フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

Money (650億円の「無駄」)

少々堅苦しい話なので、興味のない人は、即座にエロ動画サイトにでも移動することを推奨します。定番は xvideos あたりだが、最近は、モザありや、既製のAVそのままの動画が多いので、イマイチなのよね。洋モノは、スポーツみたいで、全く興奮しないし。

さて、衆議院が解散され、もうすぐ総選挙だが、一部のメディアや野党は、「大義がない」、「650億円が無駄だ」と批判しているが、本当にそうだろうか?

第2次安倍政権発足以来、消費税や経済政策だけではなく、特定秘密保護法、集団的自衛権、TPPなど国論を二分するような重要な政治的課題について内閣として方針を示し、その度に、「独裁だ!」、「世論を無視するのか!」などと批判していたはずなのに、衆議院を解散し、総選挙で民意を問うとなると、今度は、解散自体にイチャモンをつけている。

反日活動家のみなさんが大好きな日本国憲法は、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義という3原則を柱にしており、解散と総選挙は、主権者である国民が政治的意見を表明する重要な機会である。憲法前文に「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動」とあり、15条1項は、「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」とし、43条は国会議員を「全国民を代表」すると規定するなど、憲法は、間接民主主義を原則としている。

中国や北朝鮮のような独裁国家では、まともな選挙などやらなくてもいいから、選挙に国費が使われることはない。独裁者が一方的に決めた政策を、武力で強制するだけなので、非常に効率的だし、コストもかからない。一方、日本のような民主主義国家では、主権者である国民が選挙で民意を表明し、国民の代表者である国会議員が国会での討論を通じて、立法や条約・予算の承認など国政の重要事項を決定することになっている。

つまり、中国のような独裁は、政治的決定が効率的で安上がりだが、日本のような民主主義国家では、選挙でいちいち民意を問う必要が有るため、どうしても非効率だし、コストもかかるのである。もちろん、選挙にかかる費用を可能な限り節減する必要はあるが、それにも限度がある。650億円は、日本国憲法が民主主義を採用するための「代償」である。それを無駄だと論難するのなら、憲法を改正して、国会など廃止し、中国のような独裁国家になれば良い。

衆議院の解散は、憲法が認めた制度であり、大嫌いな安倍内閣にNOを突きつける絶好の機会である。それなのに、何で「大義がない」なんて批判するんだろう? 頭の悪い私には理解できない。この点で、日本共産党は、解散や総選挙それ自体を批判せず、「安倍政権の暴走ストップ! 」を実現するための絶好の機会だとしている。この人たち、どうしようもない教条主義者の集まりで、政権与党になる可能性はゼロだけど、良くも悪くも筋が通っている。粛清されるのが嫌だから、投票はしないけど。

なぜ衆議院議員は任期が短く、解散があるのかについても、駄文を弄したい気がするが、面倒くさいので、興味のある人は、憲法学の教科書でも読まれるといい。この国の主権者は、偏向メディアや政治家ではなく、一人ひとりの国民なのだから、国民が選挙によって政治的な意見を表明するための費用を「無駄」だと切り捨てるのは、主権者である国民をバカにした話である。

普段、「あべしね」、「坊っちゃん」、「右傾化」と言ってるお花畑の人は、野党に投票して、自民を政権から引きずり降ろせばいい。やる気がある人は、自分が立候補すればいい。ただ、自分の意見と違っても、自由な討論と多数決で決められたことには従う。それが民主主義というものだろう。民主主義は、自分たちが決めた法やルールに従うことを前提としているので、ルールを守る奴はバカと考え、賄賂やコネがデフォで、遵法精神ゼロの中国では、民主主義は成り立たない。

個人的には、日本人拉致に加担してきた社民党のようなキチガイ政党には絶対に投票するべきではないと思うけど、発狂政党が堂々と活動し、そんな政党に投票することができる日本って、中国や北朝鮮とは違って、色んな意味でいい国だよね。

とにかく、投票しても何も変わらない、なんて考えずに、投票には必ず行きましょうね。








Money - Pink Floyd



South Bound Saurez(バスでお出かけする人民)

鬼城(ゴーストタウン)だらけのデタラメな不動産開発と天文学的な数字の不良債権で実は既に崩壊しているバブル経済で発展著しく、地下鉄などの交通インフラが整備されている沿岸部と違い、13億実は14億とも15億とも16億とも17億とも言われるが、諸般の事情により戸籍上は存在しないことになっている人民が多数存在するため、ほんとは20億超えてるんじゃないの? まあ、戸籍のない黑孩子なんて家畜以下の扱いだから、共産党的には没問題なんだろうけど人民の大多数は、地下鉄など無縁の生活を送っている。

雲南の省都である昆明も、それなりに大きな町なので、渋滞がひどく、最近地下鉄が開通したらしいが、田舎町の大理では、人民御用達の公共交通機関といえば、やはりバスである。


278_1024


空いているバスに乗り、のんびりと車窓の風景を眺めるのは、それなりに楽しい。


333_1024


新市街は、地元政府とデベロッパーと黒社会が結託し、人民を無理やり立ち退かせて絶賛区画整理中のため、バスも裏通りを走る。


332_1024  


この幅員で対面通行は、やっぱり無理があるようで。都市計画のいい加減さも、やっぱり中国人らしいな。


448_1024_2


地元のガキお子さまは、海賊版の携帯ゲーム機に夢中である。日本でもそうだが、外出時のガキに公共の場でゲームをさせるのって、教育上よろしくないんじゃないの? 親にしてみりゃ、ゲームをさせておきゃ大人しくしているから、助かるのは分かるけど、公共の場でのお行儀を教えるのが親や大人の役目だろうが。まあ、そんなことを言っている大人が、歩きスマホに自転車スマホ、果ては運転しながらスマホをいじるバカもいるので、ガキだけにマナーを求めるのは無理なんだろうけど。



