フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

I Need Love (香港的成人映画商店)

http://hanyukezhan.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-cb62.html


以前にも、↑で紹介したことがあるが、香港の男人街にある裏ビデオ屋。



930_1024



ポルノが一応はご法度のはずの大陸でも裏ビデオは売られているが(そもそも、あの国は、政府も人民も、法律?何それ?おいしいの?状態の無法地帯なので、合法とか違法とかいう概念自体が無意味なんだが…)、屋台や道端、公安や城管の目につきにくい歩道橋の上なんかで、おっさんがひっそり売っていることが多い。普通の商店の隣で堂々と営業しているところが、いかにも香港なんだろうね。

裏DVDが1枚10香港ドル(約130円)で、諸物価高騰の折、今はもう少し高いのかもしれないが、安い。ただ、売られている裏ビデオの大部分が、日本のエロビデオの海賊盤だというのは、大陸と同じだな。聞くところによると、モザイクはないらしいので、日本のヤーさんあたりがモザイク処理前の原盤を流しているんだろうね。

しかし、ネット接続を政府が規制している大陸とは違って、香港では、エロ動画なんてネットで見放題なのに、 エロDVDを誰がわざわざお金を出して買うんだろ? 

ちなみに、店先に「성인영화상점」と書かれているハングルの意味は、「成人映画商店」である。そのまんまやんけ。少しはひねらんかい。








Deep Purple - I Need Love (2010 Kevin Shirley Remix)







Diary of a Madman(中国的狂人日記)

アメリカの竜巻被害についての中国ネットユーザーの反応



手机用户[福建泉州]
应该把美国全灭了才好!


アメリカなんか全滅すればいいんだよ!


手机用户[浙江杭州]
中国人民发来贺电

中国人民は祝電をお送りします。


手机用户[湖南长沙]
在华尔街来个巨型风暴  世界就安静了

ウォール街にデカいのが来れば、世界は静かになるよ。


手机用户[重庆]
哎……今天怎么庆祝呢

おお、今日はどうやってお祝いしよう?


羀轩[辽宁本溪]
到处都是谩骂,无语

どいつもこいつも罵倒ばかりで、絶句する。


手机用户[广东广州]
死光了才好

みんな死んじまえよ。


感觉这龙卷风也太小了 在大上百倍到万倍就好了

この竜巻は小さすぎるね。百倍、いや一万倍でかけりゃ、もっといいんだけどな。


手机用户[甘肃兰州]
只要美国死人,全球就和谐与平安!

アメリカ人が死にさえすれば、全世界は平和になるさ。


手机用户[山西太原]
老天有眼啊!

神様は見る目があるね!


tby123456[山西太原]
哈哈哈,好消息,哈哈哈哈,开心,舒心,老天总还是张开眼了

ぎゃはは、いいニュースだ、ぎゃはは、サイコー、神様はちゃんと見ているんだよ。


杨帆3038013835[河北邢台]
逝者安息!!!

お亡くなりになった方、安らかに!!!


手机用户[四川成都]
四川人民衷心祝贺霉国畜生!希望听到更多的喜讯!

四川人民は、カビが生えた国(美国Meiguo = アメリカと同音。つまり、アメリカの蔑称)の畜生を心からお祝いします! もっといい知らせが聞きたいぜ!




http://comment5.news.sina.com.cn/comment/skin/default.html?channel=gj&newsid=1-1-27183245



こっちまで暗~い気持ちになるので、このへんでやめておこう。少数ながらまともな人もいる。俺もアメリカは嫌いだが、毎度のことながら、他人の不幸を喜んでいるあんたらの精神構造の方が心配だよ。










Ozzy Osbourne - Diary of a Madman



Daddy, Brother, Lover, Little Boy (ビルマ的若者)

ビルマの小さな町タチレクの雑貨屋風景。



209_1024



タイとの国境の町なので、タイ製品や中国製品が溢れて、物資は豊富なようだった。しかし、とにかく暑い。朝早くから速攻で30℃を超え、100メートルも歩くと汗が噴き出る。



205_1024

   

あまりにも暑いので、雑貨屋の冷蔵庫の中にあったビールに手が伸びる。



206_1024

 

一応ビルマに来た記念に、ビルマのナショナルブランドらしいミャンマービール(そのまんまやんけ)。35バーツだったので、当時のレートで100円弱か。中国はビールが安いが、タイもラオスも、ビールは他の物価の割には結構高いな。ただ、焼酎なんかのアルコール度数の高い蒸留酒は安いので、庶民は、口から火が出そうな度数の蒸留酒を飲んで、効率良く酔っ払っている。

 

211_1024

 

その雑貨屋のお兄ちゃんたち。ビールの缶に付いていたホコリを丁寧に拭いてくれたよ。アジアらしい不器用な優しさとでもいうのかな。

 

210_1024

 

ビルマのお兄ちゃん、その弐。日本人が珍しいのか、色々と質問攻めにされたが、どこかの独裁国家の人民とは違って、見ず知らずの外国人を捕まえて、


南京大虐殺を知ってるかオマエ!?

(知らんっちゅうねん、そんなおとぎ話!)




小日本! 釣魚島は中国固有の領土アルヨ! 

(寝言は寝て言え、共産党の奴隷め! っていうか、お前らこそ、さっさとチベットとウイグルから出て行け!)




なんて失礼なことは言いません(誤解のないように言っておくけど、あの国も、そんな奴ばかりじゃないよ。良い人もたくさんいる。何せ頭数が多いので、バカの数も世界一多いんだが…)。日本人を見かけると、援助に感謝され、日本製品を褒めてくれます。ま、それが普通の国だわな。


ほんの数時間滞在しただけのビルマだが、素朴で穏やかな人が多かったという印象がある。トゥクトゥクの運転手やポン引き、プッシャーなんかがしつこいのは、どこの国でも一緒だけどね。機会があれば、いつかゆっくり旅してみたい国ではある。









Mr. Big - Daddy, Brother, Lover, Little Boy (The Electric Drill Song)








Fire Your Guns (異国の鳥居)

東南アジアの母なる大河メコン川のほとりに開けたラオスの首都ビエンチャン。




大きな地図で見る




日本人にはあまりなじみのない町だが、ビエンチャン付近のメコン川はこんな感じである。




538_1024




対岸はタイのノンカイという町だが、この付近ではメコン川ものっぺりとした景色で、あまり面白くない。しかし、川を挟んですぐ外国と接する国境に首都があるってのも、すごい話だな。安全保障面を考えたら、国境から離れた町に遷都した方がいいんじゃないの? ま、ラオスの場合も、安全保障面で最大の脅威は、言うまでもなく中国だから、中国から離れたビエンチャンに首都を構えるのにもそれなりに合理的な理由があるんだろうけど。




553_1024



そのメコン川沿いの広場で見かけた鳥居。っていうか、これ、どこからどう見ても、日本の鳥居だよな。



http://www2.jica.go.jp/hotangle/asia/laos/001030.html


 
↑のサイトによると、日本への留学経験のあるラオス人が企画した「日本の夏祭り」というイベントのために建てられたらしい。異国で日本の文化が大切にされているのって、何ともありがたいよ。やっぱり、親日国家はいいよね。日本国政府からせしめた多額の奨学金を本国に送金しつつ、反日活動やスパイ活動に勤しむ某反日独裁国家のなんちゃって留学生に爪の垢でも煎じて飲ませたいわ。




554_1024




その鳥居のすぐ近くで見かけたATMの修理風景。警備を担当するのは、小銃を持った兵士。日本ではまず見かけない光景だが、中国でも、現金輸送車の警備員がショットガンを持ってるし、銃剣を持った兵士がお役所を警備しているし、外国では当たり前なんだろうね。

さて、最近は、日本でもようやく憲法改正に向けた議論が盛んになってきたが、前文に書いてある「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」の「平和を愛する諸国民」 って、この地球上の一体どこに存在するんだろうね? 少なくとも、日本国の周辺にはそんな平和な国は1つもないぞ。
 
 
朝鮮労働党社民党の党首朝鮮ミズポたんは、憲法を改正するとすぐにでも戦争が始まり、そもそも改正を論議すること自体が犯罪のような口ぶりで、いつもの妄言を垂れ流していたが、拉致被害者を見殺しにしやがったパチ屋の広告塔土井たか子といい、この朝鮮ババア9条おばさまといいい、頭の中に虫が湧いているとしか思えんな。

個人的には、今の憲法の前文やら9条はさっさと変えてしまった方がいいと思うけど、賛否はともかく、議論することは大事だよね。








AC/DC - Fire Your Guns (Live - Donington, August 1991)



 

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »