




 






Def Leppard - Slang


School's Out(超高校級の高級中学生)

中国関係のニュースを取り上げている「中国・新興国 KINBRICKS NOW」というサイトを見ていたら、中国の大きなお友だちアニメ愛好家の間で、「超高校級」なる日本語が何を意味するかがちょっとした話題になっているらしい。

 
 
 
 

何でも、ゲームが原作の「ダンガンロンパ」というアニメがネタ元らしい。私、ガンダム1作目の再放送以降、アニメをまともに見たことがないので、何のこっちゃさっぱり分からんが、どうも高校が舞台の学園ものアニメのようだ。学園ものアニメというと、まいっちんぐマチコ先生くらいしか思い浮かばんのだが。 
   
   
 
 
 
↑の中華アニヲタの社交場アニメ掲示板を見ると、



这个学校叫:希望之峰学院,因为里面都是精英中的精英,所以加上了这个称呼,代表不是一般高中生,是十分厉害的高中生

この希望ヶ峰学園という学校は、エリート中のエリートが集まっているから、こんな言い方をするんだよ、平凡な高校生じゃなくて、超スゲー高校生ってことさ



主角作为一个被称为或者自称普通人,然后有幸进入了这个超高校级学校,因此就成了超高校级幸运者(差不多的样子)

主人公は平凡な少年なのに、運良くこの超高校級学校に入ったから、超高校級のラッキーボーイってことだよ(まあ、そんなとこだろ)



所谓希望之峰学院,就是精英聚集的地方,能进去的学生也是精英级的超高校级,可以理解为超越一般学校的精英级别

希望ヶ峰学園ってのはエリート校だから、入学できた奴は超高校級のエリートってこと、そのへんの学校のエリートなんかとは違うんだよ



ってな感じの書き込みが並んでいた。う~ん、当たらずといえども遠からずかな。


超高校級という言葉は、ドカベンやキャプテン翼なんかの学園ものスポ根アニメでよく出てきそうだが、高校の部活動でバケモノみたいな活躍をする選手、野球なら未成年なのにパチ屋に入り浸ってタバコ吸いまくってたダルビッシュ、サッカーならガラの悪いクラブに入って人相が悪くなってきた大迫半端ないなんかに使うんだろうね。

中国の場合、日本語の高校を意味するのが高中(高級中学)だし、運動神経の良い奴は国威発揚の道具としてドーピングの実験台にされて一般社会から隔離し、党と国家が脳筋ロボットとして育成するため、学校でのクラブ活動文化はない。要するに、運動神経の鈍い奴は、スポーツをしても国の宣伝にならないから、スポーツなんかするなってことだな。そんな環境で育つ中国人が超高校級という言葉を理解するのは、日本人が想像する以上に難しいんだろうね。

 



728_1024




下校途中に寄り道をする雲南の超高校級高校生。女子の制服が、まるでひと昔前の事務員さんみたいで、気の毒なほどダサいんだが、日本のミニスカJKが見たら、超ウケる~!と言いながら悶絶するかもしれんな。








 
 

Alice Cooper - School's Out

 






From The Beginning(新しい古い町)

毎度おなじみ、中国人があこがれる世界遺産の町雲南省麗江古城。




395_1024

 


中国全土から押し寄せる観光客の怒号と、ぼったくり飲食店やぼったくりバーから響きわたる轟音や悪趣味な照明で、とても世界遺産とは思えないような悲惨な様相を呈している麗江古城だが、古城の南側には観光客もあまり寄り付かない。早朝だと人通りもまばらで、ご覧のように静かなたたずまいである。

 


396_1024

 


中国語で古城とは、オールドタウン、つまり古い町や旧市街を意味し、この辺りは、古城の名前にふさわしい街並みが残っている。ひと昔前は、麗江のような辺境の地にわざわざやって来るのは、外国人バックパッカーと少数民族の研究者くらいのものだった。新市街には外国人向けのカフェが何軒かあったが、古城の中は民宿と地元民向けの小汚い食堂が細々と営業していたくらいで、中国とは思えないほど静かで居心地の良い町だった。

