フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

What is and What Should Never be(国境の人々)

中国ラオス国境のラオス側ボーダー。

 

306_1024

 

窓口に集まっているのは、ほぼ全員中国人である(リュックを背負った背の高い男は日本人。かなり風変わりな奴つか、ありていに言うと変な奴だった。ま、人様のことをとやかく言えた義理ではないが)。中国人は、やっぱり並ばない。彼らの遺伝子には、並ぶという情報はインプットされていないのだろう。ラオスの係官もやる気全くなし(その割には、ワイロだけはしっかり貰っていたみたいだったが)

 

307_1024

 

中央にいるのはバイタクのオヤジ。左端でたむろしているのは、闇両替屋のオバハンおねえさん。私は利用していないが、レートはそんなに悪くないらしい(相手がガイジンと見ると偽札つかませようとするのがデフォだが)

 

309_1024

 

ラオス⇔中国の国際バス。ラオスナンバーなので、ラオスが運行しているバスなんだろう。国際バスといっても、そこらへんの小汚いミニバスと変わりません(禁煙なのに運転手が率先してタバコ吸いまくりの車内では、人民がゴミやタンを撒き散らし、怒号が渦巻いていていた。サバトだな、こりゃ)

 

308_1024

 

この黄色いTシャツの男がブツの運び屋国際バスの運転手。中国語とラオ語がペラペラだったが、一体、何人やねんオマエ!?。年齢不詳。あっちの奴は、老けて見えるから、案外若いんだろうな。

 

310_1024_2

 

こっちは、ちょっと豪華な国際バス(外見は立派でも中味はドレイ船レヴェルなのが中国クオリティ)。昆明とラオスの世界遺産ルアンパバーンを結んでいるようだ。

 

311_1024

 

国境の町モーハン。人工的に作られた町で、エロ床屋以外は何もありまへん。中国とラオスの国境には、怪しげな人がたくさんいる。聞くところによると、最近の脱北者は、ラオスやビルマからタイに抜けて、韓国大使館に駆け込むのが流行らしい。

そんな所なので、国境の警備はなかなか物々しい。私も、中国に入国する際、初めて荷物を開けて検査された。あんな物とかこんな物を簡単に持ち込める雰囲気ではなかった(でも、お役人にワイロを渡したり、コネがあれば何とでもなるのが中国という国なんだが…)。 

 

さっさと更新しろカス凸!

とお怒りのみなさん、ごめんなさい。何だか、今ひとつ更新意欲が湧かなくて。

テンションが低いと、なかなか更新する気にならないのよね。 

 

 

 

Led Zeppelin- What is and What Should Never be 

 

Smoking in the Boys Room(雲南的水タバコおやじ)

地元民しか来ない、小さな小さな市場にて。

 

113_1024

 

水タバコを吸うおっさんと売り物の果物を食べながらおしゃべりに興じるおばはんお姉さん。地べたに無造作に並べられているのは、パイナップル、リュウガン、バナナ、モモなどなど。果物は日本と比べるとずっと安いが、品質はいまいち(バナナは雲南の方がうまいけど)。栽培にあまり手をかけないんだろうな。 

雲南では、水タバコを吸うおっさんをよく見かける。日本と同じで若年者の喫煙率は下がっているらしく、ワカモノが水タバコの巨大な筒を抱えている姿を見かけたことはない。ワカモノが携帯に夢中なのは日本と同じだが、中国、とくに内陸部のど田舎には、チャラ男やギャル男みたいなキモいのは、今のところ生息していないようだ。

中国人の女の子に聞くと、男が美容院に行って髪を染めたり、眉毛をいじくったりするのは、気持ち悪いらしい。私も同感だが、そんな考えは古いんだろうな。しかし、水タバコはおろか、普通のタバコも一度も吸ったことがない私には理解も想像もできないんだが、うまいのか? 

おっさんになっても、世の中まだまだ分からん事だらけだな。

 

 

 

Mötley Crüe - Smokin' in the Boys Room

 

We're an American Band(中国的李維斯501)

ますます発展し続ける中国の街角で見かけたリーバイス501のTシャツ。

 

119_1024

 

15元か、やたら安いな(パチもんだから、当然なんだけど…)

これまで何度となく書いてきたけど、中国人は、アメリカが大嫌いである。4000年の輝かしい歴史を誇る偉大なる中華民族にとって、200年そこらの新参者国家のくせに世界一の軍事力を誇り、誰もが認める中国固有の領土である台湾(そう思っているのは、世界で中国人と江の傭兵みたいな狂信的中国万歳土下座人間だけなんだけど…)の統一を妨害しやがるアメリカは、目障りで仕方がないだろうな。まさに目の上のタンコブ。

フィリピンから米軍が撤退するやいなや、南シナ海で好き放題やり始めて、スプラトリー諸島やパラセル諸島を我が物顔で占領し始めるんだから、何とも分かりやすい国ではあるな。もし、沖縄から米軍基地がなくなれば、尖閣諸島はおろか沖縄本島も速攻で中国様に「解放」されてしまうだろうが、友愛とか東アジア共同体とか理解不能なことを口にする基地外政治屋が総理大臣になってしまうんだから、まったく困ったものだ。

選挙の際は、よく考えて投票しましょう。間違っても、学会員に頼まれたからといって、「地獄に堕ちる」というセリフが大好きな人たちが集まっている、半島発祥のカルト宗教公明党に投票したり、2京%インチキの嘘つきマニフェストに騙されて反日基地外政党に投票してはいけません。ま、もちろん、どこに入れるかは、有権者の自由だけどね(オレ様は、カルト宗教や反日政党、「社民党」とかいう名前の朝鮮労働党には死んでも投票せんが)。

そんなことはどうでもいいんだが、アメリカ嫌いの中国人も、ネズミーやナイキ、NBAなんかのアメリカ文化は大好き。政治と文化は別ってところも、いかにも中国人らしい。その割には、野球やアメフトは全く普及しないが。で、昔々、でぶ専のモーホー映画評論家水野晴郎先生がCMをやっていたリーバイスって、中国語で李维斯(Liweisi)って書くんだな。この漢字にさして意味があるようには思えんので、純粋な音訳なのかな?

 

 

 

Grand Funk Railroad - We're an American Band

 

 

Animal(中国的ホームパーティー)

下町をぶらぶら歩いていると、民家から中国人のでっかい声が響いてくる。

 

それだけなら、 お前ら、ほんまにうるさいのう、少しは静かにしろやボケ!とほざきながら通り過ぎるところだが、何だかうまそうなにおいも漂ってきた。

 

少し気になったので、「家政婦は見た」の市原悦子のように柱の陰からのぞいてみると、

 

561_1024

 

昼間からトランプでバクチをして遊ぶ地元民とブタの丸焼き。

 

日本でも庭先や河原なんかで焼肉をする光景を目にするが、さすがにブタの丸焼きをしている光景は見たことがないな。豪快っつーか、たくましい人たちだ。この人たちの底なしのパワーは、一体どこから湧き出てくるんだろうな? 

 

 

 

Def Leppard  - Animal 

 

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »