フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« Sometime Again(辺境の日本炒麺) | トップページ | Belfast City Blues(やめられない街歩き) »

Bridge To Heaven(大理古城遠景)

蒼山の中腹から眺めた大理古城と洱海。




Yunnan20080336_1024


 

やっぱり、ここが中国で一番好きな風景かもしれんな。空気はおいしいし、沢の水もそのまま飲めるし。


実際に洱海のほとりを歩くと、客引きのババアが「船に乗れ!」とか「葉っぱ買え!」とかしつこいし、地元民が捨てたゴミだらけだったり、謎の植物がたくさん生えていたり、淀みで藻が腐っていたりして臭かったりするんだが、遠くから眺めると余計な物も目に入らないしね。

初めて大理を訪れたときは、世の中にこんなええ所があるんか!と驚いたものだが、その印象は今でもあんまり変わらんね。 大理は、人もやさしいよ。ま、この国のことだから、ろくでもない奴も多いけど、それでも、沿岸部のきっつい連中に比べると可愛いものだ。






 


Uli Jon Roth - Bridge To Heaven


« Sometime Again(辺境の日本炒麺) | トップページ | Belfast City Blues(やめられない街歩き) »

中国の旅2008」カテゴリの記事

大理」カテゴリの記事

コメント

変わった植物採集家にはもってこいのすばらしいところですね。(笑)

あまり知られていませんが、裕福な沿岸部から若者たちが、雑草刈取り
ボランティアのため大挙して押し掛けています。ボランティアが終わ
ると達成感と充実感で高揚するのか、不純異性交遊に励んでいます。
中国の未来は明るいです。知らないのは親だけニダ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/52003269

この記事へのトラックバック一覧です: Bridge To Heaven(大理古城遠景):

« Sometime Again(辺境の日本炒麺) | トップページ | Belfast City Blues(やめられない街歩き) »