フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« Call of the Wild (雲南の食材) | トップページ | 『たかじんNOマネー 』崩壊寸前!?中国マネー »

That's the Way(海の国境)

旅するブロガー、コイワカメラさんのブログでビルマ(ミャンマー)についての記事があり、
   

http://blog.livedoor.jp/koiwa24/archives/51875880.html


私も、いつかは雲南からビルマに入国してみたいと思ってるんだが、外国人が正規のルートで抜けるのはまだ難しいようだ。

ビルマといえば、ジャングルや山岳地帯のイメージがあるが、実は、かなりの面積が海に面していて、海洋国家としての側面もある。



686pxmyanmar_in_its_regionsvg


たしか、金賢姫が爆破した大韓航空機が墜落したのは、ビルマ沖のアンダマン海じゃなかったかな?

そのビルマの南端は、マレー半島でタイと国境を接しており、タイ側にはラノーンという小さな港町がある。

ラノーンからビルマへのイミグレがこんな感じ。


125_1024


ラノーンの町中から、ソンテウ(乗り合いトラック)で10分ほどだったかな。


124_1024


アジアの国境は、どこも怪しい男がたむろしている。ここも例外ではない。


116_1024


しかし、アホみたいに暑いんだな。



117_1024


右手には入管の事務所があり、


119_1024


外国人も通過できるらしいが、この日は、ツーリストらしき姿を見かけることはなかった。私も、入管職員のおっさんに、「スタンプはあっちやで」と言われたが、国境を見に来ただけだったので、この日はビルマには入らなかった。以前、少しだけ入国したことはあるが、ビルマを再訪するなら、もっとゆっくり旅してみたいものでね。


114_1024



ビルマへの国境越えは、こんな小船を使うようだが、



113_1024



外国人は容赦なくボラれるらしい。どうせ乗らないんだし、冷やかしで値段交渉すれば良かったかな。中国ほどではないが、微笑みの国も、がめつい奴が結構多い。金銭に対する執着心が強いのは、途上国という事情もあるが、華人の影響も大きいんじゃないかな。ってのは、永遠に発展し続ける中国様に嫉妬する小日本の妄言でありんす。



122_1024


 
くっそ暑い中でビルマ行きの船を待つ地元のおばさんたち。国境の緊張感も高揚感もまるでなし。だらけモード全開である。この人たちにとって、国境越えは、ありふれた日常なんだろうね。ムスリムのおばさんもいるが、この暑いのにベール姿は大変だろうな。



115_1024



イミグレのすぐ隣には魚河岸があり、



121_1024_2



漁を終えた漁船が停泊していた。


ラノーンは、世界的な観光地プーケットのすぐ近くなんだが、ありふれた地方都市なので、世界中で騒音とゴミをまき散らす中国人観光客の姿は見かけなかった。華人はそれなりに住んでいるみたいだけどね。











Led Zeppelin - That's the Way

« Call of the Wild (雲南の食材) | トップページ | 『たかじんNOマネー 』崩壊寸前!?中国マネー »

タイ南部の旅2013」カテゴリの記事

ラノーン」カテゴリの記事

コメント

この辺にいる白人はみんな特殊な観葉植物や白いお花が咲く植物が好きな人達なんでしょうね。(笑)

しかしイミグレが農資市場にしか見えません。

>毛沢山さん

この町は、あまりにもど田舎なので、白人の姿は見かけませんでしたが、
プーケットあたりで腐臭を放っている白人様が、滞在期限が切れそうになると
ビザラン(一度出国して、滞在期限をリセットすること)のためにやってくるようです。
あの人たちの目的は、植物よりは女でしょうね。

このイミグレは、魚市場に隣接していて、魚臭かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/57699553

この記事へのトラックバック一覧です: That's the Way(海の国境):

« Call of the Wild (雲南の食材) | トップページ | 『たかじんNOマネー 』崩壊寸前!?中国マネー »