フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« Captain Nemo(大理→景洪15時間バスの旅1) | トップページ | My Sharona(大理→景洪15時間バスの旅3) »

We're Not Gonna Take It(大理→景洪15時間バスの旅2)

大理→景洪は、距離にすると619キロらしいが、地方政府のお役人が愛人を囲ったり、できそこないのバカ息子をアメリカに留学させる費用を捻出するため材料費をポッケにナイナイして手抜き工事で建設する高速道路が開通していないので、行程の9割以上が山道で、延々カーブが続く。バスが大理を出てまもなく、乗客の中国人が、ゲロを吐き始めた。

中国は、平均的な所得や物価に比して、交通費が異常に高い。貧乏な農民はバスや列車に乗る機会があまりないので、たまにバスに乗ると、すぐに乗り物酔いをしてゲロゲロ吐いている。他人がゲロを吐くと、乗り物酔いが車内に伝播していくらしい。相乗効果でドレイ船兼走る棺おけの中は、さながらゲロのオーケストラ状態である。私は、女性には弱いが乗り物酔いには滅法強いので、気分が悪くなることはないが、狭い車内で吐いている人が続出するのは、あまり気持ちの良いものではない。もちろん、乗り物酔いに苦しんでいる人は気の毒だとは思うけどね。

 

そんな地獄絵図状態のバスも、トイレや食事のため数時間置きに休憩する。中国版サービスエリアっていうか、中国のど田舎だから、そんな洒落たものじゃないけどのトイレは、まあこんな感じ。

 

119_1024

 

トイレの中がどんな様子なのは推して知るべし。悪臭が充満する小屋の中は、電気もなく真っ暗で、排泄物が山のように堆積しているのだけはかろうじて確認できた。男の私には知る由もないが、女性は苦労するだろうな。

 

停車したバスの横では、うら若き女の子がウンコ座りで携帯をいじり、

 

120_1024  

 

南国らしく、木には巨大な果実がぶら下がっていた。

 

121_1024

 

日本ではあまり見かけないんだが、何だろうな、この果物? ジャックフルーツかな?

 

122_1024

 

乗客目当てのぼったくり食堂。

 

空港や高速道路の休憩所にある食堂もそうだけど、中国のこの類の食堂は、まずい上に平気でぼったくる。ちなみに、このぼったくり食堂も、運ちゃんだけは食事もタダで、タバコをもらったりしていた(私は、観光施設やブランド物ショッピング、グルメなどには全く興味がない代わりに、そんな余計なところばかり見ている。我ながら、始末の悪い奴だな)。運ちゃんの機嫌を損ねると、客を連れてきてもらえなくなるので、店もそうしないと生き残っていけないのだろう。日本でこんなことをすれば大問題だが、中国では没問題なのである。

 

写真を拡大してみたら、灰窑村(Huiyaocun)という字が見えるので、検索してみると、このあたりらしい。

 

大きな地図で見る

 

云南省普洱市景东彝族自治县锦屏镇灰窑村

バスの旅は、もう少し続きます。何とか年内には書き上げてしまいたいのだが…。 


 

 

 

Twisted Sister - Were Not Gona Take It

 

宮城の方からコメントをいただいたので、今日のタイトルは、ベガルタ仙台のサポーターが応援歌に使っているこの曲。日本では私のようなロック好きにしか知られていないが、何でこの曲なんだろうな?  

 

« Captain Nemo(大理→景洪15時間バスの旅1) | トップページ | My Sharona(大理→景洪15時間バスの旅3) »

中国の旅2011」カテゴリの記事

大理」カテゴリの記事

景洪」カテゴリの記事

コメント

高速道路のパ-キングでバスから降りたとたん吐いてる女性を良く見かけます。
要するに乗り物になれてないって事なんですな。
でも中国のバスは俺でも酔いそうですよ。
胃に悪い。

>運ちゃんだけは食事もタダで

成る程… 高速のサービスステイションで、お代わり無料で運転手が沢山食べているのを目撃しましたが、誰でも可というわけではなかったのかもしれませんね(汗) 上から3番目の写真の下の記載。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2453/trackback

>毛沢山さん

言われてみると、吐いているのは女性が多いような気がしますね。
中国のバスは、運転が乱暴なのもありますが、乗客が平気でタバコを
吸うし、うるさいし、居住環境最悪なので、気分が悪くなるための条件
は揃ってますな。この国の交通機関に何かを期待するのが土台無理なのかも。
 
 
 
>Hiroshiさん

運ちゃんのメシ代は、乗客が払うぼったくり料金に転嫁されるわけです。
実に中国らしい話ですが、袖の下文化が上から下まで浸透してるようです。
中国人自身は、それを当たり前だと思い込んでいるみたいですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/43544390

この記事へのトラックバック一覧です: We're Not Gonna Take It(大理→景洪15時間バスの旅2):

« Captain Nemo(大理→景洪15時間バスの旅1) | トップページ | My Sharona(大理→景洪15時間バスの旅3) »