フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« Hot For Teacher(中国的女大学生の実態) | トップページ | YYZ(香港のコンビニにて) »

Travelling Riverside Blues(川の流れのように)

インドシナ半島の母なる大河、メコン川。

 

136_1024

 

日本もインドシナ半島の国々も水害で大きな被害を被ったが、自然の力の前には、人間なんて無力だな。

 

137_1024

 

チベット、中国、ビルマ、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムを通り、南シナ海に注ぐ。4000キロを超える流れのほとりに、一体どれくらいの人が住んでいるのだろう? スケールが大きすぎて、なかなか想像できないが、きっと、いろんな人生があるんだろうな。 

 

 

« Hot For Teacher(中国的女大学生の実態) | トップページ | YYZ(香港のコンビニにて) »

中国の旅2011」カテゴリの記事

景洪」カテゴリの記事

コメント

やはりトライアングルゾ-ンで活躍されているのですね。(笑)

メコン川遊覧船観光ツア-とかあると面白いんですが。


景色自体は何の変哲もない東南アジアの山村なので、観光船があっても、
誰も乗らないのでは? それより、中国とタイを結ぶ国際フェリーなんかが
あるらしいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/42581191

この記事へのトラックバック一覧です: Travelling Riverside Blues(川の流れのように):

« Hot For Teacher(中国的女大学生の実態) | トップページ | YYZ(香港のコンビニにて) »