古城のすぐ北には農貿市場と近郊行きのバスターミナル、安食堂などがあり、近隣の村から出てきた少数民族で賑わっていたものだ。しかし、時は流れて、古城北側の市場やバスターミナルは全部ぶっ壊され、新しい古城になってしまった。




491_1024

 


この辺りは全部、この10年ほどの間に新しく作った古い街並みなのだが、旧市街を人工的に新しく作ってしまうという発想には、とてもではないがついていけない。古城は古いから古城なのであって、新しい古城なんてのは悪い冗談としか思えない。観光開発としては、言わば禁じ手なのだが、それをやってしまうのが中国という国なんだろうねえ。

麗江からバスで3時間ほど北に行くと、中国に不法占拠されているチベットのギャルタン(中国名:旧「中甸」、現「香格里拉」)という町がある。 シャングリラ(笑)という、この上なく悪趣味な中国名を付けられてしまったが、ギャルタンは、麗江よりも更に悲惨な状況で、旧市街を全部ぶっ壊して、中国風の新しい古城を作ってしまった。当然のことながら、旧市街に住んでいたチベット人は追い出され、漢族が入り込んで土産物屋やカフェを作って、プチ麗江となり、漢族の観光客でごった返している。

信じられないことが起きてしまうのが中国という国ではあるが、上海のハリボテビルも、雲南の新しい旧市街も、安っぽい作り物という点では同じなんだろうね。笑うしかないな。ま、麗江もチベットのギャルタンも、新しい古い町を除けば、今でもいい所なんだけどね。










Emerson, Lake & Palmer - From The Beginning



Crazy Train(高原のローカル列車)

雲南省大理を出発し、省都の昆明へ向かうローカル列車。

 

767_1024

 

天文学的な数字の不良債権を抱えて崩壊寸前の不動産バブルで経済発展著しい沿岸部と違い、貧しい内陸部の雲南では、無料の埋葬サービス付き走る棺桶、パクリ新幹線高速鉄道は未だ開通しておらず、昔ながらの緑皮車がノロノロ走っている。

 

768_1024  

 

最近、昆明の長距離バスターミナルは駅前から郊外に移転してしまい、市内中心部に直接乗り入れる列車は便利なのだが、

 

769_1024

 

とにかく遅い。大理⇔昆明は、バスで5時間ほどだが、列車だと7時間以上かかる。ま、事故って死んで、ついでに勝手に埋められるよりマシだが。
 
 

雲南十八怪(雲南の18不思議)の第十三怪には、


云南第十三怪

汽车还比火车快:由于有众多的高山峡谷,所以云南境内的铁路坡度很大、弯道较多,使得火车的速度特慢,形成了火车没有汽车快的独特景观。

 
http://baike.baidu.com/view/2335.htm


列車より自動車の方が速い、ってのがあり、山岳地帯の雲南では、鉄道は輸送手段として不向きなのかもしれない。




765_1024



祥雲という小さな町の車窓風景。



766_1024



雲南北部の典型的な田舎町だが、何だかさえない風景だね。



786_1024



楚雄駅で停車。列車の絶対数が少ないローカル線なので、物売りがいないのが寂しい。



782_1024

 

雲南ではそこそこの規模の町なのだが、駅前の風景もパッとしない。バブルの恩恵は、地方にはなかなか波及しないようだ。



787_1024



あまり見かけない塗装の車輌だが、保線用だろうか? 鉄ちゃんの人が見ていたら教えてね。



795_1024



広通駅で降りていく人民。中国の鉄道は、聞いたこともない田舎の駅でも、必ず乗降客がいる。ほんと、どこにでも人が住んでいる国なんだね。



800_1024



名も知らない小さな通過駅。



802_1024



プラットホームに立って、通過する列車を見送る鉄道員。中国の鉄道では必ず見かける風景だね。




793_1024



乗り合わせた人民のみなさん。昔は、外国人を見かけると、情け容赦なく質問攻めにされ、あれ食えこれ食え攻撃にさらされ、それが楽しくもあった。しかし、最近は、みんな携帯に夢中で、列車に乗っても干渉されることはあまりない。気楽ではあるが、少々寂しくもあるな。

昼間の列車は、寝台車の下段を座席に転用するが(勝手に寝台を使うと、荒くれ者の服務員に罵倒されます。精神的にMの人は、実験してみる価値ありかも?)、見ての通り、狭いので、私は通路の補助椅子に座っていた。ちなみに、手前のメガネ女が座っているのが私の席である。一番奥の女の子は、まあまあ可愛いのに、人差し指を豪快に突っ込んで堂々と鼻クソをほじくっていた。中国鉄路と人民は、今日も通常運行である。



更新が滞りがちで、申し訳ありません。毎日死ぬほど暑いですね。私、食欲がなくて、体重が減ってきました。私は、標準体重が75kg弱なのですが、もうすぐ70kgを切りそうです。これ以上減ると抵抗力が落ちるし、見た目も貧相なので、無理に食ってます。90kgオーバーのデブ時代は、ダイエットに死ぬほど苦労したのに、何とも贅沢な悩みですが、適当な体重を維持するのも難しいですね。

まだまだ暑い日が続きそうなので、みなさんも、熱中症や夏バテに気をつけてくださいね。


 






Ozzy Osbourne - Crazy Train





 

何の役にも立たない麗江旅行情報

Hiroshi さんが雲南の麗江に行くかもしれないらしいのと、麗江関係の検索でこのブログにたどり着く方もいるので、中国人憧れの地、世界遺産麗江についての情報をまとめておきます。

 
 
  • 麗江は、標高2500メートルの高地なので、真夏でも最高気温は20℃そこそこで、涼しいです。晴れれば快適ですが、夏は雨季なので、雨が多いです。雨の古城は、なかなか風情がありますが、玉龍雪山はほとんど見えません。雨が降ると、夏でも肌寒いので、何か羽織るものがあった方がいいかもしれません。
  • 麗江の医者に聞きましたが、高山病で病院に来る人が結構いるみたいです。人によっては、高山病の症状が出る高度なので、一応の注意は必要かも。また、高地なので、晴れると紫外線が強烈です。とくに女性の方は、日焼け対策をお忘れなく。
  • 中国屈指の観光地なので、高級ホテルから安宿まで宿泊施設は無数にあります。高級ホテルは新市街、安宿は古城内にあることが多いです。古城の中心部(四方街のあたり)は、夜になると観光客で溢れて騒々しいので、古城に泊まる場合も、少し外れのほうがいいかも。個人的には、古城の南側にある忠義市場の近くがおすすめ。新市街は、どこでも似たり寄ったりですが、古城まで歩いて行ける距離の宿がいいでしょうね。
  • 麗江は、世界遺産に指定されるだけのことはあり、とてもきれいな町ですが、中国人の感覚で観光開発を推し進めてしまったため、ある意味で、とんでもないことになっています。「麗江 がっかり」で検索すると分かるでしょうが、過剰な期待はしない方が無難かも。
  • 古城の中心部で商売をしているのはほとんどが外地人で、飲食店はぼったくり価格の上に、まずいです。食事をするなら、新市街に出て、地元民で賑わっている店に入るのが無難でしょう。朝食や昼食なら、古城内の忠義市場(←クリック)に地元民向けの店や屋台が出ています。
  • 夏は松茸のシーズンで、忠義市場にはキノコ売りがたくさんいます(←クリック)。3年前で1斤10数元ほどでしたが、今はもう少し高いかも。キノコ料理のレストランもあるようですが、市場で買って、その辺の食堂に持ち込んで調理してもらうことも可能です。民宿に泊まる場合は、台所を貸してもらって、自分で料理することも可能です。
  • 観光地化されていない雲南の生活を垣間見たいなら、剣川や鶴慶など麗江周辺の小さな町に1泊してみるのもいいかも。観光ツアーに組み込まれているような村や集落は、結構すれてます。
  • ナシ族名物料理ってのもありますが、あんまりうまくないです。新市街で普通の中華や雲南料理を食べておけば、まあハズレはないかも。雲南料理は、基本的に激辛なので、辛いものが苦手な人は、注文の際、辛くするなと伝えておきましょう。
  • 雲南は、過橋米線という麺料理が有名ですが、麗江でも食べられます。過橋米線は、江氏兄弟の橋香園というチェーン店が無難です。個人的には、米線よりも、モチ米で作った饵丝という麺料理の方がコシがあって好みです。
  • 玉龍雪山などの郊外ツアーは、晴れていれば素晴らしい景色ですが、雨が降ると何も見えません。中国はどこでもそうですが、観光地は、バカ高い入場料を取られます。個人的には、古城の外れに泊まって、何もせずにビールを飲みながらまったり過ごすのが好きですが、こればかりは、旅に何を求めるかによりますね。
  • 麗江空港は、盆地にある小さな空港なので、遅延や欠航は日常茶飯事です。定刻通りに発着すればラッキーと思いましょう。空港から市街地までは、飛行機の発着に合わせてリムジンが出ています。空港から、市内までは、たしか40分くらいだったように記憶しています。
  • 鉄道好きの方には、大理⇔麗江の鉄道が、景色が良く、おすすめです。
  • 麗江を舞台にした「単騎、千里を走る」という張芸謀監督・高倉健主演の映画は、雲南の雰囲気を自然に伝えています。予習にどうぞ。
  • 郊外に出ると、謎の観葉植物が普通に自生しています。植物採集等に興味のある方は、自己責任でどーぞ。


