フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« Indian Summer(雲南でカレー) | トップページ | The Glass Prison(塀の中の味噌) »

Wild Frontier(追悼ゲイリー・ムーア)

アイルランド出身のギタリスト、ゲイリー・ムーアが滞在先のスペインで急逝したらしい。私の一番好きなギタリストであり、素晴らしいミュージシャンだった。たしか、1985年、87年、89年の合計3回、フェスティバルホールと厚生年金会館で来日公演を見ている。89年の来日は、故コージー・パウエルがドラムを叩く予定だったが、来日直前におなじみの喧嘩別れ。それでも、20年以上経った今でも心に残る感動的なライブだった。アンコールの最後は、ニール・カーターのキーボードとゲイリーのアコギだけをバックに歌った“Johnny Boy”。思い出すと、今でも泣きそうになるなあ。 

昨日は、ゲイリー急逝のニュースを知って、ショックでほとんど眠れなかった。人間って、ショックを受けると言葉が出てこなくなるんだな。  80年代のロックにどっぷり漬かっていた私にとって、ゲイリー・ムーアのギターは、まさに青春だった。ご冥福をお祈りします。

コージーと同じく、ゲイリーと喧嘩別れした、稀代の名ボーカリスト、グレン・ヒューズがこんな追悼の辞を述べている。 

 

 Please remember Gary Moore with love...Belfast and all Rock fans are mourning him...I shared some wonderful personal moments with him..GH

 

そういや、85年の来日公演には、グレンが一緒に来るはずだったよなあ。ゲイリーが死んだなんて、やっぱり、今でも信じられんな…。

  

« Indian Summer(雲南でカレー) | トップページ | The Glass Prison(塀の中の味噌) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

80年代はあまり詳しくないんですが、たしかELPのほのぼのレイクとバンドやってましたよね?

80年代の初めに、グレッグ“相撲部屋”レイクのソロ活動に参加していました。
ほのぼのレイクとは仲がいいみたいで、ライブアルバムには、ELPやクリムゾン
の曲も収録されていますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/38795506

この記事へのトラックバック一覧です: Wild Frontier(追悼ゲイリー・ムーア):

« Indian Summer(雲南でカレー) | トップページ | The Glass Prison(塀の中の味噌) »