フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« Dealer(雲南の広東料理) | トップページ | Never Trust A Stranger(仏教国の朝) »

Photograph(春らしい画像)

広州在住の辣妹子に、最近撮った写真を送ってこい、と命令したら、ちょうど湖南省に里帰りしていたらしく、故郷の写真と自画像を何枚か送ってきた。
 


Psbcaoz2qc2  



 

メールには、我可爱的家乡‏(愛しい故郷)なんて書いてあったから、スモッグに霞んで、人もきつい広州より田舎の方がいいんだろうね。以前、ちょうど今くらいの季節に、上海から昆明まで2泊3日の長距離列車で移動したことがあるけど、たしかに湖南省あたりは菜の花がきれいだったな。 近寄ると、ゴミだらけで興醒めするんだが。

知り合った頃は、まだまだあどけないお子ちゃまだったけど、最近の写真を見る限り、しっかり大人の女性になっているようだ。大都会の広州で有象無象に揉まれ続けて、若干人間不信気味ながら、人柄の良さは変わっていないようで一安心。なぜかヒョウ柄のワンピースを着ている写真もあるんだが、ヒョウ柄が流行ってんのか? 

ヒョウ柄といえば、テレビの影響で、どうも大阪のおばはんの代名詞になっているようだが、実際に大阪の街を歩いても、あんまり見かけないよ。浪速っ子の私には、大阪のおばはんといえば、テロ朝の反日ステーションによく出てくる仏頂面の紫頭のクソババアみたいな極彩色の髪の毛や、「さすべえ」を装着したチャリで狭い道を並走し、スーパーで買わない商品をいじくりまわし、キャンセル品をその辺に放置するイメージなんだが、メディアが作り上げた大阪のおばはん像とは若干の違いがあるようで。



020_1024

 

週末の雨で大阪の桜も散り始めてしまった。


023_1024


でも、やっぱり、桜はいいよね。ぱっと咲いて、ぱっと散る、その潔さが日本人の感性に合っているのだろう。個人的には、桜の名所で咲き乱れる桜より、下町の神社や小学校でひっそりと咲いている、生活に密着した桜の方が好きかな。


ヒョウ柄ギャルの写真は諸般の事情により出せない代わりに、瑞穂の国に寄生するこのお方の拾い物画像でも。





Bker5txccaacqy



ううむ、何というか、この人、若い頃はちょっとした美人だったような記憶があるんだが、数十年間にわたって反日活動を繰り返していると、こんな悪代官フェイスになっちゃうのね。親分の土井たか子と一緒に、死ぬまでに数々の悪行を悔い改めて欲しいものだが、まあ無理だろうな。

人を見た目で判断してはいけませんとは言うものの、人間、ある程度の年齢になると、外面に人格がにじみ出てくるのは仕方ないんだろうね。








 
Def Leppard - Photograph


« Dealer(雲南の広東料理) | トップページ | Never Trust A Stranger(仏教国の朝) »

コメント

大阪のヒョウ柄の服を着たおばちゃんの出没の場所と時間帯があるのではないでしょうか? なかなか出会う確立の低い日本の天然記念物か、あるいは風俗的、世界記録遺産的なものではないでしょうか?(笑)

このおばかなおばはんは中国大陸で一ヶ月でも生活してみれば、どれだけ日本が良いか判ると思いますけどね。 このおばはんには、瑞穂なんて名前は、使ってほしくないです。

日本の外務省に大阪のおばちゃんを登用して中国と韓国の大使館へ送り込みましょう。(笑)

朝鮮ミズポは旦那がグリンピ-スじゃなかったでしたっけ?

>のりたさん

大阪のヒョウ柄おばはんは、みなさんの心の中に存在するんですよ。
朝鮮ミズポは、日本がどれだけいい国かを知り尽くした上で、反日活動を
しているのでしょう。確信犯ですね。始末が悪いです。土井たか子ともども、
いい死に方はしないでしょう。


>毛沢山さん

大阪のおばはんも、大陸の中華ババアと比べると、可愛いものですよ。
ダースベイダーとショッカーの戦闘員くらいの差があります。
ミズポは治療不可ですが、いまだに朝鮮労働党に投票するアホが
いるのが信じられませんわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/55673595

この記事へのトラックバック一覧です: Photograph(春らしい画像):

« Dealer(雲南の広東料理) | トップページ | Never Trust A Stranger(仏教国の朝) »