フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« Take Me Home, Country Roads(田舎の駅) | トップページ | No Bone Movies(悪党90周年記念映画) »

I'm In Love With My Car(謎のトラックバス)

麗江の新市街を歩いていたら、見慣れないクルマが近づいてきた。

 

426_1024

 

ベースは大型トラックなんだが、なぜか荷台の代わりにバスのような座席があり、クラッシャー・バンバンビガロみたいなおっさんが乗っている。ナンバープレートは確認しなかったけど(っていうか、この国、ナンバーのないクルマが普通に走っている)、軍用車でもなさそうだし、もちろん、観光バスでもなさそうだ。バスなのかトラックなのか、何のために使うのか、どうもよく分からん。

なお、横断中の地元民が立ち止まっているのは、右折のクルマが通り過ぎるのを待っているためである。弱肉強食社会のこの国では、歩行者よりクルマが優先されるのである。お年寄りだろうが、子どもだろうが没関係。強いものが勝つのである。ま、ある意味では、分かりやすいっちゃ、分かりやすいな。

ちなみに、トラックは、中国語で 卡车kǎchē というらしい。

http://www.chinatruck.org/

バスはよく使うが、トラックは普段あまり使わない単語なので、知らんかった(習った記憶があるような気もするが、ボケてしまって、すっかり忘れていたのかもしれない)。現代漢語詞典を見ると、この単語は、英語の car が語源らしい。ってことは、中国で自動車が使われだしたころは、クルマといえば、もっぱらトラックだったのかな?

さらに、毛沢山さんの好きなトラジは、拖拉机tuōlājī。外来語の音訳と漢語のチャンポンってところが、いかにも中国語らしい。中国語の、こういう柔軟というか、適当なところは、結構好きだな。
 

 

« Take Me Home, Country Roads(田舎の駅) | トップページ | No Bone Movies(悪党90周年記念映画) »

中国の旅2010」カテゴリの記事

中国語あれこれ」カテゴリの記事

麗江」カテゴリの記事

コメント

言葉の語源を知るとおもしろいですね。
南方は音訳が多いらしいですね。
机器猫では無くって、哆啦A梦 とか。 それとも台湾ですかね?
トラジの漢字を知って感動しました。(笑)

拖拉机tuōlājīは、てっきり、英語の tractor が語源かと思って
いましたが、现代汉语规范词典では、ロシア語の трактор
の音訳だと書いてあります。中ソ蜜月時代に伝わってきた言葉なんで
しょうか? 「トラジ」は、例の美人通訳嬢が出所なんでしょうが。

ドラえもんは、昔は机器猫でしたが、最近は哆啦A梦が多いですね。
漢語だと、どうしても硬くなるので、音訳の柔らかい語感が子ども
受けするのでしょうね。

トラジ君は一度運転してみたいと思っています。(笑)

トラジの運転レポを楽しみにしています。
中国製のエンジンは、どれもこれも燃焼効率が悪そうですが、トラジは
とくにひどそうですね。文革のころから全く進歩していないのでは?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/40553805

この記事へのトラックバック一覧です: I'm In Love With My Car(謎のトラックバス):

« Take Me Home, Country Roads(田舎の駅) | トップページ | No Bone Movies(悪党90周年記念映画) »