フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« South Bound Saurez(バスでお出かけする人民) | トップページ | When the Smoke is Going Down(中国 室内の公共スペースで禁煙へ) »

Money (650億円の「無駄」)

少々堅苦しい話なので、興味のない人は、即座にエロ動画サイトにでも移動することを推奨します。定番は xvideos あたりだが、最近は、モザありや、既製のAVそのままの動画が多いので、イマイチなのよね。洋モノは、スポーツみたいで、全く興奮しないし。

さて、衆議院が解散され、もうすぐ総選挙だが、一部のメディアや野党は、「大義がない」、「650億円が無駄だ」と批判しているが、本当にそうだろうか?

第2次安倍政権発足以来、消費税や経済政策だけではなく、特定秘密保護法、集団的自衛権、TPPなど国論を二分するような重要な政治的課題について内閣として方針を示し、その度に、「独裁だ!」、「世論を無視するのか!」などと批判していたはずなのに、衆議院を解散し、総選挙で民意を問うとなると、今度は、解散自体にイチャモンをつけている。

反日活動家のみなさんが大好きな日本国憲法は、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義という3原則を柱にしており、解散と総選挙は、主権者である国民が政治的意見を表明する重要な機会である。憲法前文に「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動」とあり、15条1項は、「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」とし、43条は国会議員を「全国民を代表」すると規定するなど、憲法は、間接民主主義を原則としている。

中国や北朝鮮のような独裁国家では、まともな選挙などやらなくてもいいから、選挙に国費が使われることはない。独裁者が一方的に決めた政策を、武力で強制するだけなので、非常に効率的だし、コストもかからない。一方、日本のような民主主義国家では、主権者である国民が選挙で民意を表明し、国民の代表者である国会議員が国会での討論を通じて、立法や条約・予算の承認など国政の重要事項を決定することになっている。

つまり、中国のような独裁は、政治的決定が効率的で安上がりだが、日本のような民主主義国家では、選挙でいちいち民意を問う必要が有るため、どうしても非効率だし、コストもかかるのである。もちろん、選挙にかかる費用を可能な限り節減する必要はあるが、それにも限度がある。650億円は、日本国憲法が民主主義を採用するための「代償」である。それを無駄だと論難するのなら、憲法を改正して、国会など廃止し、中国のような独裁国家になれば良い。

衆議院の解散は、憲法が認めた制度であり、大嫌いな安倍内閣にNOを突きつける絶好の機会である。それなのに、何で「大義がない」なんて批判するんだろう? 頭の悪い私には理解できない。この点で、日本共産党は、解散や総選挙それ自体を批判せず、「安倍政権の暴走ストップ! 」を実現するための絶好の機会だとしている。この人たち、どうしようもない教条主義者の集まりで、政権与党になる可能性はゼロだけど、良くも悪くも筋が通っている。粛清されるのが嫌だから、投票はしないけど。

なぜ衆議院議員は任期が短く、解散があるのかについても、駄文を弄したい気がするが、面倒くさいので、興味のある人は、憲法学の教科書でも読まれるといい。この国の主権者は、偏向メディアや政治家ではなく、一人ひとりの国民なのだから、国民が選挙によって政治的な意見を表明するための費用を「無駄」だと切り捨てるのは、主権者である国民をバカにした話である。

普段、「あべしね」、「坊っちゃん」、「右傾化」と言ってるお花畑の人は、野党に投票して、自民を政権から引きずり降ろせばいい。やる気がある人は、自分が立候補すればいい。ただ、自分の意見と違っても、自由な討論と多数決で決められたことには従う。それが民主主義というものだろう。民主主義は、自分たちが決めた法やルールに従うことを前提としているので、ルールを守る奴はバカと考え、賄賂やコネがデフォで、遵法精神ゼロの中国では、民主主義は成り立たない。

個人的には、日本人拉致に加担してきた社民党のようなキチガイ政党には絶対に投票するべきではないと思うけど、発狂政党が堂々と活動し、そんな政党に投票することができる日本って、中国や北朝鮮とは違って、色んな意味でいい国だよね。

とにかく、投票しても何も変わらない、なんて考えずに、投票には必ず行きましょうね。








Money - Pink Floyd



« South Bound Saurez(バスでお出かけする人民) | トップページ | When the Smoke is Going Down(中国 室内の公共スペースで禁煙へ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

650億円は民主主義のコストと考えれば安いものです。何処かの国のように効率よく一党独裁というのは真っ平御免です。「この点に関しては」実に同感ですね(笑)

中国や北朝鮮よりも選挙で選んだ大統領が独裁政治してる韓国の方が異常ですね。
所詮特亜には民主主義は無理なんではないでしょうか?


> Hiroshiさん

他人のブログにわざわざ嫌味ったらしいコメントを残すのが趣味なんですか?
ちょっとしつこいですよ。


>毛沢山さん

特定秘密保護法や集団的自衛権で徴兵制だ戦争だ!と吠えている人たちも、
ホームベース顔の反日ババアの言論弾圧には何も言いませんね。
日本の独裁は悪い独裁、中韓朝の独裁は良い独裁なのでしょう。

私は安部氏には、ぜひとも、自民党の改革を静かに行ってほしいですね。
古い自民党の配慮外交の弊害にはへきへきとしています。対話の窓は開いていて平和的に言うことは言う外交で良いのではないでしょうか。
そして、構造改革により、既得権益にまみれた抵抗議員の力を弱くしてほしいですね。日本の再生を期待していますが、お体に気を付けて頑張ってほしいです。

>のりたさん

サンゴ泥棒や仏像泥棒に「配慮」したって、ろくなことはありませんね。
配慮外交と言うよりは、盗人に追い銭外交を続けてきたのが、
戦後日本の実態なのでしょう。これからは変わっていくべきですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/58111369

この記事へのトラックバック一覧です: Money (650億円の「無駄」):

« South Bound Saurez(バスでお出かけする人民) | トップページ | When the Smoke is Going Down(中国 室内の公共スペースで禁煙へ) »