フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« Scatterbrain(バンコク→アユタヤ45円鉄道の旅1) | トップページ | I Am A Rock(デジタル化の日々) »

Mystery Train(バンコク→アユタヤ45円鉄道の旅2)

ファランポーン駅を出た列車は、スラムが広がるバンコク市内の北側をのろのろ進んでいく。中国もそうだけど、途上国の鉄道沿いにはスラムが広がっていることが多いんだろうね。



369_1024

 

三等車のトイレはこんな感じ。

 

370_1024

 

設備は古いが、きちんと清掃はされており、十分許容範囲内である。

 

371_1024

 

水もきちんと出たよ。中国の硬座のトイレのように、およそこの世のものとは思えない惨状を呈しているのでもなければ、鬼のような女列車員が合鍵を使って個室の扉を無理やり開けようとすることもない。しかし、今考えると、列車員は鬼畜だし、乗客のマナーはサル以下だし、あの国の鉄道は人間の乗り物とは思えんな。

 

372_1024

 

昼間の車内は、それほど混んでおらず、南国特有のだらけた雰囲気である。おそらく、この車輌も日本の旧国鉄かJRのお下がりだと思うが、そのあたりの事情に詳しい方がおられたら教えていただきたい。

 

373_1024

 

バンコクからアユタヤは、約70キロほどの距離だが、こんな感じの平原が広がっている。熱帯の太陽がじりじりと照り付け、熱風が吹き込んでくる。



374_1024

 

車窓から時折大きな寺院が見えるのが、いかにも仏教国のタイらしい。タイは、途上国なので、日本と比べると環境保護は進んでいないが、それでも中国では見られない青空が広がっている。

 

375_1024

 

車内は蒸し風呂みたいな暑さだが、カーブがほとんど無いため乗り心地自体は悪くない。隣席のタイおばちゃんも、おしゃべりに疲れたのか、全力で爆睡中である。



376_1024

 

約2時間後に、列車は古都アユタヤに到着した。タイの列車には車内アナウンスがなく、中国の列車のように車掌が降車駅を教えてくれるわけでもないので、ボケっとしていると降り損ねるよ。



377_1024


 

バンコクも暑かったが、アユタヤはもっと暑い。

 

440_1024

 

タイ国鉄の駅は、どこも設備は古いが、きちんと手入れされていて、不便を感じることはなかった。観光客の多い国なので、英語はどこでも通じた。ほんとうは、カタコトでもいいから、タイ語を勉強して行くべきなんだろうけどね。










アユタヤ駅は、アユタヤの町の少し東にあり、市街地に出るには運河を渡る必要がある。



378_1024


 

悪臭漂うドブ川清流を渡る豪華フェリーは、たしか5バーツ(約15円)くらいだったかな。


379_1024



上海の黄浦江や蘇州河も汚いけど、この運河もいい勝負だったな。

 

380_1024



この運河は、チャオプラヤー川に合流し、バンコクまでつながる水運の大動脈のようで、結構大きな船も通っている。



381_1024

 

 

家族旅行の西洋人は、チャリでアユタヤの街を散策しているようだ。


船を降りると、アユタヤの中心部までは歩いて15分ほどである。バックパックを背負って歩くと、たちまち汗が噴き出るが、トゥクトゥクやタクシーを使うほどの距離でもないかな。市場の近くにいたゲストハウスの客引きに連れられて、安宿に荷物を下ろすと、バンコク→アユタヤ鉄道の旅は無事終了。


鉄ちゃん、とくに海外乗り鉄の方、少しは鉄分補給のお役に立ったかな?










Bon Jovi - Mystery Train

« Scatterbrain(バンコク→アユタヤ45円鉄道の旅1) | トップページ | I Am A Rock(デジタル化の日々) »

アユタヤ」カテゴリの記事

タイ南部の旅2013」カテゴリの記事

バンコク」カテゴリの記事

コメント

三等車のトイレを見て、意外に綺麗だと思いますね。
しかし、トイレは向きが判り難いですね。

日本での和式トイレは入り口に背を向けて行いますが、今では主流になっています洋式トイレは入り口を向くタイプになっていますね。私的には、外出時には他人の座った洋式トイレは使いにくいので和式トイレが好きですね。

中国は入り口を向くタイプが主になっていますが、なれないですね。

中国の高速鉄道のトイレは最初は綺麗でも民度の高い人民が使うと凄い事になってしまいます。
使ったあと水を流さないなんてのはあたり前。(笑)

しかしタイの田舎って欧米人が多いのは、やはり特殊な観葉植物が目当てなんでしょうか?

>のりたさん

中国の硬座は動物園ですが、タイの三等車は一応人間の乗り物です。
中国もタイも、和式(というか、しゃがんで使うタイプ)のトイレは、穴のある方に
おしりを向けるみたいです。タイのトイレは、小さなホースが付いていて、原始
的なウォシュレットみたいなのが多いですが、慣れると気持ちいいです。


>毛沢山さん

タイは、どんな田舎町でも必ず西洋人がいます。居心地がいいんでしょうね。
植物目当ての人は、ラオスか雲南に行くので、女目当ての人が多いような気
がします。とくに西洋人の男は、変態が多いですよ。どこかの反日国家なら、
間違いなく数十年後に謝罪と賠償を求められて、なぜか関係のない国に銅像が
立てられます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/56773284

この記事へのトラックバック一覧です: Mystery Train(バンコク→アユタヤ45円鉄道の旅2):

« Scatterbrain(バンコク→アユタヤ45円鉄道の旅1) | トップページ | I Am A Rock(デジタル化の日々) »