フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« Money (650億円の「無駄」) | トップページ | 投票に行きましょう! »

When the Smoke is Going Down(中国 室内の公共スペースで禁煙へ)

某偉大なる中華人民共和国の某雲南省の某所のタバコ畑。



Yunnan_1024



すまん。↑は、ただのハッピーな雑草だった。画像を貼り間違えた。



134_1024



雲南は、米や茶だけでなく、云烟なんて言葉があるように、中国ではタバコの名産地として知られている。



133_1024

 


西双版納などの雲南南部では水田やバナナ畑をよく見かけたが、タバコはあまり見かけなかったような気がする。雲南北部ではバナナが消えて、その代わりにタバコ畑が目に入る。北部といっても、麗江より北のギャルタン(中国名「香格里拉(笑)」)まで行くと、標高が高すぎるのか、タバコ畑も見かけなくなる。そもそも、あの一帯は、チベット固有の領土で、中華人民共和国が勝手に不法占拠しているだけなんだが、日頃、「人権」だ「平和」だと吠え、日本国の「右傾化」を危惧する方々も、偉大なる中華人民共和国の暴挙にはなぜか寛容である。私のような下衆には、頭の良い方々の感覚は理解できない。

偉大なる中華人民共和国は、世界一の喫煙人口を誇るタバコ大国だが、その偉大なる中華人民共和国で、室内の公共スペースが全面的に禁煙になるらしい。




中国 室内の公共スペースで禁煙へ

12月10日 17時02分

世界で最も多い3億人を超す喫煙者がいる中国では、政府がレストランやオフィスなど室内のあらゆる公共スペースでたばこを吸うことを近く禁止する方針を打ち出し、市民からは賛同する声が上がる一方で、実効性を疑問視する声も出ています。



http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141210/k10013871831000.html




お笑い汚染ピック偉大なる北京五輪の際にも、北京市内の公共スペースが禁煙になったような記憶があるが、人民は、禁煙と書かれた貼り紙のすぐ下で悪びれることもなく、いかにも健康に悪そうな煙を吐き出していた。


偉大なる中華人民共和国が、一体何のために「禁煙条例」なるものを制定するのかが不明だが、こんな条例や法律を制定しても、遵法精神ゼロのあの人民が守る訳ないわな。人民を法やルールに従わせるには、実弾入りの銃口を突き付けるしかない。いや、突き付けるだけではダメで、見せしめに発砲しないと無理かな?

それに、中国のタバコ産業は、官民を巻き込んだ巨大な利権の巣窟になっているだろうから、偉大なる中国共産党が本気で取り締まることもないだろうな。タバコ業界からの賄賂が減ると、お役人が愛人を囲ったり、おベンツを買ったりできなくなって、死活問題だからね。まあ、この辺の事情は、程度の差こそあれ、我が日本国も似たようなものかな。













Scorpions - When The Smoke Is Going Down



« Money (650億円の「無駄」) | トップページ | 投票に行きましょう! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

未だに結婚式や宴会ではテ-ブルに「南京」とか「中華」なんてタバコが山積みになってて、タバコ投げ合う習慣があるのに、禁止はまったく無理でしょうな。
それよか、犬食うの禁止にしろ!(笑)

タバコを禁止するのは女性の健康志向からの盛り上がりが無い限りは無理かもね。
私の経験ですが、小さなオフィスで通訳がタバコを吸うし、
私はタバコが大嫌いで煙を避けたり手をひきりなしに振ったり、アイコンタクトをしても、相手には理解不能でした。
見かねた女社長が注意をしてタバコは止みましたが、ただ、冷房の入った部屋は、ニコチンいっぱいのタバコの煙の充満の中は、拷問状態でしたね。
中国の人は食事中(アルコール飲みあり)、後には吸うことが男のなんとかと思っている風情があり難しいと思います。

上海の蟹の美味しいお店ですが、夕方の六時でも、
もうたばこの匂いが充満していてへきへきとしましたね。

もしも、中国で禁煙を進めるなら、
タバコの中に爆竹を仕込んだタバコを数千本の内に何本か仕込めば良いのでは? 失礼しました。

>毛沢山さん

何度となく中国のタバコをおみやげに持って帰ったことがありますが、
とにかく不評でしたね。異口同音に「まずい」という感想が返ってきました。
タバコを一切吸わない私には、煙に味があるという感覚が理解不能ですが。



>のりたさん

中国人の男も、沿岸部の若年層なんかは喫煙率が下がっているような
気がしますが、田舎に行くと、ほぼ全員が喫煙者ですね。毎度毎度タバコを
断るのに苦労します。こんな規制をしても誰も従わないでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/58236960

この記事へのトラックバック一覧です: When the Smoke is Going Down(中国 室内の公共スペースで禁煙へ):

« Money (650億円の「無駄」) | トップページ | 投票に行きましょう! »