フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« Night Ranger(深夜発バンコク便) | トップページ | Big City Nights(ASEM開催記念!ビエンチャン探訪) »

Charisma(中国のカリスマ日本人)

何年か前に中国で捏造洗脳テレビを見ていたら、一緒にテレビを見ていた中国人に、



你看。你知道吗? 他是很有名的日本人。他说汉语说得很流利。


とか何とか言われたので、画面に注目すると 、そこには自称中国で一番有名な日本人加藤嘉一大先生のお姿があった。中国人が認めるくらいだから、先生の中国語は上手い(私ごときのアホが先生の漢語水平を評価するのは、全くおこがましいが…)。あれだけ流暢に中国語を操るとは、それはそれは血のにじむような努力をされたのだろう。

しかし、ダメだ。先生の爬虫類顔とおどおどした話し方が生理的に受け付けない。たしかに、中国語は上手いけど、話の内容がスカスカだし、何でこんな奴が有名なのかさっぱり分からん、というのが嘘偽らざる印象だった。

その後、先生は、中国だけではなく、日本のメディアでも取り上げられるようになり、何かの討論番組では、中国寄りのいい加減な発言を繰り返した挙句、保守派の論客の厳しい突っ込みを受けて、爬虫類顔が引きつって、目が泳いでいた。先生は、中国語は上手いが、中国でも日本でもいい子ちゃんぶって、まるでコウモリのような言論活動をなさっているので、議論は苦手なようだ。ま、先生のような天才とはいえ、20代の若者に多くを求めるのは、若干酷な気もするが。

で、その先生は、以前から指摘されていた経歴詐称疑惑を週刊文春でバラされ、期せずして一躍時の人となってしまった。


「中国で一番有名な日本人」加藤嘉一氏に経歴詐称疑惑

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1983




個人的な印象だが、先生は、中国でも日本でも、その場を取り繕うような発言を繰り返してこられた。こうなるのは時間の問題だったと思うが、日中間に存在した無理解という名のスキマに潜り込んで、若くしてそれなりの地位を確立したという点では先見の明と行動力があったのかもしれない。 はたして、古舘伊知郎のように舌先の隙間産業の担い手としてしぶとく生き残っていくのか、それともこのまま消えてしまうのか? 先生の動向にこっそり注目しておこう。

どうも先生には虚言癖がおありのようだから、このまま消えてしまう方に10バーツ賭けるが…。

でも、何か、先生の話を聞いていると、日本に対する愛情も、中国に対する思い入れも全然感じられないのよね。中国でも日本でも、先生のそんな薄っぺらさが反感を買っちゃうんだろうな。 中国様に尻尾を振るなら、尻尾がちぎれるくらい全力でやらんとね、私のように。






 

Kiss - Charisma



« Night Ranger(深夜発バンコク便) | トップページ | Big City Nights(ASEM開催記念!ビエンチャン探訪) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>>尻尾がちぎれるくらい全力でやらんとね、私のように。


やってないって。w

エロサイトの見過ぎか、最近流行りの遠隔操作ウイルスに感染して、
何者かが私の意に反する投稿を続けているようです。困ったものです。

「北京大学朝鮮半島研究センター」
この辺が彼の素性を現しているような。(笑)

強い方につくってのもあの民族性だしw。

犬HKやテロ朝で先生の凛々しいお姿をよく見かけましたが、
もう見られなくなると思うと寂しいですね。
「北京大学朝鮮半島研究センター」が実は存在しない
というのも、きっと日帝の陰謀でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/47698877

この記事へのトラックバック一覧です: Charisma(中国のカリスマ日本人):

« Night Ranger(深夜発バンコク便) | トップページ | Big City Nights(ASEM開催記念!ビエンチャン探訪) »