198_1024


ドラム缶のような巨大なズンドウ鍋を持ち込むペー族のババアおばさま。そんなもんバスに持ち込むなよババア、リヤカーか大八車で運びやがれと思うが、爆発物や可燃物を持ち込むアホが多数いて、バスが巨大な棺桶になる事件がデフォの国なので、まだ可愛いものかな。



479_1024

 

市バスの中で日傘をさす地元民。 たしかに、西日はきつかったし、カーテンもないので、日光が直撃するとお肌によろしくないが、狭い車内で傘を広げるなっちゅうねん! 危ないやろが!

てなことを言っても、この人たちには馬耳東風だろうね。自分さえ良ければ全て良し。車内マナー? 何それ? おいしいの? 好吃吗? この人たちの行動も、日本の領海で貴重なサンゴを強奪する自己中な偽装漁民も、自己中という点では通底するものがあるな。

今日も明日もあさっても、自己中の人民を乗せ、偉大なる中華人民共和国の偉大なる公交車は、安定の通常運行なのである。



 
 







Led Zeppelin - South Bound Saurez

November Rain(秋刀魚的味道)

以前、雲南の奥地で無造作に売られている冷凍サンマを紹介したことがあるが、

http://hanyukezhan.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/slang-988a.html


日本でこの時期にサンマを食べると、ほんとうにうまい。




017_1024



サンマの季節もそろそろ終わりだが、今年はサンマが安いのか、近くの市場では1匹50円少しで売っている。たまには、刺し身や蒲焼きにでもしてみようかと思うが、面倒なので、いつも塩焼きにすだちを搾って食べている。脂がしたたり落ちる焼きたてのサンマを炊きたてのご飯にのせて、ハフハフ言いながら食べたら、ほんまうまいっすわ。新鮮な旬の食材が簡単に手に入る日本って、ほんといい国だよねえ。

中国にも、安全性はともかく、うまいものはあるけど、やっぱり日本人には和食が合うようで。









Guns N' Roses - November Rain

この時期になると聞きたくなるけど、やっぱりいい曲だねえ。この動画に付いているコメントは、スペイン語なので、何を書いているのかさっぱり分からんが。




Peacemaker Die(祝!孔子平和賞内定)

<中国>孔子平和賞にキューバのカストロ氏が内定

毎日新聞 11月4日(火)5時30分配信

 中国でノーベル平和賞に対抗して創設された「孔子平和賞」の今年の受賞者にキューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長が内定した。選考関係者が3日、明らかにした。理由は「積極的に科学者に対し反核宣伝を促すとともに、核戦争を回避するよう呼びかけた」などとしている。

 孔子平和賞は、中国で服役中の民主活動家、劉暁波氏に2010年のノーベル平和賞が授与されたことに対抗し、一部の大学教授らが主導して創設。11年にはロシアのプーチン首相(当時)が選ばれている。授賞式は12月9日に北京で行われる予定。【北京・工藤哲】



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141104-00000004-mai-int



今年は、日本国の元内閣総理大臣でありながら反日活動に勤しむキチガイ鳩か、自国の若者が多数溺れ死にしそうになっているのに、年甲斐もなく不純異性交遊に励んでいたホームベース顔の反日ババアあたりが受賞するかと予想していたが、スカトロ議長っすか。偉大なる中華人民共和国の偉大なる共産党のすることは、私のような下衆には理解できんわ。

しかし、「内定」ってなんだろうな? 普通は正式に受賞が決まるまでは、外部にお漏らししないんじゃないの?  内定取り消しで、やっぱりキチガイ鳩あたりが受賞するのも、それはそれでめでたい話ではあるが。

現段階で、スカトロ議長の受賞内定を報じているのは、日本の大手メディアでは変態新聞だけのようだ。殺人集団の中共と変態新聞、東アジアの嫌われ者同士で気が合うのだろう。







 
Extreme - Peacemaker Die

The Sun Goes Down(夕暮れにて)

水都大阪のシンボル淀川の水面を照らす夕日。



043_1024





晴れていれば、淀川の夕日も、もっときれいなんだけどね。私がガキの頃は、大阪の空もスモッグでかすみ、淀川の水も汚かった。最近は、大阪の空も青いし、清流には程遠いが、淀川もずいぶんきれいになった。ちょうどこの辺のワンドには、天然記念物のイタセンパラが住んでいる。もう少し下流の汽水域ではシジミが採れる。淀川のシジミは、べっこうシジミの名前で知られる高級食材で、私も、1年に1回くらいシジミを採ってきて、味噌汁にして食べている。うまいよ。

他の地方の人にとって、大阪といえば、キタやミナミのド派手なイメージがあるのだろうけど、地元民は、ああいう場所にはあまり近寄らない。こんな日常の何でもない風景も、また大阪なんですわ。

あ、ガイドブックに載っていない大阪の街を垣間見たい人には、十三、京橋、天六あたりの地元民御用達タウンがおすすめ。グリコのネオンもくいだおれの人形もないけど、大阪らしさ全開の街でっせ。









Thin Lizzy - The Sun Goes Down




« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »