フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« Seaside Rendezvous(海岸通りの屋台メシ) | トップページ | Jet City Woman(ラオスの首都ビエンチャン) »

High Enough(偉大なる中華民族の義侠心)

巷では、フィリピンの台風被害に対して我らが中国様が支出した義援金の少なさが話題になっているらしい。

 

アングル:台風支援金が少額な中国、フィリピンとの関係修復逃す

ロイター
11月13日(水)12時8分配信 アングル:台風支援金が少額な中国、フィリピンとの関係修復逃す 11月12日、フィリピン中部を襲った台風30号が甚大な被害をもたらしたことを受け、日米などが積極的に支援に乗り出す中、中国は比較的少額な義援金の提供にとどまった。写真は被災地の壁に書かれた助けを求める落書き(2013年 ロイター/Romeo Ranoco) [北京 12日 ロイター] -フィリピン中部を襲った台風30号が甚大な被害をもたらしたことを受け、米国や日本などが積極的に支援に乗り出す中、中国は比較的少額な義援金の提供にとどまり、東南アジア各国との友好関係を築くチャンスを逸したかもしれない。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131113-00000060-reut-cn


 

何でも、中国が支出した義援金は約10万ドルで、キム・ヨナが個人で出した義援金と同額だったとか。もうみんな忘れているだろうけど、2008年の四川大地震の際に、中国国内の外資系企業に対して義援金の額が少ないと難癖をつけ、アホな人民を扇動して合法的に恐喝を行っていたのはどこの国だっけ?

人が多くて国土が広いくせに(とはいえ、その広い国土の半分くらいは不法占拠地だけど…)、何ともせこい国やなあ。いや、もちろん、人の善意は金額の多寡で決まるわけではないけど、一応、世界第2の経済大国だし、何かにつけて面子、面子とほざいてるよね。いくら揉めていても、人が困っている時はちゃんと助けるものだよ。属国の韓国ですら500万ドル出してまっせ(ま、火病トンスル国家の場合は、最初は出すと言ってたくせに、後になって難癖をつけて出さない気もするけど、それでも宗主国の中国よりはマシかな)。

中国様のような器の小ささを、大阪弁で「びびんちょ」と言いますが、犬HK の朝ドラには出てこないと思うので、別に覚えておかなくてもいいです。

しっかし、ほんまびびんちょな国やで。







Damn Yankees - High Enough



« Seaside Rendezvous(海岸通りの屋台メシ) | トップページ | Jet City Woman(ラオスの首都ビエンチャン) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

四川省の地震の時でも自国民の寄付をピンハネしてましたからね。
政府援助も地方の役人が懐にいれたって話しですし。

アグ●スのインチキ募金みたいなもんでしょう。

共産党のお役人も下々の人民も、中国人は、義援金=詐欺だと
誰よりも良く知っているので、ケチと言われても平気なんでしょうね。
さすがはアグネスの祖国です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/53937619

この記事へのトラックバック一覧です: High Enough(偉大なる中華民族の義侠心):

« Seaside Rendezvous(海岸通りの屋台メシ) | トップページ | Jet City Woman(ラオスの首都ビエンチャン) »