フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« Seven Years in Tibet(映画「セブン・イヤーズ・イン・チベット」) | トップページ | Don't Take Me For A Loser(中国国奥0-1阿曼) »

Get in the Ring(紳士淑女のたしなみ)

外国語を学び始めて、ひと通り基礎的な語彙や文法事項を押さえてしまうと、やはり気になるのがエロ関係の単語と罵り言葉である(っていうか、そんなのは、オレ様だけか?)。みなさんも、中学生の頃に、英和辞典で「sex」や「cunnilingus」なんかを調べて、(;´Д`)ハアハアしていませんでしたか? 私は、バカなので、勉強は全くせずに、そんな単語ばかり調べていました。

さて、一人っ子政策をしても人口が爆発的に増え続けるのが、世界屈指のスキモノ大国である中国様。当然ながら、中国語も、エロ関係の表現は豊富であるが、それ以上に豊かなのが中国語の罵り言葉である。日本語の代表的な罵り言葉といえば、アホやバカなのだろうが、中国語の罵り言葉には性的な表現を含んだものが多い。

たとえば、「傻屄(shǎbī)」である。直訳だと、「バカな女性器」だが、ひらたく言うと、「腐れマ☆コ」くらいになるのかな。中国名物ストリート口ゲンカでよく耳にする表現である。相手が男の場合にも使われないことはないが、主たる対象は、やはり女性である。しかも、中国の女性は、女同士のケンカで、この表現をよく使う。小さな女の子を連れた若いお母さんが、態度の悪い女店員相手にこの表現を大声で連呼している場面を見たときは、さすがの私も引いてしまった。いや、スゴイっす、中国的女子力(笑)。

もちろん、男子用の罵り言葉も星の数ほどあるのだが、私が知っている中で、比較的破壊力の高いものが、 「肏你妈(càonǐmā)」 である。「肏」とはあまりなじみのない漢字だが(なじみがあったら、それはそれで問題があるような気がするが…)、現代漢語詞典第5版によると、

 

【动】骂人用的下流话,指男子的性交动作。

(人を罵るのに使う下品な言葉、男子の性交動作を指す。)

 

とある。つまり、ふぁっく・ゆあ・まざあ、「ママとヤッてな」(それとも、「お前のママをヤッちまうぜ!」か? ま、どっちでもいいけど)である。日本語では考えにくい下品な表現だが、中国人はこんな表現を公共の場で堂々と使う。その典型例がこれ。

 

 

いい年をした大人が集団でコレだから、まったく困った人たちである。

罵り言葉も、知識として知っておくことは必要だが、よい子のみなさんは使わないようにしましょうね。私も、中国でケンカをすることはちょくちょくあるが、中国語で下品な言葉を使わないようには気を付けている。せいぜい、相手に分からないように、日本語で、今すぐ氏ねや、このチ☆カスが!って言うくらい。

  

« Seven Years in Tibet(映画「セブン・イヤーズ・イン・チベット」) | トップページ | Don't Take Me For A Loser(中国国奥0-1阿曼) »

中国語あれこれ」カテゴリの記事

コメント

For Unlawful Carnal Knowledge

とやっても田舎の中国人は意味がわからないので安心です。(笑)

最近は諦めの境地で、怒ることは少なくなりましたね。

中国人は、もっと下品な言葉を平気で使っているので、安心して
ください。中国人の、人の感情をピンポイントで逆撫でする技術
は、4000年の歴史に培われたものですから、あきらめる方が賢い
でしょうね。

おひさしぶりです。
なんとなく聞いたことは有りましたが、どんな文字でどれほどの威力の意味を持つのかわかりませんでした。
大変勉強になりました。
ってか、私の行動範囲では使う場面は訪れないと思われますが。

中国語の罵り言葉には、性的な表現で相手の家族を貶めるものが多い
のですが、日本だと「お前の母ちゃんデベソ」くらいですからね。
文化の違いってのは、なかなか面白いです。実は、もっと下品な
罵り言葉もあるので、いつか気が向いたら紹介しますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/40438981

この記事へのトラックバック一覧です: Get in the Ring(紳士淑女のたしなみ):

« Seven Years in Tibet(映画「セブン・イヤーズ・イン・チベット」) | トップページ | Don't Take Me For A Loser(中国国奥0-1阿曼) »