フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« River Song(メコン川沿い徘徊記) | トップページ | Sugar Blues(謎の寿司ドーナツ) »

The Great Debate(偉大的共産党万歳)

関西ローカルで日曜の午後に放送している「たかじんのそこまで言って委員会」という番組で、昨日、共産党を特集していた。日本の番組なので、ヤクザよりタチの悪い殺人集団中国の共産党ではなく、代々木にある日本の共産党の方ね。共産党から8人のパネリストが登場し、共産党がどんな党かを詳細に紹介した後で、時事問題について番組のレギュラーゲストと討論するという非常に興味深い内容だった。関西では人気番組なので、見た人も多いのではないだろうか。

実は私、地方選挙や国政選挙を問わず、選挙権を得てからは、そのほとんどの票を共産党に投じている。とはいえ、別に共産党を支持しているわけではない。政権与党に入れるのに抵抗があったのと、朝鮮労働党社民党(旧社会党)や半島発祥のカルト宗教がやっているキチガイ政党、その他の泡沫野党を除くと、選択肢が共産党くらいしか残らんのよね。

いつだったか、地方選挙の前に、当時の党首だった不破哲三が来阪し、演説会が開かれたので、私も見に行ったことがある。自分達だけが正しいという演説内容にも辟易したが、会場を埋め尽くした信者さん支持者のみなさんが、みんな判で押したようなキラキラした目をしていたのが不気味で仕方がなかった。それ以降も、共産党に投票することが多かったが、最近は、共産党のあまりにも現実無視の主張について行けず、共産党には投票していない。

さて、昨日の番組では、例によって教条主義丸出しの幼稚な主張を続ける共産党のパネリストに対して、なぜ共産党は国民の支持を得られないのかについて示唆に富んだ指摘がなされていた。でも、共産党の人は、自分達に都合の悪い主張には一切耳を貸さず、自分達の高邁な理論にこだわるばかりだった。まあ、良くも悪くもぶれない人達だな。ある意味では正しいことを言っている部分もあるのだが、自分以外皆馬鹿症候群を治さないと、共産党が幅広い支持を得られることはないだろうね。

共産党が100年近くの歴史を持つにもかかわらず、文句ばかり言ってる万年野党に甘んじているのには、それなりの理由があるような気がする。あの人たちって、人間に対する見方が一面的なのよね。人の世の中って、右か左か、白か黒か、善か悪かという単純な二分論では分類できず、ほとんどの人は、その中間をぶれながら生きてるんじゃないのかな?

東京では絶対に放送されない内容なので、興味のある人は、動画サイトで探してみることをおすすめします。




460_1024

 

雲南の山奥の村の共産党支部。 何やら新しい建物を作っているが、やっぱりレンガなのね。ここ、中国屈指の地震多発地帯なので、大地震が来ればイチコロだが、また作り直せばいいから中国的には没問題なんだろうな。

日本の共産党は、自分達は中国や旧ソ連の共産党のような強圧的な独裁政党とは違うと言いたいためか、やたらと「日本共産党!日本共産党!」と連呼し、日本を強調しているが、自分達がなぜ万年野党なのか、やっぱり全く分かっていないのだろう。中共との違いって、堂々と人殺しをするか否かくらいしか思いつかんのだが…。まあ、がんばっとくんなはれ。もう投票しないけど。






 
 

Dream Theater - The Great Debate 


« River Song(メコン川沿い徘徊記) | トップページ | Sugar Blues(謎の寿司ドーナツ) »

中国の旅2011」カテゴリの記事

大理」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は広島ですから、放送されていました。

共産党の人々は、ほんとうに狂信的に信じた理論が唯一正当であると考えていますね。別の見方をすると、この世を渡るには性悪説のように考える事を求められる場面が多々あります。

でも、この人たちは性善説を信じており、共産し富を平均に分割し、防衛は性悪説の根元だと思っている。ちょいと天然記念物として世界遺産に登録したいと思いました。

ちゃかした失礼な文面になりお許し下さい。

他の問題はともかく、最後の議題の歴史認識や慰安婦問題に関しては民主党よりひどい主張をしてましたね。
民主党の場合は朝●人から金貰っての反日活動でしたが、日本共産党の場合は金貰ってないであの認識だとすると、ただの馬鹿集団でしかないですな。

>のりたさん

共産党も、従来のコワモテ路線からソフト路線に転換しつつあるよう
ですから、シーラカンスのゆるキャラでも作って、党勢拡大を図れば
いいんじゃないですかね。政界の生きた化石として、ごく少数ながら
一定の支持は得られるでしょう。



>毛沢山さん

あの人達は、学校のお勉強はできそうですが、中国人や韓国人が
平気で嘘をついたり、人を騙したりするという世界の常識は教えて
もらってないのでしょうね。南京東路でぼったくりバーに連れ込ま
れて、ひどい目に遭うような能天気な人が揃っているのでしょう。
悪い人達ではないのでしょうが、中国語で言うと傻瓜なんでしょうね。
民主や社民のように、パチ屋とズブズブでない分、逆に救いようが
ないのかも。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/53525230

この記事へのトラックバック一覧です: The Great Debate(偉大的共産党万歳):

« River Song(メコン川沿い徘徊記) | トップページ | Sugar Blues(謎の寿司ドーナツ) »