バックパッカー向けのせこい情報なんかもありますが、セレブのHiroshi さんには関係なさそうなので、今日のところはやめておきます。

 


458_1024



麗江古城忠義市場にて





I Need Love (香港的成人映画商店)

http://hanyukezhan.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-cb62.html


以前にも、↑で紹介したことがあるが、香港の男人街にある裏ビデオ屋。



930_1024



ポルノが一応はご法度のはずの大陸でも裏ビデオは売られているが(そもそも、あの国は、政府も人民も、法律?何それ?おいしいの?状態の無法地帯なので、合法とか違法とかいう概念自体が無意味なんだが…)、屋台や道端、公安や城管の目につきにくい歩道橋の上なんかで、おっさんがひっそり売っていることが多い。普通の商店の隣で堂々と営業しているところが、いかにも香港なんだろうね。

裏DVDが1枚10香港ドル(約130円)で、諸物価高騰の折、今はもう少し高いのかもしれないが、安い。ただ、売られている裏ビデオの大部分が、日本のエロビデオの海賊盤だというのは、大陸と同じだな。聞くところによると、モザイクはないらしいので、日本のヤーさんあたりがモザイク処理前の原盤を流しているんだろうね。

しかし、ネット接続を政府が規制している大陸とは違って、香港では、エロ動画なんてネットで見放題なのに、 エロDVDを誰がわざわざお金を出して買うんだろ? 

ちなみに、店先に「성인영화상점」と書かれているハングルの意味は、「成人映画商店」である。そのまんまやんけ。少しはひねらんかい。








Deep Purple - I Need Love (2010 Kevin Shirley Remix)







Sometime World(古城の昼下がり)

いにしえの南詔国の古都、大理古城の北門。

 

245_1024

 

同じ古城の南門は、中国人観光客で溢れ、騒々しくて風情もへったくれもないんだが、北門付近は、なぜか観光客は寄り付かず、地元民が静かに暮らしている。

 

246_1024

 

重庆发艺(重慶髪芸)という看板のかかった散髪屋の店先で、丸椅子をテーブル代わりにして昼メシをむさぼり食うお昼ごはんをお食べになるお兄ちゃん、と思ったが、よく見たら鼻ピアスのおねいちゃんだった。

中国人は、なぜか軒先、店先、路上でメシを食うのが好きなのだが、お世辞にもお行儀がいいとは言えないよね。食べカスやゴミは、当然のごとく目の前の路上にポイ捨て。雲南のすぐ南のタイやラオスでも、こんな光景はあまり見かけないんだが、中国ではありふれた光景なので、誰も気にしない(少しは気にした方がいいような気もするが)。 



247_1024

 

バッタもんとパチもんとまがいもんしか売っていない雑貨屋。ワカモノは、新市街のチンケなショッピングモールに行くので、こんな店に来るのは、ジジババとガキだけ。サンダルやらホウキやバケツなどは、精度が悪いので、すぐに壊れます。

 

250_1024

 

農貿市場で見かけた田ウナギ。地元民とメシを食っても、ほとんど食卓に出てこない食材なんだが、このへんでも一応食うんだな。某江蘇省某無錫あたりとは違って、重金属汚染は大丈夫だとは思うが、あまり進んで食おうとは思わんな。

 

253_1024

 

飴細工や綿菓子の屋台。綿菓子の袋には、ネズミーマウスのイラストが描かれ、韩式果味棉花糖(韓国式フルーツ風味綿菓子)と書いてあるんだが、一体全体、どこの国の食い物やねん? 漢字や剣道だけでなく、綿菓子までウリナラ起源かいな?

 

254_1024

 

道端の手すりに勝手に干してある洗濯物。一応、観光都市なんだけど、街の美観なんて誰も気にしません。風で飛ばないように洗濯バサミで留めてあるんだが、こういうところだけはマメだな。

とまあ、人民の行動パターンは全国共通だけど、気候が良くて、のどかでいい所っすよ。

 







Wishbone Ash - Sometime World



A Nation Free(雲南流バナナのたたき売り)

バナナつながりということで、



659_1024



雲南ダック屋の隣で爆睡しながら雲南バナナを売る雲南おやじ。


これぞ文字通りの睡眠商法だが、もうかりまっか? 


何かと気ぜわしい中国だが、北京や上海から遠く離れた雲南バナナの産地では、今でもゆったりとした時間が流れている(悪人だらけの省都昆明は除く)。雲南のぬる~い空気って、中国よりは、やっぱり東南アジアに近い雰囲気だよねえ。







   
TNT - A Nation Free





Wheel in the Sky(中国的登山用品)

中国のとあるスーパーで見かけたお茶用のコップ。




624_1024



 
10.9元というビミョーな価格設定なんだが、10元なら10元、11元なら11元で何か不都合でもあるんだろうか?

私も、この手のコップをいくつか持っているが、フタの内側にあるパッキンが甘くて、お茶がこぼれるので、持ち運びには適さない(昔に比べればマシにはなったが、中国製品は、よろず精度が悪い。こういういい加減なところがやっぱり中国製なんだな)。バスの運ちゃんなんかが使っているのを時折目にするが、最近は、中国人も水や砂糖入りの激マズ烏龍茶のようなペットボトル飲料を好むので、 以前ほどは見かけなくなってきたような気がする。


と、珍しくも何ともない物だが、個人的に激しく心を揺さぶられたので、ついつい買ってしまった。それは、




631_1024


 

なぜかフタの上に方位磁石が装備されているからだ。しかも、なぜか鬼のキャラクターが。何でこんな物に方位磁石が付いているのか全く理解できないのだが、中国人に聞いてみると、


「ん? そりゃ、山登りでもする時に便利だからじゃないの?」


と気の抜けた返事が帰ってきた。山登りに使うなら、水筒も方位磁石も、もっとまともな物を使うはずだが、日中友好の大局的見地をかんがみ、余計なひと言は口にせず、黙っておいた。

中国では、何を考えてこんな物を作ったのか!? と責任者を呼んできて問い詰めたくなるヘンテコグッズを見かけることがある(ま、たぶん何も考えていないんだろうけど)。中国のそんな理解不能な部分に魅力を感じてしまう私は、やはり相当変わっているんだろうな。


で、このコップ、買ったはいいが、ほとんど使っていません。一体何のためにこんな物を買ったんだろうな、俺?






 


Journey-Wheel in the Sky

 



より以前の記事一覧