フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« Anyone's Daughter(誰かの娘) | トップページ | Two Steps Behind(地下鉄でGO!その弐) »

Midtown Tunnel Vision(地下鉄でGO! その壱)

その昔、初めて上海を訪れたときは、ベニテングダケの出来そこないみたいな東方明珠塔などなく、今や手抜き工事の高層ビルが林立する浦東地区は田んぼと畑が広がり、ロバ車がのんびりと歩いていた。今の上海しか知らない人にはとても信じられない光景だろう。当然のことながら、上海には地下鉄なんてものはなく、市内の移動はもっぱら満員のバスかぼったくりのタクシーだけだった。当時は上海の市バスも蛇腹のついた二両連結のバスで、日本ではまず見かけることがなかったトロリーバスも上海の街中を疾走していた。トロリーバス自体は今でも現役らしいけどね。

2017年現在、中国語で电车(電車)といえば无轨电车(トロリーバス)と有轨电车(日本語で言うところの電車)に大別されるようだが、当時はもっぱらトロリーバスを意味していた。それから30年近く経ち、上海には地下鉄が整備され、人民の足となっている。



Dscn0038

 
 
 
2017年3月現在、上海地下鉄の営業距離は617キロ、 367もの駅があり、世界一の規模で運行されているようだ。私が住む大阪の地下鉄は80年以上の歴史があるが、営業距離は約130キロ、駅数は100なので、上海地下鉄の規模がいかに大きなものかが分かるだろう。
 
タテマエだけは社会主義の中国では土地は国家のものだし、工事に反対する人民は強制的に排除すればいいだけなのに加えて、中国4000年伝統の手抜き工事でも没問題なので、とにかく仕事が早い。中国一の大都市上海に不可欠の交通インフラとなった地下鉄について駄文を弄しようと思ったが、焼酎を飲んで酔っ払っているので、続きはまたこんど。 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rainbow - Midtown Tunnel Vision
 
 
 
 

« Anyone's Daughter(誰かの娘) | トップページ | Two Steps Behind(地下鉄でGO!その弐) »

上海の旅2017」カテゴリの記事

コメント

上海は5年前位から4〜5回訪れていますが、空港以外分かりません。
4年前くらいまえ、国慶節と出張が重なった時に、いきなり百度地図で地下鉄を調べ、虹橋地区の安ホテルから簡単に豫園に行けました。
東京の地下鉄より断然分かりやすいですね。

そこでハニートラップに引っ掛かり、お茶飲んだだけで1,600元も巻き上げられた失態を思い出しちゃいましたよ。(爆)

東京の地下鉄はカオスですね。何回か行ったことがありますが、路線図を見て
いると頭痛がします。大阪の道路は基本的に碁盤の目なので、地下鉄も東西
南北に走っています。上海は人民広場を中心にして放射状に広がっているので、
単純ですし、よく考えられていると思いまずよ。

豫園、外灘、南京東路の詐欺師は、昔から上海名物です。賄賂もらってるから、
取り締まる気もないんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/70641254

この記事へのトラックバック一覧です: Midtown Tunnel Vision(地下鉄でGO! その壱):

« Anyone's Daughter(誰かの娘) | トップページ | Two Steps Behind(地下鉄でGO!その弐) »