フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« Estranged(南詔国の野外映画会) | トップページ | Parisienne Walkways(パリの散歩道) »

Tokyo Road(都知事選挙)

私は都民ではないので選挙権はないが、前任者があんな形で辞め、いつにも増して話題になっているようなので、主要4候補者について余計な一言をば。


宇都宮健児氏

この人、たぶん、「いい人」なんだろうね。ただ、弱者救済なら、政治家になるよりも他にいい方法がいくらでもありそうな気がする。政治家として非情な決断はできないタイプだと思うし、共産党はともかく、日本の敵朝鮮労働党社民党に支持されている時点で論外だろう。都民のみなさんも、革新都政には懲り懲りなんじゃないのかな。共産と社民の信者支持者以外に誰が投票するんだろう?


田母神俊雄氏

コワモテの軍国主義者のイメージが強いけど、案外ユーモアがあって、面白いおっさんである。航空自衛隊という巨大組織のトップだったことから、統率力もありそうだ。ただ、反日メディアが執拗にネガキャンを繰り返していることと、政党の支持を得られていないことから、コワモテイメージを払拭して当選するのは難しいか。


舛添要一氏

知名度は抜群だが、とにかく人望がなさそうだな。まあ、いくら嫌な奴でも、都民や国民のために都政を運営してくれればそれでいいのだろうけど、どうも偉大なる祖国あさっての方を向いてそうだな。自公が支持していることから、この人が最有力なんだろうけど、当選したら都のお役人に間違いなく嫌われそう。

 

細川護熙氏

5000万円の次は1億円って、悪い冗談としか思えんのだが…。総理大臣まで経験して、何で今さら都知事なのか全く理解できない。都知事になっても、すぐに辞めそうだし、陶芸に専念して静かに余生を過ごしていただきたい。ってゆーか、都知事選で反原発って、言ってることが又吉イエス先生と同レベルじゃないの? でも、中共のスパイ女や山本太郎を当選させてしまう土地柄だけに、嫌な予感がしないでもない。まあ、大阪も、横山ノックみたいなセクハラ大魔王を当選させた黒歴史があるんだけど、ノックと比べるとさすがに失礼かな。



もし私が都民なら、田母神に投票するかなあ。他の3人には絶対に投票する気がしないので、消極的な選択になるけど。ま、都民のみなさん、とにかく投票には行きましょうね。てなことを書いてたら、大阪でもまた市長選挙かいな。東京とは違った意味で注目を集めそうだな。

民主主義は非効率だし、面倒くさい制度だけど、政府を批判するだけで戦車に踏み潰される国よりは1億倍マシだよね。

 







 

Tokyo Road - Bon Jovi 




« Estranged(南詔国の野外映画会) | トップページ | Parisienne Walkways(パリの散歩道) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も同様な意見です。私は広島で部外者ですが、まちがっても宇都宮氏には投票しないです。弱者への配慮だけで、まともに税金を払っている都民に対しての都政が見えないです。偽物ですな。

他も似たり寄ったりです。富士の噴火・関東大地震が言われているので、都政をどうするのかがポイントでしょう。もう、遅いかもしれないけど遷都を福島・他に移動するとかの手だてを考えるべきでしょうね。そんな事を公約にしたら落ちてしまうのが痛いところです。

>のりたさん

宇都宮が知事になると、東京に大災害が起きても、憲法9条がどうのこうの
と言って、自衛隊の派遣を断って都民を見殺しにしそうな気がしますね。
韓直人と同じ臭いがします。

そう言えば、首都機能移転ってのも、最近は聞かなくなりましたね。
そう遠くない将来に首都直下型地震がほぼ確実に起きると言われているので、
都知事には危機管理能力とリーダーシップのある人がなって欲しいです。
熊本の殿様は、自分が真っ先に逃げそうですが。

私はドクタ-中松が最適だと思いますが。(笑)

>毛沢山さん

殿様よりは、ドクター中松先生や羽柴秀吉先生の方が適任だと思われます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/54828159

この記事へのトラックバック一覧です: Tokyo Road(都知事選挙):

« Estranged(南詔国の野外映画会) | トップページ | Parisienne Walkways(パリの散歩道) »