フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« Down on the Corner(雲南の一般ピーポー) | トップページ | The Enemy Inside(忍び寄る軍靴の音) »

Nightlife(めざせ!発信型の中国語)

NHK(日本反日協会)のラジオ第2で2013年4月~9月に放送していた中国語講座の入門編を半年遅れで聞き始め、全120課をようやく聞き終えた。


放送期間:2013年4月~9月
講師:三宅 登之
出演者:李軼倫 劉セイラ


長年NHKのラジオ講座を聞き続けてきたが、実践的な表現が多く、文法的な説明も的確で、非常に役に立つ内容だったと思う。スキットも、ワガママな中国人の女の子に日本人の頼りない男が振り回されるというストーリーで、「ああ、中国って、こんな女の子いるよねえ」って感じで、個人的にはとても楽しめた。

劉セイラちゃんは、声優だけあって、いい声してるんだな。中国人には珍しく、いい子オーラが出まくってるし、思わずツイッターをフォローしてしまったよ。中国の女の子なので、間違いなく気は強いだろうけど。

「水くさいから謝謝なんて使うな」とは、私もよく言われたよ。その度に、「親しい間柄でも礼を言うのは日本人の習慣だから、気にせんといて」と釈明したものだが、中国語を話しても、何でもかんでも中国流に合わせる必要もないし、日本の文化や習慣を伝えるささやかな機会という事にしておこう。

私が中国語の勉強を始めた頃は、今は亡き陳真先生のクソ真面目でお固い講座や上野恵司先生の催眠術のような講座で、とにかく地味としか言いようのない雰囲気だったが、時代が変わると中国語講座の趣も変わるもんだね。当時も相原先生や榎本先生の講座は親しみやすい雰囲気だったので、担当する講師によって若干の違いがあるんだろうね。

「めざせ!発信型の中国語」 は、今年の10月から再放送するらしいので、おすすめ。NHKの反日放送の資金源になるし、最近はぼったくり価格がひどいので、テキストがなくても困らないなら、テキストは無理に買わなくてもいいかも。

ついでに、応用編の「かっこいい中国語」も並行して聞いているんだが、こっちは、いまいち気が乗らない。呉志剛、容文育というお馴染みの顔ぶれなのだが、肝心の講師の日本語がかっこ悪いので話にならない。一応、最後まで聞くつもりだが、リピはないかな。中国語に限らず、外国語講座は、日本人講師とネイティブゲストの組み合わせが一番合っているような気がする。ネイティブ講師は、学習者の視点が希薄だから、学習効率は高くないのかもしれない。








Thin Lizzy - Nightlife


« Down on the Corner(雲南の一般ピーポー) | トップページ | The Enemy Inside(忍び寄る軍靴の音) »

中国語あれこれ」カテゴリの記事

コメント

私はオカマっぽい中国語を覚えて、相手をびびらせようと思ってますが、なかなか覚えられません。(笑)

>毛沢山さん

中国語は、日本語と違って、基本的に女言葉はありませんからねえ。
オカマちゃんには不便な言語かもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/56036055

この記事へのトラックバック一覧です: Nightlife(めざせ!発信型の中国語):

« Down on the Corner(雲南の一般ピーポー) | トップページ | The Enemy Inside(忍び寄る軍靴の音) »