フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

Old Friends(田舎の昼下がり)

アル海のほとりの小さな村にて。

 

Yunnan20080303_1024

 

白族のばあさん軍団。1箇所に集まってはいるが、みんな、てんでバラバラ。この国の人民は、若者も年寄りもマイペースだな。

雲南で写した数多くの写真の中でもお気に入りの1枚。

 

Let Sleeping Dogs Lie(寝る中国人)

中国人は、どこでもよく寝る。

 

077_1024

 

羅湖の大陸側ボーダーにて。

 

078_1024

 

人間不信の国で、そこら中悪い奴だらけなのに、こんな所でよく眠れるもんだ。

 

巨大なナスビと同化して爆睡する雲南のおかん。

 

248_1024

 

トウガラシ屋のおかんも爆睡。

 

249_1024

 

昼過ぎに農貿市場を歩くと市場のおかんは半数以上が爆睡している。昼メシ食った後は眠いよね、やっぱり。 

 

 

Midnight Special(中国的深夜営業)

大阪には深夜しか営業しないうなぎ屋や天ぷら屋があります。深夜に食べるとうまいんですが、間違いなく太ります。それに、次の朝胃もたれして気持ち悪くなるので、もう何年もごぶさたです。

 

さて、中国のとある町にも、深夜になると営業を開始する謎の店があります。

 

737_1024

 

深夜なのに、どこからともなくお客さんが集まってきます。

 

738_1024

 

服務員さん達は、暴虐の限りを尽くす小日本鬼子を正義の味方八路軍が成敗する洗脳ドラマをタレ流す洗脳テレビを見ながら、タバコ吸ったり、賭けトランプしたりしています。

 

739_1024

 

私は、大のタバコ嫌いなので、この類のお店はパスします(ホントです)。

 

740_1024

 

ついでに、謎のイナホコ屋さん。

 

741_1024

 

何じゃ、こりゃ?

 

私、以前、夜に働いていたことがありますが、きっちり体を壊しました。人間、夜は大人しく寝るのが自然の摂理に適っていると思いますです。

 

You've Got A Friend(隣人もいろいろ)

大震災発生後ほどなくして大陸から届いたメール。

 

收到你的回信,听说你很平安,你那里不受影响,我就放心了。世界是一个大家庭,一方有难,大家支援。无论以前发生过什么,一切都会过去的。对么?我们国人都希望世界和平,国泰民安。

(メールの返信をもらい、あなたが無事だと知って、安心しました。世界はひとつの大きな家庭、困っている人がいれば、みんなで助けます。過去にどんなことがあっても、全ては過ぎたこと。そうでしょ? 中国人は、世界平和と国と人々の平安を願っています。)

 

お見舞いの気持ちはありがたい。しかし、こんな時に、

 

>過去にどんなことがあっても、全ては過ぎたこと。そうでしょ?

 

いちいちこんなことを書く必要があるんか?

このメールの主は、ほんとうにいい人で、私との関係も良好だし、悪気がないのもよく分るんだが、偉大なる中国人様が小日本を見舞ってやるという中華思想がポロっと出てしまう。このあたりの感覚がいかにも中国人なんだろうな。メールの内容も、偉大なる中国共産党様ご推薦の教科書通り。江沢民の反日教育でこってり洗脳された世代だから、仕方ないんだろうけど。

 

一方、最近台湾から届いた日本語のメール。

 

今回の大地震は台湾にいながらも、被害に見舞われた方の思いを痛感します。同じく地震の多い台湾は、十二年前も多くの援助を日本からいただきました。私にとって日本は第二の故郷とも言えるでしょう。まだ兵役が終わっていないこの身は、できることと言えば、やはり寄付金を送るしかできないのではないかと、私を含める台湾人たちは、多少なり少しの力になっていただければ、感謝する気持ちで精一杯応援しております!

 

メールの主は、元留学生で、今は兵役中の男の子。上記の大陸人とほぼ同世代である。大陸からの便りと台湾からの便り。どちらが日本人の共感を得ることができるかについては、多言を要しないだろう。お見舞いの気持ちは共通するが、やはり、体制や教育の違いは大きいようだ。

ともあれ、世界から寄せられたお見舞いの気持ちには、ただ感謝するしかない。金額の多寡で人の善意を推し量ることはできないけれど、台湾から寄せられた多額の義援金には、日本人の1人として、驚きと感謝の気持ちで一杯である。 

 

Sweet Child O' Mine (エッグタルトあれこれ)

香港の地下鉄駅構内にあるケーキ屋さん、美心西餅(Maxim's Cake Shop)。

 

888_1024  

 

今どきの言い方をすれば、エキナカってやつか。見たところ、値段も手ごろで、帰宅途中のOLさんやサラリーマンでにぎわっていた。

 

その店でエッグタルトを購入。

 

866_1024  

 

たしか、1個5HK$くらいだったか。うまいことはうまいが、日本や大陸で食べたエッグタルトとそれほど違うわけではない。大理のパン屋では、1個1~2元くらいだったから、雲南と香港の物価の差を考えても、コストパフォーマンスはそんなに高くはないかな。

この店に限らず、香港のエキナカでは、オクトパスカード(香港の公共交通機関やコンビニで使える電子マネー)が使えるのが便利である。ちなみに、この店で買物をしたときは、香港人の店員さんが笑顔で、Thank you と言ってくれた。中国に返還されたとはいえ、サービスに関しては、店員が客とケンカをする魔大陸と大違いである。

 

こちらは、日本にあるアンドリューのエッグタルトという店。

 

003_1024


 

環状線の鶴橋駅のエキナカだが、本店はマカオにある澳門安徳魯餅店(Lord Stow's Bakery)という店らしい。 

 

002_1024

 


環状線に乗った際に、鶴橋で途中下車して、試しに買ってみた。エッグタルト1個210円。ずっしりとした味で、うまい。でも、210円は高いな。マカオだと、1個8パタカ(約84円)くらいらしいから、倍以上する。それに、1個がそんなに大きくないので、210円出して食べる価値があるかといわれると、ビミョーなところである。デフレといわれて久しいが、やっぱり、日本は物価高だな。

ちなみに、私、酒も好きだが、甘いものはもっと好きである。酒は飲まなくても全然平気で、ここ2~3週間ほど全く飲んでいないが、甘いものは、何だかんだと毎日食っている。あ、デブに戻るのは嫌だから、食べ過ぎないように気を付けているので、今のところ、標準体重マイナス1キロくらいをキープ中。





Guns N' Roses - Sweet Child O' Mine

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »