フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« Woman Trouble Blues(ウドンタニーのバスターミナルにて) | トップページ | Ten Years Gone(明けましておめでとうございます) »

Freedom Fighter(日中表現の自由対決)

とある中国関係のブログを見ていたら、

 

中国は日本よりも表現の自由が保障されている(キリッ


とゆ~よ~な寝言事を真剣に書いている人がいて、その超弩級の破壊力に思わずのけぞってしまった。まあ、たしかに、



B5kdsxccyaa1w3u



こういうのを「表現の自由」と称するなら、中国や北朝鮮、トルクメニスタン、シリア、キューバなんかは世界をリードする先進国ということになるだろうね。ちなみに、この写真は、バカ発見器ツイッターで反中共系のサイトが流していたものだが、

「12月23日,江苏省无锡市,金格商业广场」

とのことである。 私、無錫は列車で何度も通り過ぎたものの、無錫の町には行ったことがないので、土地勘ゼロなんだが、地図を見ると町の中心部のようだ。白昼堂々町の中心で表現の自由を行使できる中国って、ほんと自由な国だよね。表現の自由後進国の日本は、中国を見習うべきだな。

その日本国での「表現の自由」の惨状は、以下の通りである。




10687186_980543331972448_5781863944



権力者を批判するのは大いに結構だが、やり方の上品さがとても日本人とは思えない。ご本人のオツムに問題があるのはさておき、こんな下品上品な行為を止める人が周囲にいないことの方が心配だね。


10388634_980543698639078_82214814_2

 

中央の美しい女性は、先の衆議院議員総選挙に日本共産党から立候補して見事当選した池内さおり大元帥様だが、太鼓の人とは無関係である。議席を大幅に増やして大躍進した日本共産党だが、中国も日本も、共産党と名の付く政党には「大躍進」という言葉が似合うよね。がんばれ共産党!加油!

しかし、まあ、人間、特定の思想に囚われると、やっていい事と悪い事との区別ができなくなるんだねえ。とほほ…。中には、「太鼓叩いて何があかんねん?」と思う人がいるかもしれないけど、そういう人は、早急に精神科を受診することを全力でオススメします。

共産党が「大躍進」し、次世代の党が惨敗して、左傾化が加速する日本国の年の瀬ですが、右の人も左の人もノンポリの人も、



メリークリスマス!


祝大家圣诞快乐!













Rainbow - Freedom Fighter


« Woman Trouble Blues(ウドンタニーのバスターミナルにて) | トップページ | Ten Years Gone(明けましておめでとうございます) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

金格商业广场s知りませんね。
武装警察がでてきてませんからまだましなのかも?

ところで日本共産党はいつ日本で革命を起こすんでしょうかね?
期待してますw。

>毛沢山さん

宮本顕治や不破哲三は、ものすごい豪邸住まいだそうですが、末端の党員は
疑問を感じないのでしょうかね? 規模の違いはありますが、中国も日本も、
共産党のやっていることはよく似ていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/58361798

この記事へのトラックバック一覧です: Freedom Fighter(日中表現の自由対決):

« Woman Trouble Blues(ウドンタニーのバスターミナルにて) | トップページ | Ten Years Gone(明けましておめでとうございます) »