フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« What is and What Should Never be(国境の人々) | トップページ | Shake Me(大理の街角で) »

April(語学の季節)

新年度に入り、中国語の勉強を始める人も多いでしょうが、明日から放送大学と日本国民からふんだくった視聴料を万物の発祥地韓国様や、韓国様の宗主国である偉大なる中国様にせっせと貢ぎ続ける、みなさまの犬HKNHKテレビの中国語が始まります。

 

放送大学は、  

第1学期:(火曜)22時15分~23時00分

〔再放送〕(金曜)25時30分~26時15分

 

NHKテレビは、

放送:火曜日 午後10:00~10:25

再放送:金曜日 午前6:00~6:25

 

ですが、まったくのゼロから始める人は、ラジオ講座の入門編(「まいにち中国語」)が最適かと思います。ラジオ講座を録音ないしダウンロードして、何度も繰り返し聴きこんで、音読を繰り返す。いろいろ疑問点は出てくるでしょうが、初めのうちは、あまり細かい事にこだわらず、とにかく勉強を続けること。めげずに勉強を続けていると、ある日突然中国語が口から溢れ出す(インチキ英会話教材の宣伝がよく使うフレーズだが、エクトプラズムじゃあるまいし、んな訳ねーだろーが! 楽して英語ペラペラになったら、誰も苦労せえへんっちゅうねん!)かもしれません。

がんばりましょう!

 

 

Deep Purple - April 

 

 

« What is and What Should Never be(国境の人々) | トップページ | Shake Me(大理の街角で) »

中国語あれこれ」カテゴリの記事

コメント

何とか継続中ですNHKの「まいにち中国語」インターネット版で。好きな時に聞けるのでラジオととかと違い便利です。

http://www.learning-network.jp/

でも自分の発音の確認が出来ない、、
兎に角発音が難しい。

これについては別の方法検討中。

中国人の発音も、地域や社会的地位によってかなり差があるので、
今のところはあまり神経質になることもないかと思います。
発音が少々怪しくても、声調が大体合っていてれば、何とか
通じてしまうのが中国語の楽しいところです。

がんばってください。

まわりには変な日本語喋るお姉ちゃんが多いので中国語覚えられません。
なおかつこいつらの変な日本語で私の日本語も怪しくなりつつ。(笑)

一度、メイドさんの服を着せて、

オカリナサマセ、ゴスズンサマ~

とでも言わせてみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/44731685

この記事へのトラックバック一覧です: April(語学の季節):

« What is and What Should Never be(国境の人々) | トップページ | Shake Me(大理の街角で) »